<< せんせーとわたしの特殊裁定・ポールポジション | main | せんせーとわたしの卑怯封殺 >>

スポンサーサイト

  • 2012.03.30 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


せんせーとわたしの仕組まれたクイズ

(実際に使うことは極めて困難。一撃必殺遊戯王講座)《大逆転クイズ》
「せんせー。先日のお話ですけどー」
 なんだろう。ぼくが何の話をしたと言うのかな。覚えてないよ。
「『ライフポイント100でライフポイント16000の相手を倒す? 1ターンもかかるね』とかなんとかー」
 そんなキャラは、この世界のどこにもいないよ。
「わたし、思ったのですけどー。それって、つまりは《大逆転クイズ》ですよねー」
 さすがに気付かれたようだね。
「せんせー。具体的に、《大逆転クイズ》をどう使っているのですかー?」
 大体のところは分かっているんじゃないかな? 前回のきみの発言を考えると。
「せんせー、覚えているのではないですかー!」
 しまった。
「すると、せんせーは【緑一色】使いなのですねー」
 ……一応言うと、そこは「りゅーいーそー」と発音するところだよ。「みどりいっしょく」ではなく。
「そんな嘘には騙されませんよー。つまり、魔法カードだけのデッキ使いなのでしょー?」
 デッキ使い? ぼくは一つのデッキだけを使う人間じゃないよ。確かに【緑一色】も使うけどね。
「カードが使い放題のゲームだからと言って、やりたい放題なのですかー!」
 どんなお高いカードでも手に入るからね。あんなカードやこんなカードも……。
「羨ましくもないですよー。CPUをぶん殴っているだけではないですかー」
 CPUは人間と違って不満を言わないからね。気兼ねなくデッキが使えるよ。
「しかし、せんせーは、【緑一色】をどう使っているのですかー?」
 うん? 【緑一色】についての質問かい? 今さらだね。言う間でもないことだよ。
「すると今回は、面倒で、ややこしく、理解しづらい、イライラをかもす、長いだけの説明はしないということですかー?」
 ……ぼくが一度でもそんな説明をしたのだろうか。
「せんせー、知ってますー? 人は誰でも自分を一番分からないと言ってですねー」
 ぼくが一番分からないのはきみだよ。説明を長いと言う割には、話を大いに脱線させているじゃないか。
「はっ! せんせー、謀りましたねー!」
 まあ、【緑一色】のシステムは簡単だ。いわば、【大逆転クイズ】の派生系なんだけどね。
「その点は、実はわたし、分かっているのですよねー」
 すると、今回ばかりは説明する必要がないんだろうか。
「いーえ。それでも、せんせーが想像通りの卑怯者でないことを知るために、説明を求めますよー」
 つまり、ぼくの説明がきみの考えた通りだったら、ぼくは卑怯者になるのかい?
「それこそ、今さらのことですけどねー」
 説明を外したほうがいい状況も珍しいね。では早速だ。
「どうぞー」
 まず、デッキを魔法カード四十枚で組むよね。
「いきなりですねー」
 そして、その中に《大逆転クイズ》と《風魔手裏剣》、それに《黒いペンダント》を投入しよう。各三枚。
「そうですねー」

 あとは、他の魔法を使って、自分のライフポイントをギリギリまで削る。仮に、100まで削ったとしよう。
「相手の攻撃を受けてボロボロになってもいいのですよねー。ライフさえ残っていれば。そして少なければ」
 きみが語尾を伸ばさないタイミングには法則性でもあるんだろうか? とにかく、どうにかしてライフ100だ。
「ここで、せんせーは《風魔手裏剣》あたりを伏せるのですよねー」

 この場合は《黒いペンダント》でもいい。どちらかを魔法&罠ゾーンにセットしよう。
「そして、せんせーは《大逆転クイズ》を発動するわけですよねー」
 その通り。しかし、《大逆転クイズ》には発動コストがある。自分の場と手札をすべて墓地送りにしなければならない。

「つまり、発動時に《風魔手裏剣》は場から墓地へ行くのですよねー」
 そう。これで《風魔手裏剣》発動の条件が満たされる。満たされるんだけど、その前にやることがあるね。
「《大逆転クイズ》の効果処理が、まだですよねー」
 そちらが先だね。《風魔手裏剣》の効果処理は、墓地に送られた時点から他の処理がなくなるまで、後回しにされる。
「《大逆転クイズ》を処理した後で、《風魔手裏剣》の効果処理ですねー」
 うん。だから、まず《大逆転クイズ》の効果だ。自分のデッキ一番上のカードは何か、言い当てる。
「モンスターか、魔法か、罠か……なんて、言う間でもないことですよー」
 デッキを魔法四十枚で組んでいるなら、クイズでも何でもないね。ずばり魔法だと宣言しよう。当然、正解する。
「そして、互いのライフを入れ替える効果が処理されるのですよねー」
 そうだね。ぼくのライフは100だから、それを相手と入れ替え、相手のライフが100になる。
「それだけなら、いいのですけどねー」
 ライフをいくら減らそうと、0にしなければ勝てないからね。でも、この場合は0にして勝てる。
「《風魔手裏剣》の効果処理が残っていますからねー」
《大逆転クイズ》のコストとして墓地に送り、処理待ちだったその効果が、クイズ終了後に発揮される。もう言う間でもないよね。
「始めから、言う間でもありませんでしたよー」
 うん。これが【大逆転クイズ】の全容だね。さて、感想はどうだい。
「想像通りでしたよー。と言いたいのですが、一つ疑問が残りますよー」
 何だろうか。
「せんせーは、この仕組みで1ターンキルをするのですよねー」
 そうだね。むしろ、1ターンキルのためだけにこのデッキを使っているよ。
「けれど、これでは、自分のライフポイントを調整するのが難しくありませんかー?」
 調整?
「《風魔手裏剣》と《大逆転クイズ》が手元にあっても、ライフポイント2000では仕掛けられませんよねー。しかし、次のターンを待つと、きっと相手に倒されますよねー」
 心配ないよ。ぼくがこのデッキを使うのは、ご存じの通り携帯ゲームの遊戯王だけだから。
「と言いますとー?」
 携帯ゲーム版には、「ハンデデュエル」というシステムがあってね。自分と相手の初期ライフポイントを調整できるのさ。
「……せんせー。まさかー」
 だから、ぼくはハンデを最大にして、自分ライフ100、相手ライフ16000でデュエルを開始しているのさ。ライフ調整なんて必要ない。
「せんせー! なんですかそれー!」
 なにって、《大逆転クイズ》を引けばほぼ勝てるゲームだよ。先攻1ターンキルが余裕で達成できる。
「それのどこがハンデなのですかー! むしろハンデを貰っている側ではないですかー!」
 いやあ、開始一分後にはデュエルが終わっているから楽だよ。勝ちか負けかはともかく。
「負けるのですかー……」
 負けるね。特に、相手に先攻を取られて効果ダメージを狙われると。
「いい気味です」
 語尾を伸ばし忘れているよ。
「いい気味ですよォォォォー!」
 別のキャラになっているよ。抑えて、抑えて。
「せんせーって、どうして卑怯な戦いのレクチャーばかりするのですかー?」
 そんなことをした覚えはないよ。それに、今回はきみが話を振ったんだよ。
「そーいうこと、言いますかー」
 確かに、ぼくの戦い方が卑怯に見えるのは違いないけどね。
「えー、そーですよー。せんせーより卑怯な人なんて、そーいませんよー」
 ぼくにしてみれば、昨今の「普通の」デッキのほうが卑怯に見えるんだけどな。
「せんせー。いいことを言いましょー」
 何かな。
「普通に戦っている相手に卑怯と言うのは、自分が弱いという告白なのですよー」
 ……それは、ぼくが弱いと言っているのかな。
「せんせー、本当は勝負が下手でしょー?」
 それは、ほとんど人間とデュエルしないから分からないな。
「では、せんせー。どーでしょーか、次回はわたしが遊戯王の駆け引きを教えてあげましょー」
 イカサマ以外なら、ぜひ教わろうか。たまには立場逆転もいいよね。
「……ふふ。ふふふふふー」
 きみが怖いよ。その笑いは何なんだい。
「せんせー、そこは気味が悪いと言うところですよー。ふふふふー」
 いや、やっぱりきみが怖いよ。ぼくは次回、何をされるんだろうね。
「ふーふーふーふー」
 何をするつもりなんだろうね。
JUGEMテーマ:遊戯王

スポンサーサイト

  • 2012.03.30 Friday
  • -
  • 21:59
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
PR
ピンポイントレッスン
遊戯王ZEXAL ピンポイントレッスン
遊戯王ARC-V ピンポイントレッスン
遊戯王OCG ピンポイントレッスン
リンク
遊戯王OCG公式
OCGカードデータベース
アクセスカウンタ
ブログパーツUL5
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM