<< せんせーのデッキ破壊1ターンキル【2ターン目】 | main | せんせーとわたしはドリルを回す(その1) >>

スポンサーサイト

  • 2012.03.30 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


せんせーとわたしの時が止まる

(終わりをひたすら繰り返す、手痛い停滞の陥穽完成)「世界」
「せんせーっ。友達に負けましたーっ」
 へえ。
「せんせー! 友達に負けましたー!」
 繰り返さなくてもいいよ。それで、どうしたんだい?
「せんせー。わたしが負けたというだけでは足りないのですかー?」
 きみが負けるのはお決まりのパターンだからね。
「では、例によって友達が新たなデッキを使い出したのですよー」
 おや。すると、ようやく【ハイランダー】をやめたのかな。
「あのデッキでは、対応力がありすぎて勝負にならないのですよー」
 ……何ら間違ってないけど、まるで【ハイランダー】が強いみたいな言い方だね。
「なので、友達は色々と試行錯誤しているよーなのですよー」
 つまり、勝負を成り立たせるためにデッキを弱体化させているわけか。
「そ、そーだったのですかーっ!」
 なんだと思っていたんだい。
「しかしですねー。わたしは【ハイランダー】以上の悪夢を見たのですよー」
 これもまたお決まりだから、もちろん聞こう。どんな悪夢だったんだい?
「《アルカナフォースXXI−THE WORLD》が出てきたのですよー」

 ……へええ。厄介な奴が出てきたんだね。
「友達は《光の結界》を張っていたので、正位置……表の効果を得たのですよー」
 あれ? 《光の結界》を? 張っていたのかい?

「当然ですよー。でなければ、《アルカナフォースXXI−THE WORLD》は使えたモンスターではありませんからねー」
 なるほど。きみの友達はギャンブルデッキに向いているというわけじゃなさそうだ。
「せんせーは、わたしの友達を何だと思っているのですかー」
 主人公かな。
「そんなことはありませんよー」
 じゃあ、主人公属性かな。
「それはありますねー」
 しかし、コイントスに弱いというのは救われる話だよ。
「それでですねー。わたしは《アルカナフォースXXI−THE WORLD》を倒せなかったので、毎ターンスキップされたのですよー」
 ちょっと待とう。
「なんでしょーかー?」
《アルカナフォースXXI−THE WORLD》がターンを飛ばすのはいいよ。そういう効果だからね。だけど、『毎ターン』は聞き捨てならないな。
「しかしですねー。毎ターンは毎ターンですよー」
 すると、きみの友達は何ターンも墓地に送るためのモンスターを確保できていたのかい?
「そーですよー。友達は《サクリファイス・ロータス》二体を墓地に置いていたのですよー。」

 ……相変わらずだなあ、きみの友達は。
「なにが相変わらずなのですかー?」
 大体の流れは分かったよ。おさらいしてみよう。
「まずですねー、わたしのターンが飛ばされたのですよー」
 それは最後の段階だよ。まず、きみの友達は《光の結界》を発動したはずだ。
「そーですねー。このカードは『アルカナフォース』のコイントス結果を好きに選べるカードですからねー」
 そして、《光の結界》を発動したターン中に《アルカナフォースXXI−THE WORLD》を場に出したんだね。
「そのとーりですよー」
《光の結界》の効果によって、《アルカナフォースXXI−THE WORLD》は間違いなく正位置の、つまり表の効果を得る。
「なので、あとはエンドフェイズに墓地へ送るモンスターを確保し続ければ、ずっと友達のターンなのですよー」
 毎ターン、モンスターを二体も展開し続けるのはとても難しいからね。そこで《サクリファイス・ロータス》を使ったわけだ。
「そーなのですよー。これで完璧に封殺されたのですよー」
 前から思っていたけど、きみの友達は妄想デッキを現実にする才能が凄まじいね。
「そーですかー? 今回のは、カード三種類の合計四枚をあちこちに配置しただけの結果ですよー」
 そんなに簡単なものなら、ぼくだってこのデッキを作っているよ。
「せんせー。自分が使えないからと言ってデッキを否定するのはやめましょー」
 確かに、ぼくにはこのコンボが使えないけどね。しかしきみには言われたくないな。
「どーしてなのですかー?」
 きみがこのコンボの面倒さを分かっていないからさ。
「それは、《アルカナフォースXXI−THE WORLD》を手札に加えるまでが長いということでしょーかー?」
 違うよ。試しに再度訊いてみるけど、このコンボを成立させて維持するには、何枚のカードが要るだろうか。
「天使族の特殊召喚は容易いですからねー。さっき言った通りの三種四枚があれば、大体うまく行くのですよー」
 前半は当たりだ。とある永続魔法一枚で、このモンスターは特殊召喚できるね。だけど、後半は外れだよ。
「なにが違うと言うのですかー」
 きみはテキストを読むべきだよ。《サクリファイス・ロータス》は、自分の場に魔法・罠があれば特殊召喚できないんだ。だけど、《光の結界》はフィールド魔法。加えて、《アルカナフォースXXI−THE WORLD》を出す時に、永続魔法も一枚場に出しているはずだ。
「つまり、なんなのでしょーか」
 場に魔法を出した状態でエンドフェイズを迎えても《サクリファイス・ロータス》はやってこない。つまり、このコンボには自分の魔法・罠カードを除去するカードも必要になるということさ。
「一度《光の結界》やらを使っておきながら、要らなくなったらどけなければならないのですかー?」
 そういうことだよ。それも、コンボを決めるためには出したターン中にどける必要がある。
「そーいえばー、友達は《ハリケーン》で魔法を手札に戻していた気がするのですよー」
 だろうね。だから、このコンボは実際には四枚か五枚のカードを手元に揃えられないと難しいんだ。
「それなら、エクゾディアを揃えるほーが楽なのではー?」
 そうだよ。実際の難易度は五分五分だろうけど、このコンボは相手が除去カードを伏せているだけでプランが崩れるから、相手を選びすぎる。
「相手を選ばず問答無用に卑怯なせんせーには使えないのですねー」
 そうだね。……まあ、それでも、このコンボが成立すればほぼ勝利というのはたしかだ。
「『ずっと俺のターン』ですからねー」
 しかし、実際は戦えないだけエクゾディアのほうが難しいことを承知で、ぼくならエクゾディアデッキを選ぶところだよ。
「せんせー。ここで提案してみるのですけどー」
 なんだろうか。
「このコンボが決まれば、ずっと自分のターンを続けるだけになりますよねー」
 そうなるね。と言っても、実際は3ターンくらい連続で相手を殴ったら、そこで勝負が終了すると思うけど。
「ですけどー。このコンボにあえてエクゾディアを組み合わせる手はないのですかー?」
 …………。
「ずっと自分のターンで、ずっと自分だけドローなのですから、確実に完成できますよー」
 ……だから、殴ったほうが早いと言ったんだけどなあ。
「まー、その辺りは分かってますけどー」
 本当に分かっているのかな。一度このコンボが完成したら、ほぼ無敵なんだよ。
「手札からモンスター効果で妨害されたり、しないのですかー?」
 しないだろうね。まして、きみの友達ならなおさらだよ。
「では、せんせー。わたしは友達にどう対抗したらいーのでしょーかー」
《禁止令》を三枚投入すればいいんじゃないかな。
「せんせーは何も分かってないのですねー」
 はっきり言わせてもらうと、きみの友達のデッキなんて、十枚もまともなカードがあったら機能するんだから、とても相手にできないよ。
「それはただの諦めですよー」
 王道を使っても邪道を使っても十二分に機能させるなんて、対抗できる相手とは思えないよ。
「せんせー。諦めない限り、可能性は未知数なのですよー」
 ……主人公に近いのは、きみのほうかもしれないな。
JUGEMテーマ:遊戯王

スポンサーサイト

  • 2012.03.30 Friday
  • -
  • 22:30
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
PR
ピンポイントレッスン
遊戯王ZEXAL ピンポイントレッスン
遊戯王ARC-V ピンポイントレッスン
遊戯王OCG ピンポイントレッスン
リンク
遊戯王OCG公式
OCGカードデータベース
アクセスカウンタ
ブログパーツUL5
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM