<< せんせーもわたしもドリルも壊れる(その5) | main | せんせーとわたしは問題に傾げる(その二) >>

スポンサーサイト

  • 2012.03.30 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


せんせーはわたしに問題を掲げる(その一)

※この記事は10/03/01時点の禁止・制限カードリストに準拠して作成されています。

(手札は無価値。墓地は第二の場。強すぎて強すぎる遊戯王暗黒時代)【インフェルニティ】
「せんせーっ。友達が新しいデッキを作ったのですよー」
 へえ。なにかな。きみの友達なら【闇遊戯デッキ】とか、面白いものを作るのかな。
「たしかに闇なのですけどー、少し大人気ないデッキなのですよー」
 マイナーデッキということかい?
「いーえ、大人気なデッキではあるのですけどー……」
 まさか、【ブラックフェザー】とか【ライトロード】とか、一線級のデッキじゃないだろうね。
「【インフェルニティ】なのですよー」
 …………。
「どーしたのですかー?」
 おかしいな。たしか、きみの友達は【エクゾディア】だけは使わない人だったはずだけど。
「無条件に0ターンキルしてしまいますからねー」
 なのに、どうして【インフェルニティ】を使うんだい? あれほど『手札さえよければ勝てる』デッキも珍しいのに。
「何でも、手加減するのが嫌になってきたらしーですよー」
 ……まあ、わざわざ使いづらいデッキを用意しないといけないからね。
「それに、弱いデッキで勝つと、それはそれでイカサマを疑われるのですよー」
 難儀だなあ。
「なので、引きの良さ悪さ以上に、デッキパワーの目立つデッキを使うことにしたとかでー」
 元が強いデッキなら、引きの強さが目立たないということか。そう言えばそうだね。
「ところでですねー。せんせー」
 なんだろうか。
「わたし、【インフェルニティ】が強いことは知っているのですけどー、あれがどーして強いかは分からないのですよー」
 きみは調べるということをしないからね。
「わたしが調べてしまっては、せんせーの存在意義がなくなるのですよー」
 持ちつ持たれつというやつか。それじゃあ、今回は『インフェルニティ』の代表的なモンスターを解説しようか。
「代表的な、ですかー?」
 間違いなく、本気で【インフェルニティ】を作るなら必要な三体だよ。
「名前をどーぞー」
 一体目は《インフェルニティ・デーモン》。あとの解説で分かるけど、まさにこいつは悪魔だ。死んでしまえ。
「……せんせー? なにがあったのでしょーかー?」

 いや、今の発言は『早急に墓地へ行って蘇生カードで活躍しろ』という意味だよ。
「それは嘘でしょー。どれだけ憎いのですかー……」
 二体目は《インフェルニティ・ネクロマンサー》。実質的に表側守備表示で召喚できる、珍しいモンスターだ。

「安全を確保した上で、いきなり効果を発動できるのですねー」
 三体目は《インフェルニティ・ビートル》。チューナーモンスターで、自身を生け贄にデッキから他の自分を出せる。

「増える効果とは、びみょーですねー」
 この三体をそれぞれ三枚入れていたら、それは間違いなく【インフェルニティ】だ。対戦時には、いつでもサレンダーできる心構えでいよう。
「……せんせー。別に、この三体を怖いとは思わないのですけどー」
 だろうね。ここまでの説明では、それぞれが『手札が0枚の時にしか効果発動できない』ことしか分からない。
「では、今回の話に意味はないのですかー? 次回に続くつもりなのですねー?」
 次回には続くよ。でも、その前に、覚えておいてほしいことをいくつか言っておこう。
「なんでしょーかー?」
 まず、《インフェルニティ・デーモン》のレベルは4。《インフェルニティ・ネクロマンサー》は3。《インフェルニティ・ビートル》は2だ。合わせると9になる。
「そーですねー」
 次に、『インフェルニティ』モンスターはすべて闇属性だ。これも重要なことだね。
「そーですかー」
 加えて、《インフェルニティ・デーモン》の効果でデッキから引っ張る『インフェルニティ』は、モンスター・魔法・罠のどれでも大丈夫だ。
「なるほどー」
 最後に、《インフェルニティ・デーモン》はとても高価なカードだったはずだ。きみの友達は、どうやってあれを手に入れたのかな。
「わたしたちには買い物の概念がありませんからねー」
 なるほど。たしかにそうだったね。それじゃあ、次に移ろう。
無手効果連鎖(ハンドレスコンボ)の真髄を、見せてもらいましょー」
 見たくなくなると思うよ。ぼくがそうだったからね。
「せんせーは、どこで見たのでしょーかー?」
 それは秘密だよ。きみが無茶ルビを使う理由くらいには。
JUGEMテーマ:遊戯王

※この記事は10/03/01時点の禁止・制限カードリストに準拠して作成されています。

スポンサーサイト

  • 2012.03.30 Friday
  • -
  • 18:38
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
PR
ピンポイントレッスン
遊戯王ZEXAL ピンポイントレッスン
遊戯王ARC-V ピンポイントレッスン
遊戯王OCG ピンポイントレッスン
リンク
遊戯王OCG公式
OCGカードデータベース
アクセスカウンタ
ブログパーツUL5
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM