<< せんせーにわたしは問題を担げる(その三) | main | せんせーとわたしとあれとそれと(その2) >>

スポンサーサイト

  • 2012.03.30 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


せんせーとわたしの軽いお話(その1)

(破壊も除外も戻すも不可能、徹底効果耐性の遊戯王殺し)「《光と闇の竜》の効果」
「せんせーっ。わたし、【ドラゴン族】を改良してみましたー」
 そうかい? たしか、きみは【機械族】使いになっていたと思うんだけど。
「いーえ、【機械族】は気の迷いみたいなものですよー」
 ぼくとしては、きみの性格と【機械族】はなかなか相性がいいと思っていたんだけどね。
「そーですかー?」
 うん。天敵を数多く備えているところ、派手好きなところに加えて、定期メンテナンスをしないと錆び付いてしまうところに……
「せんせー。わたしは【機械族】使いではあっても、機械使いではないのですよー」
 これはしまった。勘違いしていたよ。
「もー少し、違うところで謝ってほしーのですけどー……」
 他に心当たりがないな。
「【機械族】だけに、機の迷いなのですよー」
 さて。それで、【ドラゴン族】をどう改良したのかな。コアキメイルくんを入れたのかい?
「《光と闇の竜》を入れたのですよー」
 ……へえ。似合わないことをするね。
「そーですかー?」
 まったく、きみはいつもいつも、デッキをいじるたびに問題を抱えるものだね。
「とりしゅーら」
 うわあああっ!
「……せんせー、なにか言いましたかー?」
 ごめんなさい……ごめんなさい……。
「謝る必要はないのですよー」
 そうかい? そうだね。ぼくは間違ったことは言ってないはずだ。
「とりし」
 じゃあ、どの辺りに問題があるか、それを語るとしようか。論理的に。平和的に。紳士的に。
「せんせー。わたしたちが紳士とは限らないのですよー」
 淑女かもしれないからね。
「どころか、どちらでもない可能性もありますよー」
 それは曖昧なままにしておこう。さて、まずは《光と闇の竜》の基本的なところからだ。

「《光と闇の竜》と書いて、ライトアンドダークネス・ドラゴンと読むのですよねー」
 書いていることそのままを読み上げる必要はないんだよ。
「しかし、せんせー。このカードの効果は簡単だと思うのですよー」
 そうかい?
「簡単に言うと、チェーンブロックを作る効果の発動に反応して無効とするのでしょー?」
 ……馬鹿な。きみが……きみが『チェーンブロック』なんて言葉を使うとは……。
「すごいでしょー。少しだけルールを学んだのですよー」
 まあ、解釈を間違っているけどね。
「そんなー!」
 しかし、これは説明に困るカードだ。よくもこんなものを使ってくれるものだよ。
「仮にもドラゴン族使いですからねー」
 おかしいな。ぼくの知るきみの設定は……。
「それで、せんせー。《光と闇の竜》の効果は、簡単に正しく言うとどーなるのですかー?」
 うん。モンスターの効果と魔法・罠の発動を無効にするね。
「それだけ聞くと、強そーですねー」
 実際、強いけどね。……ただし、《光と闇の竜》はモンスター効果のすべてまでは無効化できない。『発動』するものにしか反応しないんだ。
「そーなのですかー?」
 たとえば、《マシュマロン》の『このカードは戦闘では破壊されない』というモンスター効果は、発動しない種類の効果だ。『発動』せず、そのまま『適用』されている。

「チェーンブロックを作らないのですねー」
 発動というのは書類チェックみたいなものだよ。問題がなければそのまま判を押して処理されるけど、問題があれば却下される。『発動する』・『チェーンブロックを作る』というのは、その審査を受けることだね。
「『戦闘では破壊されない』は審査要らずで、突き返すのが『無効』なのですねー?」
 そうなるね。だから、《光と闇の竜》の効果は、チェックにかけた書類をほとんど見境なく却下するようなものだ。出す側にとってはたまったものじゃない。
「しかし、却下しない発動もあるのですよねー?」
 あるよ。《光と闇の竜》が無効にする発動は、魔法・罠カードの『カードの発動』だ。一方で『効果の発動』はすべて無視する。
「どー違うのですかー?」
 例を出そう。たとえば、ぼくが前もって《波動キャノン》を発動していたとする。そこにきみが《光と闇の竜》を召喚した。

「いかにも、せんせーの使いそーなカードですねー」
 そこでぼくが次のターン、《波動キャノン》の効果を発動すると、これは《光と闇の竜》に無効化されそうで、無効化されない。
「なぜなのですかー?」
 ぼくは『魔法カードを』発動したわけじゃなく、魔法カードの『効果を』発動したからさ。
「……せんせー。わかりにくいですよー」
 つまり、『魔法カードの効果を発動!』という場合が『効果の発動』で、一般的な『魔法カードほにゃららを発動!』という場合が『カードの発動』だ。《光と闇の竜》は『カードの発動』だけを無効にする。
「なるほどー」
 さらに簡単に言うと、フィールドですでに表になっている魔法や罠は無効化できないんだ。
「なるほどー」
 そして、モンスターの効果はどこで発動しても無効にするけど、発動自体しない効果は無効にできない。
「……むずかしーのですねー」
 だから、きみの設定とは噛み合わない気がしたんだよ。
「いちおー聞きますけどー。せんせー、モンスターの効果が『発動』するかどーかは、どーやって見分けるのですかー?」
 そんな方法はないよ。
「………………」
 カード一つごとに『これは発動する』、『発動せず適用される』、『第一の効果は発動するけど第二の効果は発動しない』と覚える必要がある。
「……そんな馬鹿なー」
 ざっとした分類法を挙げるなら、積極性のない効果や常に有効な効果は、大体が発動しないよ。
「《マシュマロン》みたいに、ですかー」
 そうだね。けど、《マシュマロン》のダメージ効果は『発動』する。これは、何となくで捉えるしかないことだけどね。
「正確な分類法はないのですかー?」
 あるよ。インターネットを使ってWikiを見れば丸分かりだ。
「他に方法はないのですかー?」
 こなみんに電話すればいいんじゃないかな。
「ないのですねー……」
 ないんだよ。だから、それも合わせて《光と闇の竜》はお勧めできないよ。なにせ面倒だ。記憶力を使うし、判断力を削るし、それに真っ向勝負な戦いはできない。
「そーですかー?」
 これは、遊戯王カード上稀に見るコントロール系カードだからね。効果の自他を問わず問答無用に無効とする。扱いの面倒なカードだ。
「もしかすると、これはせんせー向けのカードなのでしょーかー……」
 いやいや。こんなカード、二度くらい無効効果を使ったら攻撃力1800だよ。それじゃあ簡単に殴り倒されるね。ぼくなら使わない。
「せんせー……」
 それでも、きみに使い方を教えるくらいのことはできるけどね。うまく使えば、このカードは相手の手出しを封じられる素敵さんだ。
「素敵さんですかー」
 最大四回まで効果を無効化する最上級モンスター。次に語るべきはその出し方だね。
「せんせー。いちおー言いますけどー、このカードは特殊召喚できませんよー?」
 大丈夫、分かっているさ。ぼくは生け贄を揃える程度のやりかたなら心得ているんだよ。
「ついでに、リリースという新用語も心得てほしーのですけどー」
 生け贄のほうが、分かりやすくていいじゃないか。
JUGEMテーマ:遊戯王

スポンサーサイト

  • 2012.03.30 Friday
  • -
  • 08:55
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
PR
ピンポイントレッスン
遊戯王ZEXAL ピンポイントレッスン
遊戯王ARC-V ピンポイントレッスン
遊戯王OCG ピンポイントレッスン
リンク
遊戯王OCG公式
OCGカードデータベース
アクセスカウンタ
ブログパーツUL5
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM