<< せんせーとわたしの友達の『巻き戻し』 | main | せんせーとわたしの超融合(その2) >>

スポンサーサイト

  • 2012.03.30 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


せんせーとわたしの超融合(その1)

(敵も味方も一緒くた。すべてを等しく黙らせる融合召喚のカード)『《超融合》と光属性』
「せんせーっ。今回も変な話ですねー」
いきなりだね。その言葉はできれば最後に言ってほしかったな。
「そーですかー? それでは、最後に言い直しますのでー、すぐに話を終わらせてくださいよー」
きみのキャラクターは、段々と話を嫌がる傾向にあるようだね。
「そーですねー。なぜでしょーかー?」
そんなことより、今回は《超融合》の話だよ。
「そんなことと言われましてもー」
さて。それじゃあ、まずは《超融合》の効果説明から入るけど、これは一度知れば忘れられない特徴を持ったカードだね。

「手札を一枚捨てるのが、効果のよーに見えて、実は発動コストなのですよねー」
そんな特徴の話をするつもりはないよ。
「すると、相手の場のモンスターを使って融合できる点を話すのですかー?」
その通り。《超融合》は、自分の場の表側・裏側モンスターと相手の場の表側モンスターの中から融合素材を選んで墓地に送り、あとは通常の《融合》同様に融合モンスターをエクストラデッキから特殊召喚するカードだ。
「すると、問題なのはやはり手札コストですねー」
まあ、それはそうだね。この《超融合》、もちろん自分の場だけで融合素材を選んでもいいけど、そうすると普通の《融合》より手札を消費するだけのカード、あるいは速攻魔法になった代わりに手札融合できなくなった《融合》みたいなカードになってしまう。
「つまり、ふつーは相手のモンスターだけで融合するのですねー?」
いや。普通は相手が都合よく融合素材を取り揃えてくれたりはしないから、ただ考えなしに《超融合》をデッキに入れても使えない。無理に入れたところで、このカードをほかのカードの手札コストにするくらいしか使い道がないだろうね。
「ははー。しかし、わたし、前に友達から五体のドラゴンを《超融合》で《F・G・D》の融合素材にされましたけどー」

それはきみが調子に乗りつつ、対戦相手がきみの友達という条件があったからだね。
「なるほどー。前半はわかりませんけど、後半の意味はわかりますよー」
調子に乗ったということがわかってなかったのかな。たしか、その時に注意したはずだけど。
「ところで、せんせー。そーなりますとー、《超融合》は『E・HERO』のサポートカードとして見たほーがいーのですかねー?」
おや。どうやら、きみも『E・HERO』のことくらいは説明なしに知っているようだね。
「それはそーですよー。とにかく種類の多いモンスターたちですからねー」
たしかに多いね。その通り、《超融合》を使うデッキは今のところ『E・HERO』を使うデッキに限られるかな。
「そーいうことなら、話はわかるのですよー。たとえば《E・HERO アナザー・ネオス》なんかを場に出しつつ、相手がそれ以上に強い光属性か『E・HERO』を出したところで、問答無用に《超融合》するのでしょー?」
その通りだけど、それは少し説明を省きすぎじゃないかな。
「そーですかねー?」

いや、むしろ説明を絞りすぎかもしれないな。今きみが言ったのは、つまり《E・HERO アナザー・ネオス》を餌に、相手の強力モンスター展開を誘いつつ《E・HERO The シャイニング》を出そうということだね。
「そーいうことですよー」
《E・HERO The シャイニング》の融合素材は、片方が『E・HERO』と名のついたモンスター、もう片方が光属性のモンスター。アナザー・ネオスがこの両方の条件を満たしている以上、相手が出したモンスターが『E・HERO』か光属性のどちらかでさえあれば、二体をまとめてシャイニングの融合素材にしてしまえるわけだね。
「相手の攻撃力もモンスター効果も、融合素材にしてしまえば大抵は黙らせられますからねー」
まあ、さすがに『融合素材とすることはできない』と書かれているモンスターは素材にできないけどね。
「そんなモンスターがいましたかねー?」
さて、《超融合》は発動コストと合わせて二枚分のカード消費をするわけだけど、実際のところ、相手の厄介なモンスターを除去しつつ自分のモンスターを強いモンスターに化けさせると考えれば、一枚程度の手札コストは安いものだ。いやいや、恐ろしいカードだよ。
「一番怖いのは、相手のカードに妨害されないことですけどー」
それが《超融合》の大きな特徴の二つ目だね。このカードの発動に対して、あらゆる『カードの発動』も『効果の発動』も行うことはできない。事実上、《超融合》が相手にカウンターされる事態はありえないということだ。
「抵抗できなければ、どんなモンスター効果があっても無意味ですからねー」
ということで、これが《超融合》の持っている絶対性なんだけど、今の説明だと、本当は説明として不十分な点があるね。
「どこにあるのでしょーかー?」
ここまで話した限りだと、まるで《超融合》と『E・HERO』で対応できるのが、光属性だけのように見えてしまうからね。
「そー言えば、そーですねー」
実際のところ、《超融合》の強さは絶対的と言うよりは相対的なものだ。肝心なのは、このカードで融合する場合、まず素材の一体は相手に頼ってしまうという点。つまり、相手が融合素材にできるモンスターを出してくれなければ使えない、というそれが、《超融合》の有用性を上にも下にも変動させる。
「つまり、『E・HERO』+『光属性』なんて風に、大雑把に素材を指定してくれる融合モンスターが少ないと、まるで使えないカードなのですよねー」
ということで、改めて《超融合》を見直してみるのなら、これは、とても強い。
「そーですねー」
なにせ、今回の話は七本立てで、その一つ一つが『E・HERO』と、ある種のモンスターを融合素材にしようという話だからね。
「今回は、それが《E・HERO The シャイニング》だったのですねー?」
最高に恵まれた資質を持つモンスター《E・HERO アナザー・ネオス》と合わせて話すには、このモンスターが一番適任だったからね。
「アナザー・ネオスについては、特になにも話さないのですかー?」
今回はあくまで《超融合》が要だから、それについてはまたいつか、と考えているよ。
「せんせーにしては、謙虚ですねー」
どうしてここで貶められるのかわからないけど、褒め言葉として受け取っておこう。
「今回も変な話でしたねー」
締めの言葉にはまだまだ早いよ。それじゃあ次へ行こう。
JUGEMテーマ:遊戯王

スポンサーサイト

  • 2012.03.30 Friday
  • -
  • 09:25
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
PR
ピンポイントレッスン
遊戯王ZEXAL ピンポイントレッスン
遊戯王ARC-V ピンポイントレッスン
遊戯王OCG ピンポイントレッスン
リンク
遊戯王OCG公式
OCGカードデータベース
アクセスカウンタ
ブログパーツUL5
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM