<< せんせーとわたしの究極竜騎士(その三) | main | せんせーとわたしの最強通常モンスター(その2) >>

スポンサーサイト

  • 2012.03.30 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


せんせーとわたしの最強通常モンスター(その1)

(粉砕! 玉砕! 大喝采! うまく行くかは運次第!)『《青眼の白龍》であり、』
「せんせーっ! 不自然なことが起こったのですよー!」
どうしたのかな。
「何と、わたしのデッキが新たに生まれ変わることになったのですよー!」
それはたしかに不自然だね。きみのデッキは【究極竜騎士】に生まれ変わって間もないのに、いきなり組み替えてしまうとは。
「そーでしょー?」
まあ、ぼくたちには時間の概念がないから、実は究極竜騎士シリーズからすでに百年経っていると言われれば、反論の余地はないんだけどね。
「言われればと言われましてもー、わたしたちになにかを言う存在は存在しないのですよー」
それはそうだけど、それでもやはり不自然だよ。きみの性に合うパワーデッキは種類が少ないから、そうそう簡単に次のデッキに変えられるはずがないんだ。
「せんせー。種類が少ないというのは、そーでもないと思うのですけどー」
浪漫に溢れたパワーデッキのことを言っているなら、それは見当違いだよ。こうして話になる以上、きみの新デッキは実用に耐えるだけの何らかの仕組みを備えているに決まっている。
「そーなのですかー?」
……いや。過去には戦闘1ターンキルだけを目指したデッキの話もあったか。そうなると、今回もその手の実用不可能なデッキの話なのかな。
「ははー。しかしですねー、今回のわたしのデッキは、とても安定したデッキなのですよー」
おや。安定性は捨てたはずじゃなかったかな。
「たしかに、そーいう話もありましたねー」
強いモンスターに頼り切った戦術を選ぶと、デッキ方針を改め直したはずだったね。
「そんな話もありましたねー」
すると、今回の話はなにもかもが不自然ということになるのかな。
「そーですねー」
…………。
「せんせーっ。実は、これは過去の話だったのですよー!」
何と、無理に時系列の辻褄を合わせてくるとは。
「かつてわたしが使ったデッキの話なのですよー」
ぼくたちには時間の概念がないから、そこまで時系列に気を使う必要はないよ。
「ではですねー、わたしの新しいデッキなのですけどー」
いくらなんでも変わり身が早いよ。
「実はですねー、わたしは【青眼の白龍】デッキを作ることにしたのですよー」
……なるほど。そういうデッキか。
「どーしたのですかー?」
いや、構わないよ。話を続けよう。

「つまりですねー、《青眼の白龍》を特殊召喚して、相手を殴り倒そーというデッキなのですよー」
それはそうだろうね。今やデッキのほとんどはモンスターを特殊召喚して殴るためのものだし、名前が【青眼の白龍】となれば、なにを特殊召喚するかは言わなくてもわかることだね。
「しかし、特殊召喚するモンスターに通常モンスターを選ぶデッキは、きっと【青眼の白龍】くらいでしょーねー」
それもそうだね。何らかの意思が働いているのか、《青眼の白龍》が通常モンスター最強の座を今日に至るまで守り続けている以上、これ以外の通常モンスターを中心に据えたデッキがあるとは思えないな。
「攻撃力が、3000ですからねー」
たしかにその数値はそこそこ強いけど、しかし、ただの攻撃力程度は、カードの効果でいくらでも上回られてしまいそうだね。
「そーかもしれませんねー」
どころか、戦闘能力に長けたモンスターとは正面からやり合わず、効果で除去しようという動きも多いはずだ。ただの攻撃力では相手を攻撃できても、攻撃しかできないから、制圧までは果たせないだろうね。
「せんせー。制圧する必要はないのですよー。不意打ちでブルーアイズを出して相手を殴り倒せば、すぐに勝負の決着はつきますからねー」
その程度で決着がつくのは、ライフポイント4000のアニメルールだけだよ。
「2000のルールでも決着がつきそーですけどー」
それはそうだけど……いや、それよりもまず、最上級モンスターである《青眼の白龍》を不意打ちで出すのなら、何らかの工夫が必要だよ。
「せんせー。《青眼の白龍》の特殊召喚は《正義の味方 カイバーマン》に任せればいーのですよー」
論外だ。
「そ、そーですかー?」
攻撃力3000だけでは不安だと言ったばかりなのに、そこへさらなる不安要素を組み込むとは思わなかったな。

「しかしですねー。カイバーマンは自身をリリースすることで、手札のブルーアイズを出せるのですよー」
そうだね。しかし、ブルーアイズと言っても《青眼の白龍》しか出せないわけか。
「手札二枚で攻撃力3000が出るのですからー、十分に強いのですよー」
だけど、もしも手札にカイバーマンかブルーアイズのどちらかしかこなかったら、その時はどうするのかな。
「もう片方を待つのですよー」
相手は待ってくれないよ。
「そー言われましてもー」
実際に《青眼の白龍》がどこまでデッキの中心になっているのかはわからないけど、本当に中心に据えているなら、カイバーマンには頼らないほうがいいかな。
「そーなのですかー?」
ブルーアイズが手札にないと意味のないカイバーマン。カイバーマンがいないと出るに出られないブルーアイズ。この両者の関係は、一見良好なようでいて、並べて見れば共依存だ。どうしてもカイバーマンを使いたいとしても、せめて一枚くらいに枚数を抑えておくべきだよ。
「そーですかー? ブルーアイズは《伝説の白石》できちんと手札に呼べますからー、二枚が揃う確率は低くないのですよー」

……どうやら、今回のきみの判断能力は、かなり低く設定されているようだね。
「そのよーですねー」
それじゃあ、ここは言いかたを変えておこう。実はカイバーマン以上にブルーアイズと相性のいいカードがあるから、そちらを使ってみるのはどうかな。
「そんなカードがあるのですかー?」
そんなカードがあるんだよ。
「つまり、そのカードに比べればカイバーマンなんて無用の長物なのですねー?」
まあ、そういうことだね。
「たとえそのカードがなくても、カイバーマンは使わないほーがいーのですねー?」
まあ、そういうことだよ。
「それでは、せんせー。そのカードは何なのですかー?」
どうやら、ここからが本題の始まりみたいだね。
「変わったカード名ですねー」
次回へ続くという意味だよ。
JUGEMテーマ:遊戯王

スポンサーサイト

  • 2012.03.30 Friday
  • -
  • 11:39
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
PR
ピンポイントレッスン
遊戯王ZEXAL ピンポイントレッスン
遊戯王ARC-V ピンポイントレッスン
遊戯王OCG ピンポイントレッスン
リンク
遊戯王OCG公式
OCGカードデータベース
アクセスカウンタ
ブログパーツUL5
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM