<< せんせーとわたしの卑怯封殺 | main | せんせーとわたしの/テンカウント >>

スポンサーサイト

  • 2012.03.30 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


せんせーとわたしのテンカウント

(正々堂々後ろ向きな、逃げ切り遊戯王講座)《終焉のカウントダウン》
「せんせーっ。とりあえず疑問ですー」
 その、とりあえずというのは何なんだい。
「最近、『せんせーっ』から始めることに嫌気が差してきまして」
 定型文だからね。それで、疑問というのは何だい。
「せんせーって、卑怯なデッキが大好きな卑怯者ですよねー」
 それで、疑問というのは何だい。
「とにかくまともに戦わない、1ターンキルか特殊勝利の卑怯者ですよねー?」
 それで、疑問というのは何なんだい。
「けれど、せんせー。せんせーって、《終焉のカウントダウン》を使ったことがないのではー?」
 いや、あるよ。
「あれー? その割に、今まで話したことがありませんよねー?」
 そうだね。ぼくは、あのカードを使いたいとは思わないからね。
「なぜなのですかー?」

《終焉のカウントダウン》で勝利を狙うのは、かなり単調なデュエルになるからね。
「毎度毎度、同じことはしたくないと言うのですかー?」
 そうだよ。
「せんせーは嘘つきですねー」
 そんな馬鹿な。ぼくは嘘なんてつかないよ。
「でも、せんせーは極端な【凡骨エクゾディア】使いではないですかー」
 否定はしないよ。
「あのデッキは、毎度毎度、一枚の魔法を発動しなければ勝てないではないですかー」
 否定はできないね。
「その点は、【終焉のカウントダウン】とまったく同じではないですかー。どっちも単調ですよー」
 否定はできなくなったね。
「せんせー、エクゾディアを使うのに、どうして《終焉のカウントダウン》は使わないのですかー?」
 それを聞きたかったのか。そんなの、訊く間でもないと思うけどね。
「そーですかー? わたしとしては、カウントダウンのほうがまだマシですよー」
 じゃあ、ここでぼくから質問しよう。
「はいー? どうぞー」
 ぼくの作った【凡骨エクゾディア】は、最短で何ターンキルできるかな?
「エクゾディアが初手で揃う可能性がありますから、1ターン、いえ、0ターンですかー?」
 そんな奇跡は度外視しよう。コンセプトと違うから。
「では、3ターンですねー。先攻取って、例の魔法が手元にあって、発動して、魔法を破壊されなければですねー」
 自分の先攻1ターン目、相手の後攻1ターン目、そして二回目の自分ターンを合わせて、3ターンだね。
「でも、実際は5ターンや7ターン、あるいは11ターンだったりするのでしょー?」
 まあ、そうだよ。では次の質問。【終焉のカウントダウン】は、最短で何ターンキルできるかな?
「……そーいうことですかー」
 言う間でもなかったね。自分の先攻1ターン目で発動したとして、それでも20ターンだ。
「往復10ターン後の相手ターン終了時に勝利、ですよねー」
 相手のターンを10回凌げば勝利か。そう言うと、楽そうだよね。
「何となく分かりましたよー。せんせー、一度試したことがありますねー?」
 まあ、イレギュラーなデッキが好きだからね。試しにゲーム上でデッキを作ってみたんだよ。
「せんせーは、卑怯と書いてイレギュラーと読む人だったのですねー」
 しかし、そもそもの《終焉のカウントダウン》が手元に来なくて、殴り負けたりしたわけだ。
「せんせー。《封印の黄金櫃》は、入れましたー?」
 もちろんだよ。だから、実際はかなりの確率で手元に来るんだけどね。

「運に見放されたのですかー?」
 いや、違うよ。本当は、発動だけならできるんだ。問題はその次。
「20ターン、耐えられなかったのですかー?」
 手元に来るまでに、既に何ターンか時間がかかっているんだよ。実際は相手のターンを15回凌ぐ気でやらないと、勝てない。
「凌げなかったのですねー」
 デッキのほとんどが時間稼ぎと戦闘妨害のカードなんだけどね。それでも無理なときは無理だ。
「……せんせー。時間稼ぎと戦闘妨害って、どんなカードを入れているのですかー?」
 例を一つだけ挙げると、《バトルフェーダー》だね。これが優秀で重宝してたなあ。

「せんせーは分かってませんねー」
 うん? 《バトルフェーダー》のすごさを否定しようと言うのかい?
「せんせー、そもそも、なぜ直接攻撃をされているのですかー?」
 なぜって、壁モンスターが破壊されたりしたからね。
「せんせーが極端なデッキしか作れないのは、考えが狭いからですよー」
 何を言いたいんだい?
「せんせー。時間稼ぎや戦闘妨害で20ターン凌ごうなんて、甘ったるいですよー」
 まさか、ぼくのデッキ構築が甘いと言うのかい?
「あまあまですよー。イチゴのようにあまあまですよー」
 あれは甘い食べ物ではないよ。酸っぱい食べ物だ。
「せんせー。本当に20ターン生き延びるなら、時間は稼がずに潰すべきですよー」
 ……それは、妙な言いかたと言うか、言いかたの妙だけど。
「そして、戦闘は妨害せず不能にするべきですよー」
 忠告はありがとうなんだけど、今回はもう、三枚のカード名が出てしまったんだよ。
「……それが、どーかしましたかー?」
 よって、新たなカード名は出せないんだ。この話の数少ないセオリーだね。
「せんせー。セオリーは守るべきものではないですよー?」
 守らなければセオリーじゃないよ。
「つまり、話を二分割すればよかろうなのですよねー」
 それは、何か違うと思うな。
「せんせーがどう思おうと、わたしはやりますよー。えやっ! 
JUGEMテーマ:遊戯王

スポンサーサイト

  • 2012.03.30 Friday
  • -
  • 08:42
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
PR
ピンポイントレッスン
遊戯王ZEXAL ピンポイントレッスン
遊戯王ARC-V ピンポイントレッスン
遊戯王OCG ピンポイントレッスン
リンク
遊戯王OCG公式
OCGカードデータベース
アクセスカウンタ
ブログパーツUL5
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM