<< せんせーとわたしの時が止まる | main | せんせーとわたしはドリルで貫く(その2) >>

スポンサーサイト

  • 2012.03.30 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


せんせーとわたしはドリルを回す(その1)

(終わらない回収サイクル。墓地を手札にする遊戯王の進化)「《ドリル・ウォリアー》の使用」
「せ、せんせー! なにをやっているのですかーっ!?」
 どうしたんだい。新しい始まり方だね。
「せんせー! そのデッキは何なのですかー!」
 なにって、ただのデッキだよ。ぼくだって実物のカードを持ってないわけじゃないからね。
「そーではないのですよー! どーしてせんせーがシンクロモンスターを持っているのですかー!」
 シンクロモンスターを使うのはきみだけじゃないんだよ。
「……せんせー。アニメはGXまでしか見ていない設定だったのではー」
 いいんだよ。ほとんど明らかになってない設定なんて、存在しないようなものだよ。
「せんせー。もしかして、パックを買って、たまたまシンクロモンスターが当たったのですかー?」
 違うよ。パックなんて買うはずないじゃないか。これは必要だから入手したんだよ。
「そんなー……。せんせーがチューナー指定のあるシンクロモンスターを手に入れるなんて、なにがあったのですかー」
 なにが、と言われてもね。新たなデッキを作り出す際に必要だっただけだよ。
「『集いし……」
 きみの懸念は分かったよ。たしかに、シンクロモンスターは攻撃的なカードがほとんどだからね。相手モンスターを無視して勝利するぼくの設定とは噛み合わない。
「もしや、せんせーの設定が変わったのですかー?」
 いや。ぼくの設定はそのままだよ。名前は未だに『せんせー』だし、ビジュアルもはっきりしていない。
「では、どーして《ドリル・ウォリアー》を持っているのですかー」
 それは、使うからさ。
「《ドリル・ウォリアー》と卑怯なせんせーのイメージが、繋がりませんよー」

 なるほど。もしや、きみはぼくが攻撃のために《ドリル・ウォリアー》を使うと思っているのかい?
「違うのですかー? ダイレクトアタックの効果があるではないですかー」
 それは二の次だよ。ぼくが重要視しているのは、《ドリル・ウォリアー》の二つ目の効果だ。
「えーと……自分のターンに手札を捨てて、自身を除外する効果ですかー?」
 さらに、次のターンに戻ってきて墓地のモンスターを回収する第三の効果もある。
「これが、そんなに重要なのですかー?」
 超重要だよ。この効果、二つ目と三つ目はセットで考えると分かりやすい。
「自分のターンに消えて、次の自分のターンに戻ってくるのですねー」
 そして、消えるときは手札を捨てて、戻ったときは墓地からモンスターを拾う。
「……分かりませんよー。これでは、墓地にあるモンスターを手札一枚と交換できることしか分かりませんよー」
 これはさながら、生きた《死者転生》だね。何回でも効果が使える分、こちらのほうが優秀だ。
「しかし、そーやって再利用するまでに、《ドリル・ウォリアー》は一度場を離れるのでしょー? 無防備になるではありませんかー」
 それは別の回で言うとしようかな。だから、今回はきみが《ドリル・ウォリアー》の活用法を考えてみるといいよ。
「……むー。そーですねー。せんせー、ヒントをお願いしますよー」
 じゃあ、一つだけ質問に答えてあげよう。
「せんせー。ずばり、どーやって《ドリル・ウォリアー》を活用するのですかー?」
 なにが『ずばり』なんだい。それは答えだよ。もう少しまともな質問で頼むよ。
「では、《ドリル・ウォリアー》は、せんせーが使う新しいデッキで、何番目くらいに重要ですかー?」
 一番目だね。
「なんとー!」
 このカード無しにこのデッキは成り立たないな。《インフェルニティ・デーモン》無しに【インフェルニティ】が成り立たないくらいには。

「そこまでですかー」
 千年パズル無しに『遊☆戯☆王』が成り立たなかったくらいには。
「そんなにですかー」
 タイピング無しにこの会話が成り立たないくらいには。
「それは言ってはいけませんよー」
 それはともかく、どうだろう。答えが分かったかな?
「……召喚時に強い効果を発揮するモンスターを、何度も《ドリル・ウォリアー》で回収すれば、強いと思うのですよー」
 なるほど。そういう考え方もあったね。
「正解ではないのですかー?」
 それはどうかな?
「答えてくださいよー」
 そうだね。まあ、三分の一だけ正解。三十三・三点ってところかな。
「残りは何なのですかー?」
 重要な効果は、何度も墓地から回収できる点と、効果で捨てることができる点だよ。
「……せんせー。長く話そーと思っているのですねー」
 とりあえず、今回言うべきことだけ、幾つか言っておこう。
「では、どーぞー」

 それじゃあ、《死者転生》と《ドリル・ウォリアー》の違いだね。《死者転生》は自身と合わせて手札を二枚使うけど、《ドリル・ウォリアー》は一度出れば、何度効果を使っても一枚の変換で済む。代わりに、最初に出す時に手札が多めに減る。
「シンクロ召喚ですから、モンスターが二体は必要ですねー。すると、一長一短ですかー」
 そうだね。しかも、《ドリル・ウォリアー》のシンクロ召喚には扱いづらい専用チューナーが必要だから、普通のデッキなら《死者転生》を使う。
「逆に、特化すれば《ドリル・ウォリアー》も使えるとー?」
《ドリル・ウォリアー》も《ドリル・ウォリアー》で、一部のデッキとは途轍もない相性のよさを発揮するからね。
「せんせーのデッキも、そーいうものなのですねー」
 それは少し違うな。
「……なにがですかー?」
 ぼくの新デッキは、《ドリル・ウォリアー》と相性がいいわけじゃない。《ドリル・ウォリアー》があるから新デッキがあるんだよ。
「細かいですねー」
 そうかな。まともなことを言ったつもりなんだけど。
「作者がいたから物語があった、というよーなものでしょーかー」
 そんな感じだね。
「遊戯王があったからこの話があった、というよーなものでしょーかー」
 そんな感じだよ。それじゃあ、次回の次回には《ドリル・ウォリアー》の『墓地のモンスターを回収できる効果』に着目してみよう。
「せんせーには使い回したいモンスターがいるのですかー?」
 いるよ。実は、《ドリル・ウォリアー》だけじゃなく、そのモンスターの存在も合わせて、初めてこのデッキを作ろうと思い立ったんだ。
「シンクロモンスターを第一にして、第二も別のモンスターですかー。モンスターを嫌うせんせーには、珍しーですねー」
 まあ、このデッキは殴り勝つコンセプトのデッキだからね。特殊な勝利を目指したりはしない。
「……せんせー。それは、設定が変わったのではないですかー?」
 問題ないよ。ぼくたちのキャラ設定は、あのサッカーワールドカップ以前から変わらない。
「いつのワールドカップですかー? 分かりませんよー」
 次回の次回で、ぼくがなにも変わっていないことを証明してあげよう。
「どーして、次回ではなく次回の次回なのですかー?」
 ……だって。『使用』とくれば、次は『活用』じゃないか。
「…………?」
 だから、ぼくの本領は三番目にならざるを得ないんだよ。
「せんせーの言ってることは、とことん分かりませんよー」
 次回は、きみが答えた三十三・三点の内容を考えることにするんだよ。
「召喚時に強いモンスターの再利用ですかー……」
 あまりにまともすぎて、ぼくの領分から外れそうな戦術なんだけどね。
「そー言いつつ、実際には三割以上も使っているのですよねー」
 三割三分三厘くらいは使っているね。……まあ、いいじゃないか。
「せんせー、本当はキャラブレしているのではと思うのですけどー」
 それを言うなら、きみも言葉遣いが若干変わっているんだけどね。
「何のことでしょーかー」
 何のことだろうね。
JUGEMテーマ:遊戯王

スポンサーサイト

  • 2012.03.30 Friday
  • -
  • 22:50
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
PR
ピンポイントレッスン
遊戯王ZEXAL ピンポイントレッスン
遊戯王ARC-V ピンポイントレッスン
遊戯王OCG ピンポイントレッスン
リンク
遊戯王OCG公式
OCGカードデータベース
アクセスカウンタ
ブログパーツUL5
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM