<< せんせーとわたしの友達の機皇帝 | main | せんせーとわたしの友達の『巻き戻し』 >>

スポンサーサイト

  • 2012.03.30 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


せんせーとわたしの『巻き戻し』

(ある、忌み嫌われるプレイング。心を捨てた心砕き)「禁じ手の『巻き戻し』」
「せんせーっ。何となくお久しぶりなのですよー!」
そうだね。今回は、ずっと昔に立ち返った由緒正しいピンポイントレッスンの時間だよ。
「ほほー。すると、せんせーが卑怯な戦術を解説し始めるのですねー?」
きみがぼくのことをどう見ていたのかが、明らかになってしまったね。
「何のことでしょーかー?」
ともあれ、たしかにそういうことだよ。今回の話は卑怯な戦術の話だ。
「せんせー。そーいうキャラは捨てたのではなかったのですかー?」
いや、ぼくはたしかに卑怯なキャラ設定を捨ててしまったけど、今回話すのは過去のぼくだって使わなかったような戦術だから、これは単なる知識としての話さ。
「ははー。すると、【ウィジャ盤】あたりが出てくるのですかねー?」
残念ながら、この戦術、というかそれ以下のなにかは、勝利を目指す戦術とは別物だよ。
「どーいうことでしょーかー?」
今回の話は、《マインドクラッシュ》の悪用による『巻き戻し』だ。
「……せんせー。どーして、今になってそんな話をするのですかー?」
なぜかというと、それは次の話への準備だけど、そんなことを言ってもきみにはわからないことだからね。
「たしかに、言っていることがさっぱりですねー」
それじゃあ《マインドクラッシュ》による『巻き戻し』を、ここでわかりやすく披露してみよう。
「久々に悪趣味な話が出ましたねー」
まったくだね。しかしそれを言っても始まらないから、ひとまず手早く始めてみよう。
「では、どーぞー」
〜巻き戻し劇場〜
「わたしのターン、ドロー! 場のモンスター三体をリリースして、《オベリスクの巨神兵》を召喚するのですよー!」
おおっ。いきなりだね。デュエルの途中から入ったのか。

「なにを言っているのでしょーかー? 既にデュエルが始まって、8ターンは経っているのですよー」
なるほど。だから、ぼくの場にも伏せカードが置かれているわけか。
「そーですねー。しかし、オベリスクには召喚を無効化されない効果と、召喚時にあらゆる発動をさせない効果がありますからー、せんせーの伏せカードが役立つのはまだ先ですねー」
いや。それはどうかな?
「ど、どーなのですかー?」
勘違いしちゃいけないな。ぼくはきみのこ……この伏せカードでオベリスクを倒してみせる!
「どーしてツンデレになるのですかー?」
ならなかったよ。まあ、とにかく、召喚を無効にできないとか召喚時は発動不可とか言っているところに水を差すことになってしまうけど、ちょっといいかな。
「何なのですかー?」
いや、きみがドローフェイズからすぐさまメインフェイズに入ってオベリスクを出したから言いそびれたんだけど、ぼくはメインフェイズの前、スタンバイフェイズの時点で伏せカードを使うつもりだったのさ。
「そ、そーだったのですかー?」
だから、申し訳ないけど、オベリスクを出す前にフェイズをスタンバイフェイズまで『巻き戻し』てほしい。こちらの意思にお構いなくデュエルを進められたら、たまらないからね。
「それは失礼しましたー。ついつい、神のカードに夢中になっていたのですよー」
誰にでも過ちはあるよ。じゃあ、改めてスタンバイフェイズに戻ったね。
「オベリスクも手札に戻して、リリースしたモンスターも場に戻したのですよー。では、発動をどーぞー」
それじゃあ、伏せていた《マインドクラッシュ》を発動。発動時にカード名《オベリスクの巨神兵》を宣言。もしも手札にオベリスクを持っていたら、効果解決時に手札から捨ててもらわないといけないな。

「……………………」
まあ、持っていたらだけどね。
「………………」
おや。どうしたのかな?
「……げ、外道ですかー!」
そういうことだよ。
〜巻き戻し劇場・了〜
「こーいうことですねー」
そういうことだね。
「つまり、こちらが勝手にメインフェイズに入ってカードを使った時に、あとからいちゃもんをつけて、得をしよーというやりかたですねー」
そういうことだよ。一応、ルール上はけちのつけようがないプレイングだけど、本来なら戦術ともプレイングとも言えないような、友達をなくしてしまいそうな、マナーに反した行動だ。
「すると、友達のいないせんせーなら大丈夫ですねー」
そういうわけでもないな。ルールの盲点をついた戦術ならともかく、相手につけこむやりかたは、さすがにぼくの領分でもないからね。
「そーなりますとー、それはわたしの友達の担当ですかねー」
いや、あの友達も《マインドクラッシュ》の『巻き戻し』は白眼視していたようだよ。
「そんなことがありましたかねー?」
おっと。まあ、それはともかく、こんなプレイングをされると、たとえ場ではそこそこの耐性を持つ神でも簡単に沈黙してしまうわけだね。
「いーえ。せんせー、さっきの話には、続きがあるのですよー?」
続き? それは、きみがオベリスクを捨てさせられたあとでぼくを物理的に殴り倒すということかな?
「そーしてもおかしくはないところですけどー、そーではないのですよー」
そう言うのなら、終了した話の続きをみてみようか。
〜巻き戻し劇場(続)〜
「ではですねー。わたしは《マインドクラッシュ》に対して《ゴブリンのやりくり上手》を発動するのですよー」
馬鹿な! そのカードは!
「さー。せんせーがなにも発動しなければ、効果処理に移りますよー?」
駄目だ……打つ手がない。静観するしかない……。

「では、わたしはデッキからカードを一枚引いて、手札から一枚をデッキの一番下に戻すのですよー」
……ぼくにはわかる。今戻したカードは《オベリスクの巨神兵》だ!
「それでは、《マインドクラッシュ》の効果処理ですねー。わたしの手札は《青眼の白龍》が二枚と《融合》と《融合解除》が一枚ずつですよー」
……とても8ターン目の手札とは思えないな。
「それでは、せんせー。オベリスクはいなかったのですからー、どーぞせんせーの手札を捨ててくださいよー」
やむをえない! ぼくは残り一枚の手札から《オシリスの天空竜》を捨てる!
「……せんせー。《オシリスの天空竜》はまだ公式カード化していないのですけどー。どーやって使うつもりだったのですかー?」
いずれ発売されるだろうから、今あるかどうかは些細な問題だよ。
「ははー。では、改めてメインフェイズですよー。いーですかー?」
構わないよ。
「手札から《融合》を発動して、手札の《青眼の白龍》二体と場の《青眼の白龍》を融合するのですよー」
……バトルフェイズに入りたいなら、どうぞ。
「ではですねー、バトルフェイズに《青眼の究極竜》で攻撃したあとに《融合解除》して、素材の《青眼の白龍》三体でも追加攻撃するのですよー」
ぐわあ! ……合計で13500の戦闘ダメージだとー!? ぼくの負けだー!
「せんせー。それは勘違いですよー」
おや。ツンデレかい?
「いーえ、まだバトルフェイズは終了してないのですよー」
そんな馬鹿な。きみの攻撃は全部直接攻撃だったから、ぼくのライフは0になったはずだよ。
「そー言われましてもー、せんせーの今のデッキは【キュア】ですからねー。残りライフポイントはまだ14830あるのですよー」
えっ?
「伏せていた《ゴブリンのやりくり上手》を発動して、二枚引いて一枚戻して、残った一枚を手札コストにあらかじめ伏せていた《超融合》発動ですよー」
ええ?
「そしてバトルフェイズ中に再び融合した《青眼の究極竜》で攻撃して、さらに伏せていた《融合解除》を発動して、再び合計13500ダメージなのですよー」
えええっ?
「最後に伏せていた《ゴブリンのやりくり上手》で三枚引いて一枚戻して、手札一枚をコストに今引いた《超融合》を発動して、《青眼の究極竜》で三回目の攻撃なのですよー!」
……よくわからないけど、合計28330だったらしいぼくのライフが、一ターンでゼロになって、敗北したようだね。
「さすが、せんせーの【キュア】は回復量が尋常ではありませんでしたねー」
その前に、【キュア】とは何だろうか。
「それでは、ここで劇場は終わりなのですよー」
【キュア】ってどんなデッキなのかな。
〜巻き戻し劇場・幕〜
「こーやって、『巻き戻し』には手札を入れ替えたり捨てるカードで対抗すれば、とても格好良いですねー」
いや。それよりも、【キュア】ってどんなデッキなのかな。
「その名のとーり、回復に特化した、回復だけのデッキですよー」
まるで殴られるためだけにあるようなデッキだね。
「しかし、そこは《終焉のカウントダウン》を組み合わせれば、あっという間に勝つデッキになりますからねー」
そうは言っても、五桁の回復量なんて、どんなデッキで実現できるんだろう。
「きっと、《マジカル・アンドロイド》を三体並べるのでしょーねー」

自分のターン終了ごとに5400回復するわけか。……しかし、それは不思議なことに、アクセルシンクロができそうな布陣だね。
「そーですかー?」
普通はやらないけどね。
「それにしましてもー、こーやって《マインドクラッシュ》を回避したところで、どの道オベリスクは使えないのですねー」
発動も効果も無効にしていないから、手札から追いやって効果処理をごまかすしかないわけだね。しかし、それでも心ないプレイングに対して一矢報いることはできる。
「そーですねー。心をなくした側が心を砕かれるお約束は、大事ですからねー」
言っている意味はわからないけど、たぶんそういうことだね。
「ところで、せんせー。この話は、一体どーやって次の話に繋がるのですかー?」
おっと。いや、きみには関係のない話だよ。
「変なことを言いますねー。わたしに関係のない話は、どこにもない話ですけどー」
それじゃあ、また次の機会に。
[また次の機会に]
やってきたね。

JUGEMテーマ:遊戯王

スポンサーサイト

  • 2012.03.30 Friday
  • -
  • 09:41
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
PR
ピンポイントレッスン
遊戯王ZEXAL ピンポイントレッスン
遊戯王ARC-V ピンポイントレッスン
遊戯王OCG ピンポイントレッスン
リンク
遊戯王OCG公式
OCGカードデータベース
アクセスカウンタ
ブログパーツUL5
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM