<< せんせーとわたしのタッグデュエル | main | せんせーとわたしの特殊裁定・ポールポジション >>

スポンサーサイト

  • 2012.03.30 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


せんせーが一人で超特化(そばにわたし)

(あらゆるデッキと渡り合える、勝率低めの完成デッキ)【超特化凡骨エクゾディア】
「せんせーっ。今日はせんせーのデッキを教えてくださいー」
 ぼくのデッキ? いいけど、どうしようかな。
「高くつくと言うつもりですかー?」
 いや、安いよ。ぼくのデッキはお安くできるんだ。
「デッキは持ち主の心を表すのですねー」
 デッキと心に関係はないよ。
「では、せんせー。どんなデッキを使っているのですかー?」
 それをぼくに訊くのかい?
「訊かないと、後々のお話と矛盾が出ますからねー」
 ……それは、どういうことだい?
「言えませんよー。実はこの後のお話は三ヶ月ほど前に生まれていたとか、言えるはずないではありませんかー」
 なるほど。何となく察したよ。
「それで、せんせー。せんせーのデッキは何なのですかー?」
 ずばり言おう。ぼくのデッキは【超特化凡骨エクゾディア】だよ。
「長いですよー。素直に【エクゾディア】と言ってくださいよー」
 いや、このデッキは普通の【エクゾディア】じゃないよ。そんなつまらないものじゃない。
「それほど大層なものには思えないのですけどー」
 このデッキは、ただ一つの魔法カードをキーカードとしている。それ以外はほとんど飾りだ。
「では、そのカードは何なのですかー?」

《凡骨の意地》だよ。永続魔法で、ドローフェイズに通常モンスターを引いた場合、追加でドローできる。……おっと、ここは引いた『場合』より引いた『時』と言うべきかな。
「その違いは何なのですかー?」
 これは『タイミングを逃す』という遊戯王史上最悪のルールに関係したことだよ。今は気にしなくていい……はずだ。
「あやふやなのですねー」
 さて。《凡骨の意地》の最も良い点は、1ターンに何度でも効果が発動することだ。通常モンスターを見せて追加ドロー。そこでまた通常モンスターを引けば、もう一度追加ドローできる。確実に通常モンスター以外をドローさせてくれるカードと言うこともできるんだ。
「ドロー、モンスターカード、ドロー……なのですねー」
 だから、ぼくのこのデッキは、ほとんどが通常モンスターで占められているんだ。効果モンスターはただ一体、エクゾディア本体だけだよ。
「すると、せんせーの言う超特化とは、《凡骨の意地》だけがすべてという意味なのですねー?」
 そうだね、と言ってもいいんだけど。それは少し違う。《凡骨の意地》を三枚だけデッキに入れて、残りはモンスターだけ、なんてのはただの特化だよ。勝率がまるで頼りない。
「すると、せんせーは《凡骨の意地》を四枚も五枚もデッキに入れるのですかー?」
 ルール違反だよ。できないものはできないんだから、よそうよ。ぼくは卑怯だけど、ルールを破ったりはしない。正々堂々卑怯なんだよ。
「なぜ誇らしげなのですかー?」
 誇っているからだよ。
「……では、せんせー。《凡骨の意地》と通常モンスターとエクゾディア以外に、デッキに何を入れるのですかー?」
 そうだね。間違っても罠を入れたりはしないから、ここは消去法的に魔法カードを入れることになる。
「消去法なら、入れなくてもいーと思うのですけどー」
 勝率を上げるためだよ。……気付いたかもしれないけど、このデッキは、1ターンのドローで一気にエクゾディアを揃えるのがコンセプトだ。けど、このままではそれが難しい。なぜか分かるかな。
「考える間でもありませんよー。せんせー、仮に1ターン目に《凡骨の意地》を出して維持できたとして……意地だけにー」
 脇道に逸れてるよ。
「無事に効果を発動できたとしてですねー、デッキの中には《凡骨の意地》とエクゾディアの本体が残っているのですからー、全部が揃う前に追加ドローできなくなりそーですよー」
 そうだね。それがただの【特化凡骨エクゾディア】の弱点だ。
「……せんせー。その、特化や超特化という呼び名にどんな意味があるのですかー?」
 実は、意味なんて無いんだけどね。せいぜい、元ネタがよそにあるというくらいかな。
「意味があるのではないですかー?」
 さてね。それで、このままだと、ただ都合よくエクゾディアが揃えばいいな、というだけのデッキになる。そんなのは嫌だからね。だからぼくは夢を忘れないのさ。
「涙をこぼさないのは分かりましたけどー、これいじょー、どーやって勝率を上げるつもりなのですかー?」
 簡単なことだよ。《凡骨の意地》はドローフェイズでさえあれば、どんなドローにも反応する。『タイミングを逃す』場合を除いてだけどね。……あ、ちょっと面白い。
「なにが面白いのか分かりませんよー。……つまり、別のカードの効果でドローするのですかー?」
 そうだよ。それも、罠みたいに1ターン待つ必要のないカード、速攻魔法でドローするんだ。
「速攻魔法で連続追加ドローと言うと、暗示的ですねー」
 そんなことはないよ。あのカードは手札を捨てて、ドローしたカードも捨てるから、この戦術とは全然関連しないね。
「そーですかー?」
 そうだよ。さて、そういうわけで、ドローフェイズに追加ドローできる速攻魔法をありったけ投入しよう。
「ありったけですかー。デッキのほとんどが通常モンスターなのではなかったのですかー?」
 その言葉に偽りは無いよ。ここで追加される速攻魔法は、わずか二種類だからね。
「では、ありったけと言っても六枚ではないですかー」
 まあまあ。これで、意外と何とかなるんだよ。
「では、せんせー。その速攻魔法とは何なのですかー?」
 一つ目は《リロード》。単純な手札切り替えのカードだよ。

「シンプルですけどー、普通なら使いたくないカードですねー」
 手札切り替えと言っても、このカードの一枚分損をするからね。それに、手札自体が少ない状況では大して活躍しない。
「逆に言うなら、このデッキにはぴったりと言うことですかー?」
 そうだよ。そして、二枚目は《手札断札》だ。このカードも一枚分損をする。

「手札を捨てて引くのですかー。……せんせー、気になったのですけどー」
 何だろうか。
「このカード、お互いに二枚捨てて二枚引くのはいーのですけどー、もし相手の手札が二枚も無かった場合は、どーなるのですかー?」
 簡単だよ。そもそも発動できない。もしも発動後にどちらかの手札枚数が足りなくなったら、その場合も効果は使えない。
「……弱そーなカードですねー」
 そうかな。このデッキは序盤から《凡骨の意地》を発動することが前提になっているから、相手の手札は残っているはずだよ。
「相手が自分の手札を減らしにかかったら、どーするのですかー?」
 ……もしもそんなことをする相手がいたら、それは初心者だろうね。
「最近では、そーも言えませんよー?」
 へえ……。最近と言われると、どうもぼくは弱いな。
「せんせーは弱いのですよねー」
 都合の悪いところだけ取って言わないでほしいな。
「では、せんせー。デッキの話に戻りましょー」
 デッキの話? もう話し終わってるよ。
「せんせー。馬鹿は休み休み話してくださいよー」
 …………。
「せんせーは馬鹿だったのですねー」
 しまった。
「しかし、せんせー。今の話だけでは、《凡骨の意地》と《リロード》と《手札断殺》のことしか分かりませんよー」
 それでいいんだよ。このデッキはそれがすべてなんだ。
「……そんな、まさかー」
 だから超特化なんだよ。これ以上のバランスはありえないな。
「せんせー。ドローできる速攻魔法はまだ残ってますよー!」
 そうかい? それはうっかりしてたな。
「《モンスター回」
 待った。
「……せんせー?」
 言っておくけど、あれは使えない子だ。ぼくも一度使っていたけど、結局《手札断札》で捨てられる役回りが一番多かったんだ。
「場にモンスターが残らないのですねー……」
 そうだよ。守備力の高い通常モンスターや攻撃力の高い通常モンスターを用意したところで、たかが知れているからね。
「通常モンスターでシンクロ召喚する手もありますよー?」
 ……確かに、実はレベル6の魔法使い族シンクロモンスターが第二の矢、もとい第二の核ミサイルになることもまれにあるけどね。
「核ミサイルは言い過ぎですよー」
 そうだね。シンクロ素材がウィルス媒体で有名な詐欺師だから、ここは細菌テロ関連で言うべきだった。
「せんせー……どーしてカード名を出さないのですかー?」
 一度に出す《》付きのカード名は三つまでと決めてあるからね。
「いずれ破られる決まりですよー」
 だとしても、ここでは守られていた決まりなんだよ。
「……せんせー。そう言えばですねー」
 何だろうか。
「大事なことを聞き忘れていたのですよー」
 ああ、このデッキがどれだけお安くできるかかな?
「いえ、それはいーのですよー。それよりも、どーしてこんなデッキを作ろーと思ったのですかー?」
 勝負が簡単になるからね。何より、一度作ってしまえば分解する必要が無い。
「どーいうことでしょーかー?」
 普通のデッキは、たとえば【エクゾディア】にしても、新たなドローカードが発売されるたびにデッキの中身を入れ替えたりするだろう? このデッキは、使うカードの種類が特殊だから、そんなことをしなくてもいいんだよ。
「もしも《凡骨の意地・2》が出たら、どーするのですかー?」
 それはこなみんが狂気に陥ったというだけのことだよ。このデッキに投入されるカードが登場するとしたら、それはドロー系速攻魔法かレベル2通常チューナーかな。
「入れ替える可能性があるのではないですかー」
 もしもそんなカードが登場したら、このデッキの勝率は洒落で済まないほどに跳ね上がってしまうよ。だから、逆に登場しないだろうと思っているんだ。
「せんせーはこなみんを信頼しているのですねー」
 信用も信頼もしてないよ。このデッキのコンセプトは『完成して終わっている』ことでもあるから、使える新規カードなんて出てほしくないだけなんだ。
「では、もしもそんなカードが出たら、どーするのですかー?」
 ……看板は偽りでした、と言って、おとなしくデッキを改良するかな。
「詐欺師はせんせーではないですかー」
 ぼくはただ、真っ向から勝負しないだけだよ。
JUGEMテーマ:遊戯王

スポンサーサイト

  • 2012.03.30 Friday
  • -
  • 09:55
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
PR
ピンポイントレッスン
遊戯王ZEXAL ピンポイントレッスン
遊戯王ARC-V ピンポイントレッスン
遊戯王OCG ピンポイントレッスン
リンク
遊戯王OCG公式
OCGカードデータベース
アクセスカウンタ
ブログパーツUL5
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM