<< せんせーとわたしの『巻き戻し』 | main | せんせーとわたしの超融合(その1) >>

スポンサーサイト

  • 2012.03.30 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


せんせーとわたしの友達の『巻き戻し』

(攻撃対象の選び直し。どっちにするか、迷うぜ!)「通常の『巻き戻し』」
そういうことで、今回のぼくはどこかから聞きかじった話をするとしよう。
[それはいつものことでしょう]
バトルフェイズの攻撃宣言時、攻撃される側のモンスターが増減した場合の処理について話をするよ。
[『〜について』と言うと、ただでさえ薄い話が本当に薄いことが最初から露見してしまうのでできればやめたほうがいいかと]
きみのキャラはいつだって生き生きしているね。それじゃあ、さっさと例を挙げてしまおう。
[こんな話なら、それこそ『わたし』相手にしていればいいのでは]
難しい話をしたところで、きみの設定を考えればそれはそもそも説明する必要がないからね。つまり、話のレベルの高低は関係ないわけだ。
[そうですか。では勝手にどうぞ]
〜バトルフェイズの『巻き戻し』〜
ぼくのターン。面倒だからドロー後すぐにメインフェイズに、いやいっそバトルフェイズに入って、既に場にいる《機皇帝スキエル∞》できみにダイレクトアタック!
[《マインドクラッシュ》を打たれても自業自得な大雑把さですね]
《マインドクラッシュ》を使われるのは、元から自業自得だよ。さあ、スキエルが五体のシンクロモンスターを装備している以上、この攻撃が通ればきみの負けだよ。

[説明のための適当な配役だからと、無茶苦茶に振舞いすぎなのでは]
そんなことをきみに言われたくはないな! さあ、攻撃宣言時やバトルステップ中に、発動するカードはないのかな?
[どうしても攻撃を防いでほしそうですね。では、わたしは伏せカードの《スケープ・ゴート》を発動。場に四体の羊トークンを出します]



おっと。攻撃された側のモンスター数が増減したことでバトルステップの巻き戻しが発生してしまったね。ぼくは改めて、攻撃宣言を済ませた《機皇帝スキエル∞》の攻撃対象を選び直すことになるわけだ。
[『せんせー』。今回の話の説明は、その二言だけで足りているのではないですか?]
きみは相変わらずキャラがわからないな。それじゃあ、ぼくはピンク色の羊トークンを攻撃しよう。
[いえ。トークンとして場に出すものはトークンカードでなくともいいので、『せんせー』の言うピンク色の羊はムカデの死体なのですが]
どうしてそんな悪趣味なものを!
[この世に悪趣味はありませんよ。見ている側がそう決め付けるだけです]
そんな役に立たない真理はいいよ。とにかく、ムカデの死体こと羊トークンを攻撃対象に選択したよ。できればそのまま破壊されて場から消えてくれると嬉しい。
[では、攻撃宣言時は既に済んでいるので、ただのバトルステップでしかないこの時、ムカデトークンをリリースして《エネミーコントローラー》発動。『せんせー』の場の《混沌幻魔アーミタイル》をいただきましょう]

ぼくはそんな強いカードを!?
[説明重視でデュエルの流れは二の次である以上、言った者勝ちですからね。さあ、魔法無効化効果を持つ《機皇帝ワイゼル∞》ならいざ知らず、《機皇帝スキエル∞》では《エネミーコントローラー》を無効化できないでしょう。『せんせー』の魔法&罠ゾーンはすべて装備したシンクロモンスターで埋まっているらしいですし、手札からなにかを発動することもままなりませんね]
しまった! 大仰な設定が裏目に出た!
[こうしてわたしの場のムカデトークンが消え、さらにアーミタイルがこちらの場にやってきたことで、モンスター数自体は同じく四体であるものの、一瞬数が増減したため、再び攻撃対象を選択し直すことになりますね]
ご丁寧に攻撃表示のアーミタイルを、きみの場ではただ攻撃力0になるアーミタイルを奪ってくれるとは優しいね。ぼくはその《混沌幻魔アーミタイル》に《機皇帝スキエル∞》で攻撃するよ!
[攻撃宣言時、《聖なるバリア−ミラーフォース−》を発動します]

おっと。既に《機皇帝スキエル∞》は攻撃宣言を済ませていて、攻撃対象を選び直すことは攻撃宣言とは別物だから、攻撃宣言時にしか発動できないミラーフォースは今は使えないよ。
[もちろん知っていますが、しかし、こうやって駄目な例を見せないと説明になりませんからね]
協力してくれてありがとう。では、そのミラーフォースは発動自体できないから、墓地にも行かず元通りに伏せてもらおう。
[まるで初心者向けのレッスンですね。ピンポイントレッスンの看板が嘘のようです]
気にしてはいけないよ。実は公式サイトのワンポイントレッスンと内容がかぶっていたとしても、そんなことを気にされたくはないな。
[なるほど。気にしているのですね]
まあ、それはそうと、こうやってバトルステップ中に攻撃された側のモンスターが増減した場合は、攻撃対象を選び直すか、攻撃を取りやめるかしないといけない。これがバトルステップの『巻き戻し』だね。
「実際の例で示す意味があったのかは怪しいと思いますけれど]
きみは《ダルの酋長》を知らないようだね。
[そのフレーバーテキストなら知っていますが、しかし、何でもかんでも例を示すのは非効率的ですからね。二言で済むことは二言で済ませるのが当然です]
それはどうかな?
[反論があれば受け付けましょう]
それはそうと、バトルステップの巻き戻しについては以上だけど、今回の例ではどうしてきみがアーミタイルを奪ったのかが謎だね。一体どんな意図があったんだろう。
[あえて無理に理由付けするなら、手札に《クリボー》を抱えていて、墓地の闇属性の数が二枚だったというところでしょうか。次のターン、《ダーク・アームド・ドラゴン》を特殊召喚して《機皇帝スキエル∞》を破壊しつつ直接攻撃するつもりだったのでしょう]

なるほど。そういう考えかたもあったね。
[デュエルの流れがどうこうよりも、その場その場の勢いが重視される傾向にありますからね。実際は何となく攻撃力10000のアーミタイルを『せんせー』の場に出現させ、攻撃力0になるのに何となく奪ったにすぎませんが]
それを言うと台無しになるんだけどな。
[最初から最後まで、話は台無しであるべきですよ]
よくわからないことを言い出したね。
[それでは、また次の機会に]
もうないだろうけど、それじゃあまた次の機会に。
JUGEMテーマ:遊戯王

スポンサーサイト

  • 2012.03.30 Friday
  • -
  • 11:25
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
PR
ピンポイントレッスン
遊戯王ZEXAL ピンポイントレッスン
遊戯王ARC-V ピンポイントレッスン
遊戯王OCG ピンポイントレッスン
リンク
遊戯王OCG公式
OCGカードデータベース
アクセスカウンタ
ブログパーツUL5
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM