<< せんせーとわたしの最強通常モンスター(その4) | main | せんせーとわたしの友達の淡色デッキ(その二) >>

スポンサーサイト

  • 2012.03.30 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


せんせーとわたしの友達の淡色デッキ(その一)

(『普通』は普通は使わない。何でもないということの、何でもなくなさの実例)『バニラ』
[さて。それでは例年通り、『お友達せんせー』の時間です]
なるほど。『わたし』が暴言キャラだから、きみは電波キャラになることに決めたのか。
[それでは、先の【青眼の白龍】デッキに関する浪漫溢れる話はどうでもいいのですが、それはそうと、前回の話に見逃せない点が一つあったので、今回はその点について正すことにしましょう]
台詞が回りくどいね。
[『せんせー』も『わたし』も知らなかったようですが、デッキコンセプトが『通常モンスターを特殊召喚して戦う』ことであるデッキは、なにも【青眼の白龍】に限りません]
おっと。実戦レベルに達さない【ブラック・マジシャン】や【真紅眼の黒竜】の話なら、そのデッキを使いこなせるのはきみだけだから、聞く気はないよ。
[読む気もなさそうですね]
もちろんさ。
[なぜだかは知りませんが『せんせー』がふてぶてしいキャラになっているので、話しかたを変えるとしましょう]
一向に構わないよ。
[せんせーっ! 実は、通常モンスターを特殊召喚して戦うデッキは一つではなかったのですよー!]
待った。それは禁じ手だよ。文字世界でそれをやってしまうと、それぞれを見分けるのが面倒になってしまうからね。
[おっと。それはどうかな?]
ぼくの真似をするのも駄目だ。《禁止令》を発動するよ。
「仕方ありませんね。では手早く話を進めますと、『せんせー』が『わたし』に言っていたように、通常モンスターは遊戯王内においてはとてつもなく見くびられた存在です]
それはそうだろうね。効果を持たないよりも、持つほうが戦術に幅が出る。どうしたって通常モンスターの立場が低く見られるのは仕方のないことだ。
[しかしだからと言って、たかが通常モンスター最強程度の《青眼の白龍》以外の通常モンスターがデッキに組み込まれないというのは、いくらなんでも早計に過ぎるでしょう。総計ではありません]
その早計と総計は、きみ固有の定型句になったのかな。
[しょせん《青眼の白龍》は通常モンスターとしてではなくドラゴン族として扱いやすかっただけに過ぎません。あれが魔法使い族や幻神獣族であったなら、ああまで使うことはできないでしょう]
そう言われてみると、それはそうだけどね。
[つまり、『せんせー』は《青眼の白龍》やドラゴン族のことを知っていただけであって、通常モンスターのことなどろくに知らなかったのです。その証拠に、《正統なる血統》以外のサポートカードを紹介できていませんでしたからね]
そんなことはないよ。《スキルドレイン》のこともきちんと言ったはずだ。
[よってわたしがここに言いますが、まず、通常モンスターのうちレベルが5以上のものは、《青眼の白龍》のようなサポートに恵まれすぎた例外のみを除き、他はすべてゴミです]
恐ろしいことを言うね。
[《ブラック・マジシャン》も、レベルが6であればまだ使い道はあるのですが、元々手札を消費しやすい魔法使い族であり、自身も活用されるとなればやはり手札浪費家になりますから、事実上使えないカードでしょう。相手が易しい易しい【真紅眼の黒竜】であれば、少しはいい泥仕合ができるのかもしれませんけれどね]
ただでさえ立場の怪しい通常モンスターを、徹底的に貶め始めたね。
[いえ。既に駄目であることが自明であるものを駄目だと言うのは自身を軽蔑するも同然の愚行ですから、わたしには貶めるつもりなど微塵もありません。ただ、事実としてレベルが高く出しづらいだけの上級モンスターに存在意義がないことを、このあとの流れに必要なため、ここでやむなく一度断っておいただけです。それでは本題に入りましょう]
どうぞ。……不思議と、きみの相手は疲れるね。
[それは誰に対する確認でしょうか。/《悪魔への貢物》というカードがあります。これをご存知……いえ、失礼。こういったカードがあるのですよ]
たしかに知らなかったけど、それよりも、そこの『/』はなにかな?
「読んだままの効果を与える一文字ですよ。何事も効率ということです]
意味がまったくわからないな。

[さて。『せんせー』とやらは『わたし』に言いました。昨今のデッキはすべて、一つの例外もなく、何らかのモンスターを特殊召喚し相手を攻撃する戦術を取るものであると]
堂々と誇張がされているね。そこまで断言した覚えはないな。
[覚えが悪いのですね。つまり、そのように――まあ、わたしは本当に現存する全デッキがモンスターの特殊召喚を軸にしているなどというおかしな考えを持ったりはしませんが、大多数のデッキがそういった戦法を取っているところはあながち『せんせー』の言う通りでなくもありませんね]
ややこしいキャラクターになってきたね。
[つまり、大抵のデッキでは切り札の出しかたが特殊召喚なのですから、そうやって出された切り札を墓地に送る効果と自分がモンスターを特殊召喚する効果を併せ持つ《悪魔への貢物》は、五段階評価で四を取れるくらいには優秀なカードでしょうということです]
なるほど。しかし、それは採点が厳しくないかな。
[五段階の五になるカードは、そのほとんどが禁止カードというだけなのですが]
ということは、むしろ甘いくらいの評価だったのか。
[とは言え、相手の切り札モンスターであればそのほとんどを退ける性能を持つ《悪魔への貢物》ですが、手札に特殊召喚するための下級通常モンスターを抱えていなければ発動はできません。これはエクストラデッキが空の状態で場のモンスターを対応するシンクロモンスターが存在するかのように墓地へ送ることができないのと同様に、いわゆる『できないとわかっていることはやるな』というルールによるものですね]
つまり、きみが上級通常モンスターを貶めたのは、下級通常モンスター主体のデッキの話をするためだったのかな。
[そういうことです。九割九分の上級通常モンスターは紙切れですが、下級に限れば、まだ通常モンスターも捨てたものではありません]
たしかに《悪魔への貢物》はとても強力なカードだね。こういうカードがあるなら、それだけで通常モンスターのデッキを組む意義もあるかもしれないな。
[ちなみに、その性質は当然個々により違いますが、端的に言うと《悪魔への貢物》以上に強力な通常モンスターサポートカードはありません]
いきなりか!
[モンスターをほとんど無条件に一体除去しつつ召喚権を踏み倒すなどという効果は、はっきり言えばふざけています。『通常モンスター』というくくりであるから目立たないだけで、このカードの異常さは際物揃いの遊戯王内においてもトップ百に入るほどかと]
そこはせめて、トップ十には入れてほしかったかな。
[《ファイバーポッド》、《いたずら好きな双子悪魔》、《押収》、《強欲な壺》、《天使の施し》、《混沌帝龍 −終焉の使者−》、《苦渋の選択》、《ラストバトル!》、《ダーク・ダイブ・ボンバー》、《強引な番兵》……とりあえず、順位は無視して十枚ほど要らない禁止カードを引っ張り出してみましたが]
わかった。トップ百に入るというのは、すごいことだね。
[まあ、そういうことですよ。ちなみに、『わたし』を相手にしていればそろそろ『せんせー』が『相手のモンスターを除去しつつ自分が特殊召喚したところで、しょせん効果を持たないモンスターだけのデッキではなにもできないはずだよ』と言うところでしょうから、先んじて手を打ちましょう。《ナチュラル・チューン》というカードを、きっと知らないでしょうね]
……おや。このカードは知っているけど、きみが話に出すとは思わなかったな。

[そうですか。その理由は察しが付きますが、そんな意見はさておいて、このカードが示すものは一つです]
つまり、シンクロ召喚を取り入れようというわけか。
[その通りです。少しだけご都合主義的に考えるのなら、《悪魔への貢物》から召喚権なしにモンスターを特殊召喚し、続いて手札からモンスターを通常召喚し、出てきたそれらはどちらも下級通常モンスターですから、そのどちらかを《ナチュラル・チューン》によってチューナー化すれば、シンクロ召喚の準備が調うというわけですよ]
なるほどと言いたいけど、そんなことをしてしまうと、手札を一気に四枚も使ってしまうね。
[減った手札ごときは《闇の量産工場》で回収するのが、凡人らしいやりかたではないでしょうか]

なるほど。少なくとも、通常モンスターでデッキを作れるくらいには、サポートカードもあるわけか。
[おや。まるで他人事のようですね。バニラは染まらず染まれず無害であり、ゆえに無敵と謳っていたのは一体どこの誰だったでしょうか]
そんなことを言った覚えはないな。
[そうでしょうね。しかしそれはともかく、純粋であり普通であること、警戒にも値しないことの持つ意味を、『せんせー』は知っていたはずなのですけれどね]
今回のきみは、どうやらこれまでと台詞回しが違っているね。
[いつも同じ台詞回しをする存在を、人は終わっていると称するものなのですが]
それはそうかもしれないけど、そろそろ言ってはいけない言葉というものを忘れてしまっているようだね。
[言ってはいけない言葉があると思っている者は、少なくとも言葉を操る人間の中にはいないでしょう]
ぼくが人間だったら傷ついていたところだよ。その手の言葉はほどほどにしてほしいな。
[傷つく言葉はほどほどにしてほしいという言葉をこそ、ほどほどにするべきなのですけれど]
それはそうだけど、とても話が逸れていないかな。
[そうですね。では次回は本気を出して、話に脱線の余地を与えず簡潔に事務的に話すこととしましょう]
いや、そこまでのものは求めていないよ。
[発言の責任は発言者にあるものですよ]
そう言われると、ぼくにはなにも言えないな。
JUGEMテーマ:遊戯王

スポンサーサイト

  • 2012.03.30 Friday
  • -
  • 12:03
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
PR
ピンポイントレッスン
遊戯王ZEXAL ピンポイントレッスン
遊戯王ARC-V ピンポイントレッスン
遊戯王OCG ピンポイントレッスン
リンク
遊戯王OCG公式
OCGカードデータベース
アクセスカウンタ
ブログパーツUL5
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM