<< せんせーとわたしのシンクロ実戦(その6) | main | せんせーとわたしの召還哨戒(その二) >>

スポンサーサイト

  • 2012.03.30 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


せんせーとわたしの召喚紹介(その一)

(トリプル・アンチ・ハンドレス。姿の見えない無効化効果)『永続効果』
「せんせーっ。大変なことに気付きましたー!」
どうしたのかな。
「実はですねー、ここ最近、わたしのデッキの話がないのですよー!」
そういえばそうだね。
「変ですよー。これでは『せんせーとわたしの遊戯王』が成り立たないではありませんかー」
安心していいよ。きみのデッキの話がなくても『ピンポイントレッスン』は成り立つから。
「しかしですねー、そーなりますと、わたしがただの質問役になるではないですかー」
それで十分じゃないかな。
「いーえ。話を始めるのはわたしなのですから、わたしのデッキ作りを軸に話すのがとーぜんですよー」
残念ながら、それは無理な相談だね。
「な、なぜなのですかー!」
なぜもなにも、きみのデッキコンセプトは常に『力押し』だからね。遊戯王は効果で戦うのが基本なのに、きみは攻撃力ばかりで戦おうとするだろう?
「当たり前ですよー! 攻撃力がなければ相手を倒せないではないですかー!」
その台詞には、十年くらい昔に戻らないと頷けそうにないな。
「せんせー! 攻撃力が0のモンスターだけではデュエルに勝てないでしょー?」
これは、すごい極論を持ち出してきたね。
「勝てないでしょー?」
そうとも言えないよ。攻撃力0だけでデッキを組んでも、戦えなくはないからね。
「しかし、戦えても、勝てないでしょー?」
それはどうかな。相手が初心者二人のタッグだった場合は、たとえ攻撃力の差が絶望的でも、ほぼ一話分の時間で勝てるかもしれないよ。
「なにを言っているのですかー? 相手が初心者だとしても、一人でレアカードデッキの二人を相手に勝てるはずがないではないですかー」
どうやら、きみはわかっていて言っているようだね。
「何のことでしょーかー?」
まあ、それはそうとして、実際に、遊戯王では攻撃力だけで勝負するデッキは活躍しにくいからね。きみが新たなデッキを作る話はもうないと思ってくれていい。
「それは嫌ですよー!」
そういうわけで、今回もきみのデッキの話はできない。今回は、何とぼくの話だよ。ぼくはここのところ、《魔轟神獣ユニコール》に目をつけていてね。
「せんせーっ。せんせーはモンスターを主力に戦わない人なのではないのですかー?」
ああ、そういう設定もあったかな。
「ありますよー。せんせーが卑怯姑息でないと、わたしの正々堂々は輝きませんからねー」
《正々堂々》を使う気なのかい? あれはどう見ても卑怯姑息そのもののカードだと思うけど、まあ、聞こえのよさを優先するなら止めはしないよ。

「あんなカード、使いませんよー。そーではなくてですねー、どーしてせんせーがモンスターに目をつけるのですかー?」
そんなことを言っても、《ドリル・ウォリアー》を使った時点で、ぼくのキャラはどこかに吹き飛んでいたようなものだからね。

「つまらない勝ちかたを目指して、そのたびに挫折するせんせーは、どこへ消えたのですかー?」
すでにどこにもいないよ。
「すると、過去はそーだったと認めるのですねー?」
おっと、しまったな。
「どーも、しまってしまった感じがありませんねー」
まあ、過去なんてどこにも存在しないからね。
「そーですかー?」
未来だって、どこにも存在していないじゃないか。
「せんせー。意味ありげなことを言うだけでは、ただ気取ってるのと同じですよー」
意味ありげの意味を解説するのも、気取っているのと同じだけどね。
「せんせーは危ない発言が好きなのですかー?」
嗜むくらいにはね。きみにはまだまだ及ばないよ。
「何のことでしょーかー?」
おっと。このままじゃあ、いつまでたっても話が進まないね。
「それもそーですねー」
それじゃあ、繰り返しになるけど、今回は《魔轟神獣ユニコール》の話だよ。
「そんなのは、別にいーのですよー」
そう言ってくれるなら、是非とも解説しよう。
「そーではなくてですねー」

とりあえず、あとが長くなるから、先に手っ取り早い出しかたから説明しておこう。
「どーしても話す気なのですねー」
でないと、カード画像を拾い集めた意味がないからね。
「そー言われましてもー、わたしはそんな話、興味がないのですよー」
今回の話に付き合ってくれたら、次はきみの新たなデッキの話をしようか。
「せんせーっ。《魔轟神獣ユニコール》のレベルは4ですからー、シンクロ召喚はとても難しそーですねー」
乗ってくれたね。恐ろしく簡単に。
「ま、まさか嘘ですかーっ!」
いや、それこそまさかだよ。大丈夫、次の話できみがどんなデッキを使い始めるのかは、もう決まっているからね。
「そのデッキをわたし自身が知らないということに、かなり不安を覚えるのですけどー」
ぼくたちをパペットマペットのウシくんカエルくんだとすると、ウシくんのぼくのほうが、名前を言ってはいけないあの人に近いからね。
「あの人とは誰ですかー?」
パペットマペットさんだよ。
「ははー。なるほどー。そーなりますと、わたしの友達の立場はどこでしょーかー」
カエルくん二号改め、カメレオンくんというところかな。
「たしかに、色んなデッキを使えますからねー。それっぽいですねー」
元々、人によって特定のデッキが使えないということはないはずだけどね。
「使いたくないのは、使えないのと同じですよー」
それもそうだ。だからこそ、ぼくらもこうやってキャラ付けできているわけだね。
「せんせー? 話が再び逸れているのですけどー」
おっと。たしか、《魔轟神獣ユニコール》はシンクロ召喚しにくそうに見えて実は簡単に出せるという話だったね。
「そーですかー? レベル合計が4になるよーに、魔轟神チューナーと非チューナーを揃える必要があるのでしょー?」
そう。それが簡単なんだよ。まず、《魔轟神クシャノ》をどうにかして墓地に置こう。次に、その効果コストで手札から《魔轟神ルリー》を捨てる。

「それで、どーするのですかー?」
墓地に落ちた《魔轟神ルリー》の効果は強制発動する効果だ。よって、レベル1のルリーを特殊召喚。
「なるほどー」
さらに、手札に回収した《魔轟神クシャノ》を通常召喚。
「……なるほどー」
レベル1の《魔轟神ルリー》とレベル3の魔轟神チューナー《魔轟神クシャノ》を墓地に送って、シンクロ召喚レベル4、《魔轟神獣ユニコール》のお出ましさ。
「とても簡単に出てきましたねー」
まあね。さて、それじゃあここで《魔轟神獣ユニコール》自身の特性について解説しようか。
「しかし、その解説は不要ですよー」
そうかい?
「このカード、相手のカード効果を、自分と相手の手札枚数が同じ場合に無効にするのでしょー?」
そうだよ。
「せんせー。もー説明が終わったではないですかー」
おっと。それはどうかな?
「どーなのですかー?」
それだけでは説明不足だね。このカードの強さはそんなところにはないのさ。
「そーなのですかー? たしかに、レベル4で攻撃力2300は強いですけどー」
きみはそこまで攻撃力重視だったかな? もしや、以前から起きているぼくらのキャラぶれが恒常的なものになっているんだろうか。
「ぶれが恒常的とは、矛盾してますねー」
永久に定まってないと解釈すればいいんじゃないかな。
「せんせー。またもや話が逸れつつありますよー?」
おっと、これはいけない。それじゃあ、勿体をつけずに話をしよう。
「では、《魔轟神獣ユニコール》の強さは何なのですかー?」
ずばり、その効果だよ。
「……せんせー」
何だい?
「効果が強いのではないと、さっき言ったばかりではないですかー」
そんなことは言ってないよ。
「そーですかー?」
たしかに、このカードの『手札枚数が同じ場合、相手の効果を無効にする』という点は強いけど、それだけなら、相手はカードを使うときに少し注意すればいいだけだからね。
「手札枚数に気を配れば、回避できる効果ですからねー」
そう。だから、普通ならこんな効果は単なる牽制にしかならない。
「では、どーすれば牽制いじょーになるのですかー?」
とりあえず、前に一度話しているから、ここではチェーンの説明を省こうか。
「自分や相手がカードやその効果を発動した場合、それに重ねて別のものを発動することで、あとから発動した効果が先に処理されるというあれを省くのですかー?」
……きみは最近、説明寄りのキャラになってないかな。
「そーですかー?」
まあ、いいよ。つまり、それがチェーンだ。発動Aを妨害したい場合、AのあとにBを発動することで、その発動Bが先に処理され相手の思惑を狂わせることができる。
「具体的には、どーいう狂わせかたがあるのですかー?」
チェーンの駆け引きを言い始めると、今回話したいことが話せなくなるから、それはやっぱり省略しておこう。
「簡単な説明でいーですよー」
じゃあ、本当に簡単に言うよ。発動された《大寒波》を無効化したいなら、無効化の効果を持つ《神の宣告》を発動すればいい。その《神の宣告》を無効化したければ、さらに無効化の効果を持つ《カウンター・カウンター》を発動すればいい。

「端的ですねー」

ここで、《カウンター・カウンター》以降にお互いがなにも発動しなかった場合、チェーンの処理は、《神の宣告》を無効化しようとする《カウンター・カウンター》の処理から始まり、次に無効化された《神の宣告》のなにもない処理に続き、最後に結局無効化されなかった《大寒波》の処理で終わる。
「《神の宣告》は無効化されていますけどー、それでも処理をするのですかー?」
この場合の処理は、なにもしないことの確認処理というところかな。この意味のない処理も、『タイミングを逃す』という最悪のルールを認識する上では大事なことだけど……。


[まったく……]

「それはさすがに、別のお話にしておきましょー」
それがいいね。正直なところ、ぼくは『タイミングを逃す』を徹底的に解説する事態だけは避けたいな。
「あれほど難しールールもありませんからねー」
いや、難しさだけで言うなら、バトルフェイズのすべてを把握するほうが難しいけどね。
「またまた、話が逸れてますねー」
本当だ。まったく、余談を許さない話ほどつまらないものはないな。行き当たりばったりの成り行き任せほど順調に行くものもないのにね。
「それも余談ですよー」
じゃあ、軌道を戻そうか。ここで、さっきの《大寒波》・《神の宣告》・《カウンター・カウンター》の話をもう一度引っ張るよ。《魔轟神獣ユニコール》は無効化効果を持っているけど、その性質は発動された《神の宣告》や《カウンター・カウンター》とはまったく違う。
「では、《大寒波》に似ているのですかー?」
《大寒波》は無効化もなにもしない、ただ発動しただけの効果だよ。
「すると、《魔轟神獣ユニコール》の効果は、どれにも似ていないのですかー?」
その通り。もっとも、こうやって俎上に上げている以上は、類似例が少なくて当然だけどね。
「周知のことを取り上げる必要はありませんからねー」
そういうことだね。ぼくのキャラ付けが『イレギュラーデッキ使い』だったのも、イレギュラーでないと話の種にならないことが最たる理由だ。
「すると、正面勝負のわたしの影が薄くなりつつあるのは、最初から決められたことだったのですかー……」
それはともかく、《魔轟神獣ユニコール》の効果はかなり異例かつ強力な部類になる。
「わたしは最初から、目立てないと決まっていたのですねー」
……《魔轟神獣ユニコール》の効果は、特例と言ってもいいくらいのものだ。
「では、せんせー。ただ攻撃力の高いモンスターを説明するつもりではなかったのですねー?」
もちろんだよ。《魔轟神獣ユニコール》……いい加減、繰り返すと文字数が長いから、『ユニコール』と略そうか。こいつの効果は、いついかなる場合においても『発動しない』効果だ。
「……せんせー。それは、手札枚数を合わせられないということですかー?」
使えない効果という意味じゃないよ。こいつの効果は使える効果だ。なにしろ、『発動』されずに『適用』されるからね。
「言っている意味がわかりませんよー」
つまり、さっきの《大寒波》と《神の宣告》と《カウンター・カウンター》の処理があったけど、あれらを、たとえばすべて対戦相手が行っていたとしよう。
「すると、相手が《大寒波》を発動して、なぜかそれを自分の《神の宣告》で無効化しようとして、さらに《カウンター・カウンター》を使って《神の宣告》をなかったことにしよーとするのですかー?」
どれだけのプレイングミスなのか、あるいは強引な高等戦略なのか……まあ、そういうことだね。
「たとえ意味があったとしても、見たくない光景ですねー」
そこで、相手が《大寒波》に《神の宣告》を、《神の宣告》に《カウンター・カウンター》を発動した場合に、お互いの手札枚数はずっと同じだったとする。つまり、ユニコールの効果が適用される。
「すると、ユニコールは《大寒波》も《神の宣告》も《カウンター・カウンター》も全部無効にしよーとするのですかー?」
まあ、そういうことだね。正確には、無効にしようとするわけじゃなく、勝手に無効にしてしまうというほうが正しいかな。
「どーいうことなのですかー?」
まず、相手が《大寒波》を発動するね。このとき、普通の無効化効果なら、たとえばすべての発動を無効にしたがる《光と闇の竜》なら、《大寒波》に対して自身の無効化効果を『発動』する。しかし、一方でユニコールは自身の効果を発動しない。そもそも、ユニコールの効果は発動するということがないんだ。

「すると、どーなるのですかー?」
どうにもならないよ。相手が《大寒波》を発動しても、ユニコールは知らんぷりだからね。そして、放っておけば相手が勝手に《神の宣告》を発動するけど、それも見て見ぬふり。さらに《カウンター・カウンター》を発動されても、我関せずを決め込むわけさ。
「では、ユニコールはずっと立っているだけではありませんかー」
それでいいんだよ。ユニコールの効果は、棒立ちしているだけで有効だ。さて、そうするうちに《大寒波》、《神の宣告》、《カウンター・カウンター》とチェーンが組まれ、お互いが他になにも発動しなくなって、《カウンター・カウンター》から順に処理される。
「さっきと同じですねー」
そして、《カウンター・カウンター》の効果処理時、ここでようやく《魔轟神獣ユニコール》の効果が『適用』される。お互いの手札枚数が同じという条件を満たしているから、《カウンター・カウンター》の効果を無効にする。
「……ふむー?」
無効にされた《カウンター・カウンター》はユニコールにより破壊され、さらに次は《神の宣告》の効果処理が待っているね。これもまた、効果処理の段階で手札枚数が同じだから、《神の宣告》も無効にされ破壊される。
「ふむー?」
そして、《大寒波》の処理も同様だ。一度処理を始めたチェーンになにかを重ねることはルール上できないから、ここまでくればいかなるカードでもユニコールを妨害できない。よって、たとえ相手がアニメの主人公だろうと、《大寒波》の効果も無効化されて破壊されるわけだ。
「すると、《大寒波》も《神の宣告》も《カウンター・カウンター》も、全部が破壊されるのですかー?」
そういうことだよ。こうやって、ユニコールはただ立っているだけで、発動もせず相手のカードを無効化・破壊してしまう。
「なにかが変ですねー。ただ、三枚の効果を処理しただけのはずですけどー」
その通りだよ。ユニコールはただ相手の効果処理を眺めていて、その際に手札同数の条件を満たしていれば、自動的に効果を発揮する。
「すると、チェーンに割り込んだのですかー?」
いや、さっきも言ったように、処理を始めたチェーンに割り込むことは、いかなるカードを使ってもできないよ。ユニコールがなにかに割り込んだと考えるなら、それは《大寒波》・《神の宣告》・《カウンター・カウンター》の間というチェーンではなく、効果処理自体に割り込んだと言うべきかな。
「せんせー。効果処理に割り込めるカードなんて、どこにも存在しませんよー」
それはどうかな。現にこうやって、ユニコールは処理に割り込んでいる。……と言っても、たしかに、割り込んだという表現は正確ではないけどね。
「すると、どーいうことなのですかー?」
ここで例を出そう。たとえば、場のモンスターの攻撃力を変動させるフィールド魔法や永続魔法は、一度カードの発動に成功すれば、以降ずっと効果を適用し続けるね。ユニコールのやっていることは、それと同じようなものだよ。
「ふむー?」
つまり、ユニコールの無効化効果が、相手の場・手札・墓地・除外領域・デッキ・エクストラデッキの全域に存在し続けていると考えればわかりやすい。相手はあらゆるカードと効果を使えるけど、いざその処理となったときにお互いの手札枚数が同じことが発覚すれば、存在し続けるユニコールの効果によって弾かれ、自動的に無効化される。
「つまり、ユニコールはリアクションを取らないのですねー」
……きみの説明力は上昇傾向にあると思っていたけど、今の言葉は抽象的すぎないかな。
「そーですかー?」
まあ、リアクションを取らないというのは正解だよ。ユニコールはなにに対しても自分の力を振るわない。振るうことはないけど、それはさながら空気のように、見えないところで効力を発揮する。自身の意思とは関係なく効果が発揮されるというと、『強制発動』もその一例だけど、これは強制発動と言うよりは自動適用だよ。
「適用というと、発動のよーにチェーンを作らず、ずっと効力が発揮されるのですよねー」
おや? きみは適用についてわかっていないのかと思ったけど。
「効果が発揮され続けているということでしょー?」
そういうことで合ってはいるけどね。しかし、きみの理解度が高くなると、それはそれで問題があるな。
「そーですかー? 効果の適用は前に触れたよーな気もしますしー、何となくわかるのですよー」
ああ、そうか。たしかに、《光と闇の竜》の件で説明したかもしれないね。
「そんな話は知りませんねー」
おっと、これは失礼した。ところで、このユニコールの効果だけど、一体どこが強いかわかるかな?
「そーですねー。効果に対してどーこーではなく、効果処理時に自動というのが、格好良い感じですねー」
まあ、たしかに、主人公の決死の一撃を見もせずに受けるボスキャラみたいな感じにも思えるけど、そういう印象の強さは関係ないよ。
「では、魔法・罠・モンスター効果のすべてに対応できることですかー?」
それも強いけど、一番の強さは今言った通り、自動的に『適用』されるということだ。
「そーですかねー? どの道、手札枚数を調整すれば回避できる効果なのでしょー?」
わかってないね。ユニコールの効果は、相手の効果処理時に手札枚数が同じでさえあれば適用される。ここが一番強いのさ。
「どーいうことでしょーかー?」
たとえば、相手がカードを発動する際、コストとして手札を一枚捨てたりすると、事前に手札枚数を合わせていても、簡単にずれてしまうね。
「牽制程度の効果ですからねー」
そんなことはないよ。相手の手札枚数がずれたなら、こちらも手札枚数を同じだけ変えてやれば済む話だからね。
「同じだけですかー?」
相手が一枚余分に手札を使ったなら、こちらもなにかを発動して、手札を一枚減らすわけさ。
「ふむー……」
ユニコールの無効化効果は、相手のカード処理時まで発揮されない。つまり、相手が手札を余計に減らしつつ《ライトニング・ボルテックス》を発動したとしても、それに対してチェーン2で《鳳翼の爆風》を使えば、互いの手札の減る枚数は同じになる。

「すると、どーなるのですかー?」
まず、チェーン2の《鳳翼の爆風》は自分の発動だから、自分のユニコールには無効化されない。そして、次に処理されるチェーン1の《ライトニング・ボルテックス》だけど、この処理時にすでに、《鳳翼の爆風》によって手札枚数は再調整されているわけだ。
「すると、《ライトニング・ボルテックス》が無効化されてしまうのですかー」
そういうことさ。これがユニコールの一番の強さだ。相手が手札枚数さえ変えればいいと思っていても、自分がそれに合わせて同じだけ手札を増減させれば、相手の目論見を完全に潰すことができる。
「後出しで枚数を合わせるとは、卑怯ですねー」
ということで、長くなったけど、これで《魔轟神獣ユニコール》の効果説明は終わりかな。
「……せんせー? まだ、大事なことを言ってないのではないですかー?」
何のことかな? ユニコールのイラストがかわいいかどうかについては、賛否両論あるだろうからコメントを差し控えておくよ。
「そーではなくてですねー。ユニコールの効果のことなのですけどー」
おや? もう、言うべきことは言ったはずだよ。
「せんせー。ユニコールの効果で一番大事なのはですねー、『発動』しないことよりも、『効果を無効にされにくい』ことなのではないですかー?」
…………。
「たしかに、その二つは同じことと言えばそーなのですけどー。しかし、発動しないモンスター効果を無効にする手段は、とても少ないですからねー」
…………。
「仮にユニコールの効果を無効化できたとしてもですねー。無効にするだけではユニコールは倒せませんからねー。すると、やはり攻撃力2300も大事になってきますねー」
…………。
「簡単に潰されなくて、強いですねー」
……ふと思ったんだけど、いいかな。
「何でしょーかー?」
きみは、本当にユニコールのことをわかってなかったのかい?
「わかっていませんでしたよー」
……おかしいな。きみは、知らないカードは解説されないと理解できないくらいのキャラ設定だったはずだ。
「キャラぶれは恒常的ですからねー」
説明が不要になるほどにぶれられるとは思わなかったな。
「さしずめ、ぶれる常在型能力というところでしょーかー」
そこは間違いなく、永続効果と言うべきところだよ。
JUGEMテーマ:遊戯王

スポンサーサイト

  • 2012.03.30 Friday
  • -
  • 10:54
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
PR
ピンポイントレッスン
遊戯王ZEXAL ピンポイントレッスン
遊戯王ARC-V ピンポイントレッスン
遊戯王OCG ピンポイントレッスン
リンク
遊戯王OCG公式
OCGカードデータベース
アクセスカウンタ
ブログパーツUL5
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM