<< せんせーとわたしと算段以上の攻撃力/守備力(その六) | main | せんせーとわたしのアクセルシンクロ召喚(その2) >>

スポンサーサイト

  • 2012.03.30 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


せんせーとわたしのシンクロ召喚(その1)

(考えなしに出すか、計算した上で出すか。同調と協調、シンクロとチューニング)「シンクロ召喚の難易度」
「せんせーっ。お久しぶりなのですよーっ」
お、その始まり方は二度目だね。
「そーですかー。しかしせんせー。実際に、わたしたちの時間では二日ほどの間、ご無沙汰していたではないですかー」
ぼくたちの時間なんてどこにもないよ。そもそも世界から与えられてないからね。
「与えられなければ、奪うまでですよー」
ちょっと待とう。きみ、どこかキャラがぶれていないかい?
「そんなことはありませんよー。ところで、せんせー。今回はデュエルをしない話なのですけどー」
それはありがたいね。ここのところ、なぜかぼくがきみの友達にデュエルで負ければ落ちがつくという風潮が流行っていたからね。
「なぜでしょーねー」
きみには心当たりがあるんじゃないかい?
「何のことでしょーかー」
やっぱりきみが犯人だったのか。
「そーですかねー?」
……まあ、そのつもりがなかったならいいんだけどね。
「ところで、せんせー。今回の話はシンクロ召喚のことなのですけどー」
そうなのかい? シンクロ召喚の説明は、前に一度しているような気がするよ。
「自分の場に存在するチューナーモンスター一体とチューナーでないモンスター一体以上を墓地に送ることで、その合計レベルと同レベルのシンクロモンスターをエクストラデッキから特殊召喚するのですよねー」
きみの台詞とは思えないほどに長いね。もっとわかりやすく言ったほうがいいよ。
「ではですねー、レベル5のシンクロモンスターを出したい場合は、使用するチューナーがレベル1なら非チューナーを合計レベル4に、チューナーがレベル2なら非チューナーを合計レベル3に、と用意するのですよー」
……どうやら、少し見ない間に説明力が落ちているようだね。
「説明はせんせーの領分ですからねー。わたしがうまく説明できてはいけないのですよー」
説明する能力と知識とは別物だよ。僕が独占しているのは知識だけだ。
「そう言うのでしたら、せんせーが説明し直してくださいよー」
さては、ぼくの能力を試すつもりかい?
「わたしの説明もせんせーの説明も、同じレベルのよーな気がするのですよー」
試しているんだね。
「ささ、どーぞー」
そんなに言うなら仕方ないな。シンクロモンスターを出したい場合、それよりもレベルの低いチューナーを用意する必要がある。そして、足りないレベルをチューナー以外のモンスターで補うんだ。
「……まー、そこそこぎりぎりに及第点ですかねー」
厳しいね。ところで、どうして今更シンクロ召喚を説明させたんだい?
「いーえ、もちろんやり方は知っているのですけどー。実はわたし、あるシンクロモンスターを使いたくてですねー」
なら、使えばいいじゃないか。ぼくたちには買い物の概念がないんだから、どんなカードでも未発売カードでも使い放題だよ。
「そーではなくてですねー。そのシンクロモンスター、召喚条件が厳しいのですよー」
なるほど。たしかに、一部のシンクロモンスターは素材とするチューナーの名前を指定していたり、チューナー以外のモンスターの数を一体だけや二体だけに限定していたりするからね。
「チューナーの名前を指定するのは、多くのシンクロモンスターがやっていることですけどねー」
シンクロ召喚の最大の利点は対応力だからね。たとえば、レベル2のチューナーとレベル3の非チューナーとレベル5の非チューナーが場に揃っている場合に取れる行動は、かなり多い。

「その場合ですとー、レベル2と3でレベル5のシンクロ召喚、あるいはレベル2と5でレベル7のシンクロ召喚、はたまた、レベル2と3と5でレベル10のシンクロ召喚なんてこともできますねー」

さらに言うと、そもそもシンクロ召喚をしないことだって考えられる。シンクロ召喚の素材に条件を課さないレベル5・7・10のシンクロモンスターは、合わせて十体くらいだ。うち、実用に値するのは五体程度。その中から、その場に最も即したモンスターを出せる、場合によっては出さなくてもいいとなれば、どれだけの対応力があるかはわかるね。
「シンクロモンスターは、基本的に全部が効果モンスターですからねー。状況に応じた効果のモンスターを出して戦えますねー」
おっと。それは効果を持たないシンクロモンスターを貶める発言かい?
「いーえ、完全下位互換と言われている効果のないモンスターにも活用法はありますし、そんなことは言わないのですよー」

言っているような気がするけどね。つまり、多くのシンクロモンスターがチューナーの名前やらシンクロ素材の数やらで出す方法を縛っているのは、シンクロ召喚自体の対応力が強すぎたからだ。ぱっと出た雑魚モンスターたちが、突然ゲームエンド級モンスターに化けるなんて話があったら、ゲームのシステム自体が成り立たない。
「そーですねー。レベル9ならこのシンクロモンスターが最強、とか言われてしまっては、他のレベル9シンクロモンスターに存在意義がありませんからねー」

そういうわけで、強すぎるシンクロモンスターは出す方法が限られているんだけど……今回はきみの台詞にやたらと悪意を感じるな。
「何のことでしょーかー」
いや、気にしないでおくよ。ところで、シンクロモンスターの中には本当にゲームエンド級のものがいるから、場合によってはデッキの構築を一種類のシンクロモンスター用に特化することも考えられる。
「そーですかー。では、わたしもそーするべきなのですかねー?」
それはわからないな。きみが出したいモンスターがどれだけ出しづらいのかにもよるよ。
「かなり出しづらいと思うのですけどー」
へえ。それはあれかな。《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》くらいに難しいのかい?
「どーでしょーねー。ある意味、《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》ほどにシンクロ召喚しづらいモンスターはいないと思いますけどー」
そうかな? いないこともないと思うよ。たしかに、シンクロ素材の指定は厳しいけどね。

「第一に、素材の《レッド・デーモンズ・ドラゴン》自体がシンクロモンスターですしねー」
第二に、異例としてチューナーモンスターを二体も要求しているね。しかも、チューナーの合計レベルが4でないと、レベル8の《レッド・デーモンズ・ドラゴン》と合わせてレベル12にはならない。
「チューナーのレベルは3が最も多いですからねー。2と2より、3と1で合わせるのが一番でしょーけどー」

問題なのは、シンクロ素材であるシンクロモンスター《レッド・デーモンズ・ドラゴン》が、戦わない味方を毎ターン殺し尽くすことだ。戦闘力を持つチューナー以外は彼と共闘できないね。
「しかしですねー、それなら一ターンで二体のチューナーを展開すればいーだけですよー」
それもそうか。すると、意外に《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》は出せなくもないモンスターじゃないかな。シンクロモンスター専用の蘇生カードも多いから、先に《レッド・デーモンズ・ドラゴン》を出して、倒されたところでチューナー二体を展開、そして蘇生する手があるね。
「いーえ。せんせー、わかってませんねー」
なにをわかってないのかな?
「《レッド・デーモンズ・ドラゴン》を一度出しても、たしかにすぐやられるでしょーから、蘇生カードは必須ですねー。やがて復活させて、そのターンにレベル3と1のチューナーを展開……ということも、たしかにそこそこ簡単ですけどー」
簡単なら、それで《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》に繋がるんだから、いいんじゃないのかな。
「わかってませんねー。そもそも、どーして一度《レッド・デーモンズ・ドラゴン》を出すのですかー?」
それはどういうことかな。
「レベル8のシンクロモンスターにはですねー、もっと普通に強いモンスターがいるのですよー」
……つまり、ただの《レッド・デーモンズ・ドラゴン》には出す価値がないと言うのかい?
「そーなのですよー。《レッド・デーモンズ・ドラゴン》を蘇生の必要もなくずっと場に維持しておけるのなら、使う気にもなるのですけれどー」
戦闘能力だけが売りのモンスターだからね。だけど、それほど弱いとも思わないよ。単純ながら、攻撃力3000は強い数値だ。
「問題なのはですねー。《レッド・デーモンズ・ドラゴン》を出すのと同じ条件で、《スクラップ・ドラゴン》をシンクロ召喚できる点なのですよー」
ああ、なるほど。それは仕方ないね。

「シンクロ召喚は対応力を重視しているのでしょー? すると、モンスターに限らず選択した相手のカードを破壊できる《スクラップ・ドラゴン》のほーが有用なのですよー」
それを言われると、《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》にすぐ繋がる保証がない限り、《レッド・デーモンズ・ドラゴン》の存在意義は怪しいね。
「同じレベル8でー、しかも同じくシンクロ素材の指定がないですからねー。こーやって、使えないシンクロモンスターは淘汰されていくのですよー」
しかし、《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》の突破力には強力なものがあるよ。
「せんせー。シンクロ召喚のためにシンクロ召喚が必要だなんてー、あまりにも面倒ですよー」
面倒な手順をこなしてこそ、強いモンスターが出せるということじゃないかな。
「そーですかー? さては、せんせーはグレート・モスを知らないのですねー」

あれは別格だよ。攻撃力3500程度に何ターンかけろというつもりなんだろうね。
「ですけどー、召喚のしづらさでは群を抜いていますよー?」
出しづらければいいってものじゃないよ。ぼくが言いたいのは、《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》自体は強いんだから、二度シンクロするくらいの手間はかけてもいいんじゃないかなってことだよ。
「ははー。すると、せんせー。シンクロ召喚を二度行うのも三度行うのも、大差はないと言うつもりですかー?」
……まあ、三度はともかく、二度くらいなら楽だろうね。特にシンクロ召喚に特化していないデッキでも、一度のデュエルで二度くらいはシンクロするだろうから。
「その言葉が聞きたかったのですよー」
……そうなのかい? それはまた、今回はえらく遠回しに誘導してくれたね。
「特に誘導した覚えはありませんけれどー、そーですねー、せんせーが《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》を出すのもありだと言うものですからねー」
そういえば、きみがどんなシンクロモンスターを出したいのか、聞いてなかった気がするな。一体なにを出したいんだい?
「それはですねー、《シューティング・スター・ドラゴン》なのですよー」
…………。

「シンクロ召喚を二度行うくらいは楽なのでしょー? となれば、《シューティング・スター・ドラゴン》を出すのは簡単ですねー」
ちょっと待った。あのモンスターは二度どころか三度シンクロ召喚しないと出てこられないはずだよ。
「専用デッキを作る必要も、なさそーですねー」
待った、待った。普通のデッキで出せないとは言わないけど、《シューティング・スター・ドラゴン》を出したいなら、できるだけデッキの構築を見直す必要があるよ。
「とりあえず、【ドラゴン族】デッキあたりで使ってみるのですよー」
やめるんだ。まず間違いなく出てこられないよ。
「しかし、せんせー。《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》よりは出しやすいと思いますよー?」
なら訊くけど、きみの【ドラゴン族】にはレベル1のチューナーモンスターがいるのかい?
「……レベル2なら、二体いるのですよー」
それはむしろ、《シューティング・スター・ドラゴン》よりも《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》寄りだね。
「では、どーすればいーのですかー?」
わかった。それなら、《シューティング・スター・ドラゴン》の出しかたを次回で教えてあげよう。
「シンクロ召喚をするのですよねー?」
ただのシンクロ召喚なら、説明する必要もないんだけどね。
「シンクロ召喚を超えた、さらなるシンクロなのですねー」
超えているかはともかく、シンクロ召喚を連発することに間違いはないね。
JUGEMテーマ:遊戯王

スポンサーサイト

  • 2012.03.30 Friday
  • -
  • 13:56
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
PR
ピンポイントレッスン
遊戯王ZEXAL ピンポイントレッスン
遊戯王ARC-V ピンポイントレッスン
遊戯王OCG ピンポイントレッスン
リンク
遊戯王OCG公式
OCGカードデータベース
アクセスカウンタ
ブログパーツUL5
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM