<< せんせーが一人で超特化(そばにわたし) | main | せんせーとわたしの仕組まれたクイズ >>

スポンサーサイト

  • 2012.03.30 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


せんせーとわたしの特殊裁定・ポールポジション

(技をかけるべき対象のいない、遊戯王裏技講座)《ポールポジション》
「せんせーっ。友達にミョーなカードを使われましたー」
 遊戯王のカードで妙なものを挙げればキリがないよ。全体の一割は妙だと思うけどね。
「いーえ、そんなレベルの妙ではないのですよー」
 そうなのかい? ぼくは妙なカードが好きだから、大体の質問には答えられると思うよ。
「《ポールポジション》というカードなのですけどー」
 ……へえ。そんなカードがあるんだ。知らなかったなあ。
「せんせー、言ったそばからですねー。格好悪いですよー」
 格好をつけられるとは思ってないさ。ところで、このカードは魔法カードかな?

「せんせー、そのピンクな枠が見えないのですかー? 誰がどう見ても罠ですよー」
 いや、それだけ知らないカードなんだとアピールしただけだよ。いやまったく、これは初めて見るね。
「で、ですねー。せんせー。このカードがやたらと奇妙で珍妙で絶妙で即妙なのですけどー」
 その手の文字並べは、三文字までと相場が決まっているんだよ。まして即妙は関係ないだろう。
「相場なんて簡単に変動するものですよー。関係ない文字を最後に持ってくるのはパターンですしー」
 そうなのか。いや、それはともかく、《ポールポジション》の話だったね。
「ええー。そうだったのですけどー、しかしせんせー、知らないのでしょー?」
 あまり年上を甘く見ないほうがいいよ。話しているうちに、問題点は理解できたさ。
「ま、まさかあー。カードを見ただけで、その全容を暴いたと言うのですかー?」
 いや、全容は暴けないからネット検索しただけさ。まったく、Wikiというものは素晴らしい。
「せんせー。そんなことをしていると、わたしがせんせーに質問する意味も無くなりませんかー?」
 そう言わないでほしいね。いやしかし、ぼくがこのカードを知らなかった理由が分かったよ。
「理由があるのですかー? 知らなかったのは、知らなかっただけなのではー?」
 いやいや、ぼくは大抵のカードのことは記憶しているんだ。知らなかったのには理由があるさ。
「そんなの、自慢にはなりませんよー?」
 自己満足にはなるから問題ないさ。しかし、こなみんはなぜ、こんなカードをデザインしたんだろうね。
「えーと、効果は、フィールドで一番攻撃力の高いモンスターは、魔法の効果を受けない、ですよねー」
 これがせめて、永続カードでなければよかったんだけどね。
「完全に永続ですねー。無限マークが付いてますよー。しかし、これのどこが悪いのですかー?」
 今回のお話に必要なカードは三枚だ。
「さんまいー? 三枚で《ポールポジション》について語れると言うのですかー?」
 そうだよ。ちなみに、三枚のうち一枚は《ポールポジション》自体なんだけどね。
「では、実質二枚ではないですかー。せんせー、このカードは簡単ではないですよー?」
 大丈夫だよ。ぼくにはWikiがついているからね。
「その自信はどこから来るのかと言わせてくださいよー」
 行の節約だよ。あまり話があちこちへ飛ぶのも問題だからね。
「ではせんせー、説明をお願いしますよー」
 うん。それじゃあ、まずはさっきの話だ。
「せんせーがどう言おうと、最後に即妙をつけるのはアリですよー」
 いつの話をしているんだい。ぼくが言っているのは、ぼくがこのカードを知らなかった理由さ。
「あるのですかー?」
 あるよ。簡単な話だけど、ぼくは遊戯王をもっぱら携帯ゲームでやっている。知っているよね。
「そうですねー。ついでに、意地悪で卑怯なデッキが好きなのですよねー」
 それはともかく。この《ポールポジション》は、最近のゲームに一切収録されていないんだ。
「なんとー」
 まあ、収録したところで嬉しいのはぼくくらいだろうし、問題はないんだけどね。
「ゲームに収録されなければ、せんせーは何も分からないのですねー」
 そう言われると照れるね。
「ゲームに収録されれば、大抵のカードは記憶し尽くせるのですねー」
 そう言われると気が晴れるね。
「ゲーム脳なのですねー」
 そう言われると気が曇るな。
「と言いますかですねー、そんな理由なんてどうでもいいのですよー。話を進めてくださいー」
 分かった。それじゃあ、ぼくもWikiの内容を全面受け売りして話すとしよう。
「……わたしがWikiとやらを見たほうが、早そうですねー」
 きみはネットを閲覧しないんだろう? ぼくにページをプリントアウトする親切心はないよ。
「その割に、説明する親切心はあるのですねー。謎ですよー」
 この《ポールポジション》、ぶっちゃけると致命的な欠陥がある。
「ブチ撒けると致命的に血管がーる?」
 ここで二枚目のカードを登場させよう。使われそうで使われないカード、《巨大化》だ。

「自分のライフポイントが相手未満なら、装備モンスターは攻撃力二倍ですねー」
 ピンチの時のみ使えるカードだと思われそうだけど、優勢の時は相手モンスターに装備すればいいカードだね。
「その場合は使い切りなので、あまりよろしくありませんけどもねー」
 その日本語は日本語を外れているよ。さて、《巨大化》を例に使う以上、仮想ライフポイントの設定が要るね。
「例によって、わたしとせんせーがデュエルしていると仮定しましょー」
 そして、きみのライフは16000で、ぼくのライフは100としようか。
「極端ですねー。それでは勝てませんよー?」
 ゲームだと、この状態からの先攻1ターンキルがぼくの十八番なんだけどね。じゃあ、次は場の設定だ。
「装備魔法を使う以上、モンスターが必要ですねー」
 きみの場には攻撃力5000のモンスターがいるとしよう。ぼくの場には攻撃力3000のモンスターだ。
「互いに一体ずつというところでしょーか。ここで、せんせーのモンスターを《巨大化》するわけですねー?」
 その前に、ぼくは《ポールポジション》を発動しておこう。永続罠だから、こいつはずっと効果を発揮し続ける。
「わたしの場には5000が一体、せんせーの場には3000一体と《ポールポジション》ですかー」
 そして、ここでぼくが《巨大化》を自分の3000に装備するんだ。
「わたしのライフはせんせーより15900多いので、せんせーの3000モンスターは6000になりますねー」
 そうなるね。では、ここで《ポールポジション》の効果を思い出してほしい。
「フィールド上で最も攻撃力の高いモンスターは、魔法の効果を受けないですねー」
 うん。ここで見る「攻撃力」は、元々の数値ではなく現在の数値だ。
「つまり、せんせーの攻撃力6000モンスターが、魔法を受け付けなくなるのですねー」
 受け付けないわけじゃないよ。完全に影響を受けないだけで、魔法を破壊したりということはしない。
「干渉せず干渉されない、没交渉というやつですねー」
 それは少し違うけどね。とにかく、攻撃力6000となったぼくのモンスターは、装備した《巨大化》に影響されなくなる。
「……そうですねー。すると、……あれ? ええ?」
 気付いたかな。それなら、何が起きたか順を追って見てみよう。
「えーと。せんせーのモンスターが《ポールポジション》で《巨大化》されなくなったので、3000に戻りました」
 語尾を伸ばし忘れているよ。それで?
「すると、『最も攻撃力が高いモンスター』の座は、改めて、わたしの攻撃力5000のものとなりましたー」
 そうだね。《ポールポジション》が《巨大化》を無効化した瞬間、お互いに5000と3000を持った状態に戻るね。
「……そして、そしてですねー。せんせーの攻撃力3000のモンスターは、攻撃力二番目のモンスターになりましたー」
 うん。ということは、《ポールポジション》の干渉範囲外だね。
「そうですねー。よって、攻撃力3000のモンスターは、再び《巨大化》の効果を受けるのですよー」
 正しいよ。その通りだ。さて、すると、どうなるのかな?
「再び《巨大化》の影響を受けたモンスターは、攻撃力6000になり、《ポールポジション》に攻撃力一番のモンスターとして扱われます」
 だから、再び魔法の効果を受けなくなるんだね。《巨大化》の影響を受けなくなるわけだ。
「つまりですねー。《ポールポジション》が《巨大化》を無効化した瞬間、《巨大化》を無効化しなくなるのですよー」
《巨大化》によって攻撃力が倍加して、最強になったから攻撃力が戻って、最強でなくなったからまた《巨大化》する。
「これって、延々と同じことが繰り返されているではないですかー!」
 その通りだよ。これこそが《ポールポジション》の致命的な欠陥だね。これじゃあゲームが進まない。
「こんなことになっては、ゲームが強制終了してしまいますよー」
 まあ、だから、このカードには特殊裁定が下されているようだよ。
「特種な最低と言うと、せんせーのことでは?」
 聞かなかったことにしよう。つまり、カード効果に後付け設定がされたんだね。
「後付け設定と言うと、あれですねー。こんなのですよねー」
 こんなの?
「こんなのですよー」
〜こんなの〜
「ビームー! ほら俺ビーム撃ったー! お前死んだー!」
「死んでないもーん。バリアあったしー!」
「うーそー。そんなの無かったしー!」
「あったしー!」
「でも俺のビーム、バリア破るしー!」
「俺のバリア、それより強いしー!」
〜こんなの!〜
「こんなのですよねー?」
 違うとは言わないけど、大いに誤解を招く表現だよそれは。
「誤解とは思いませんけどねー。それで、《ポールポジション》はどんな後付けをされたのですかー?」
 さっき言った、「延々と繰り返す」問題が起きないためのルールを後付けされたんだよ。
「起きないためと言いましても、問題は実際に起きてしまうではないですかー」
 起きてしまうと言っても、起こさないことはできるよね。
「無限ループを、ですかー?」
 たとえば、さっきの例では、《ポールポジション》発動中に《巨大化》を発動したことが、そもそもの原因だ。
「ですねー」
 だから、後付け設定は、この《巨大化》の発動を禁止する。
「はいー?」
 分かりやすく言うと、「これをやったら《ポールポジション》で無限ループするなあ」と事前に予想できる行為は、一切禁止されている。
「禁止ですかー? でも、それは無茶ですよー」
 無茶だけど、禁止されている。だから、さっきの例では《巨大化》を使いたくても使えない。
「欠陥が見つかったから、その点に気をつけて使ってくれということですかー」
 そういうことだね。とは言っても、どう気をつけても不可抗力でループすることはあるけどね。
「たとえば、先ほどの例で、わたしの攻撃力5000モンスターが裏守備表示の場合なんかですねー」
 ぼくが《巨大化》を装備した攻撃力3000で攻撃すると、裏守備モンスターが表守備状態になるね。
「すると、隠していた攻撃力5000が明らかになりますねー」
 また同じ状況になって、同じ無限ループが起きるね。まあ、問題点はそんな感じかな。
「しかし、わたしの友達は、《ポールポジション》をもう少し違う方法で使っていましたけどー」
 と言うと?
「友達の場にだけモンスターがいたのですよー。そして、装備魔法を無効化された攻撃力1800のモンスターに、わたしは直接攻撃されたのですよー」
 そこで、きみは《冥府の使者ゴーズ》を使おうとしたんだね? もちろん、友達は《ポールポジション》を発動済みだった、と。
「せんせー。話のテンポを重視しすぎて、不自然ですよー? エスパーですかー」
 まあ、大体の予想はつくんだよ。

「それでですねー。友達が『ゴーズ出せないよ。だって2700だもん』と言ったのですよー」
 その友達が全面的に正しいね。
「なんでなのですかー?」
 それも日本語としては変だね。しかし、なぜ出せないのかはついさっき言ったばかりだよ。
「そうでしたっけー?」
 仮に、きみがその場で《冥府の使者ゴーズ》を出したとする。すると、《ポールポジション》の無限ループが起きるんじゃないのかい?
「ええー?」
《冥府の使者ゴーズ》が効果で場に出てくるよね。そいつは攻撃力2700だよね。つまり、フィールド上で最強になるわけだね。
「そうですねー」
 すると、装備魔法を無効化された攻撃力1800、という友達のモンスターは、おそらく攻撃力2800くらいになるね。
「せんせー。分かりましたー。そう言えばそうでしたー」
 そうなったら、あとは攻撃力2700のゴーズに対して、攻撃力1800が2800になったり、ならなかったりする永久連鎖だからね。
「せんせー。《ポールポジション》って、モンスターを出すことも禁じていることになりませぬかー?」
 禁じているね。この場合は、攻撃力1850から2750のモンスターを出すと無限ループが起きる。だから、追加ルール上、そのモンスターは出せないんだ。
「汚いですよー。卑怯ですよー。こんなの、せんせー並にやり口がいやらしいですよー」
 ちょっと待ってほしいな。ぼくはここまでひどくはないよ。
「似たようなものですよー。だって、せんせー、ゲームでは100対16000で勝つのでしょー?」
 ……そうだね。
「一応聞きますけどー、それって、どーやって勝っているのですかー?」
 いや、今回はカード名を三枚分出し切ってしまったからね。これ以上言うことはできないよ。
「しかも、1ターンキルをするのですよねー? デッキにモンスターや罠はありますかー?」
 ……エクストラデッキには、もちろんシンクロモンスターが入っているさ。
「せんせー」
 仕方ないんだよ。一分で終わるデュエルなんて、普通のデッキでは無理なんだから。
「そんなデュエルが楽しいですかー」
 勝てば官軍って言葉があるじゃないか。
JUGEMテーマ:遊戯王

スポンサーサイト

  • 2012.03.30 Friday
  • -
  • 09:03
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
PR
ピンポイントレッスン
遊戯王ZEXAL ピンポイントレッスン
遊戯王ARC-V ピンポイントレッスン
遊戯王OCG ピンポイントレッスン
リンク
遊戯王OCG公式
OCGカードデータベース
アクセスカウンタ
ブログパーツUL5
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM