<< せんせーとわたしの『優先権』 | main | せんせーが一人で超特化(そばにわたし) >>

スポンサーサイト

  • 2012.03.30 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


せんせーとわたしのタッグデュエル

(使う機会のないことばかり、遊戯王ルールの学び舎)『タッグデュエル』
「せんせーっ。快挙ですねー」
 早速だけど、どうしたんだい。
「いえ、もう登場機会は無いものと思ってましてー。それもまさか、こんな場所でとはー」
 ……ぼくにも分かるように言ってくれないだろうか。
「あ、せんせーはまだそーいうキャラを守るのですねー」
 ぼくのキャラはずっとこれなんだけどね。
「それではせんせー、『タッグデュエル』について教えてくださいよー」
 タッグデュエルに関しては、二重鍵括弧は要らないよ。
「そーなのですかー? どんな理由からなのですかー?」
 タッグデュエルは特別な用語というわけじゃないからね。わざわざ強調しなくてもいいんだ。
「でも、タッグデュエルはかなり珍しいですよー」
 ぼくはよくやっているんだけどね。
「せんせー、それはPSPでCPUと遊んでるだけではー?」
 違うよ。ぼくは今、DSのほうをやっているんだ。新しいやつだね。
「……あの、レース要素を入れちゃったやつですかあ」
 大丈夫かい? 語尾に伸びがないよ?
「いえー。なんだか物悲しくなりましてー」
 ぼくとしても、あの手の要素は苦手だし面倒なんだけどね。
「その割にやってるのですねー」
【フルモンスター】を組んで、ガリスループキルがしたいだけなんだ。
「……」
 つい昨日も、強敵相手に先行1ターンキルを済ませたところさ。
「あまりにひどすぎて、誤字↑につっこむ気にもなれませんよー……」
 冗談だよ。それより話を戻そうか。タッグデュエルのやり方だったね。
「はいー。今度、例の友達が一緒にやろーって言ってくれましてねー」
 ああ、例の。あの子なら強いんだろうね。ちなみに何デッキと何デッキで組むんだい?
「二人とも【終焉のカウントダウン】ですよー」
 安定20ターンキルっ!?
「ではなく、【フルバーン】ですよー」
 最速3ターンキル!?
「実は二人とも【フルモンガリス】だったり……」
 最悪1ターンキル!? もはや、タッグなんて関係ないじゃないか。
「冗談ですよー。せんせーではないのですから、そんな邪道はしませんよー」
 ぼくが邪道なのは一切否定しないよ。そうさ邪道が大好きさ!
「実を言うとですねー、友達とはあえて方向の違うデッキで組もうとしてますー」
 それはいいね。アンバランスな組み合わせのほうが、相手の考えに合わせようと思うから。
「【宝玉獣】と【ウィジャ盤】なんてどーでしょー?」
 ……魔法&罠ゾーンを圧迫するデッキ同士じゃないか。二人で魔法&罠ゾーンを取り合いしたところで、どういう思いやりが生まれるのかな。
「互いに魔法&罠ゾーンを譲り合う?」
 何もできないよ!
「お互いに二箇所まで使うことにする?」
 それじゃあ、どっちも本領発揮できないよ!
「それはどーですかなー?」
 なにっ?
「【宝玉獣】に見せかけた【獣族】と、【ウィジャ盤】に見せかけた【殴りウィジャ】のタッグかもしれませんよー」
 ……あまりにもマニアックすぎてついていけないんだけど、殴りウィジャってなに?
「いーえ、《ウィジャ盤》は弱点が露骨すぎて、すぐ崩されますからねー。罠で守るのも難しーですしー。なので、だったら相手に《ウィジャ盤》を狙わせて、その隙を突き普通の戦闘で倒そーと言う……」
 つまり、エクゾディアをちらつかせておきながらバトルで勝つようなものか。
「卑怯ですよねー」
 と言うか、とても成功するとは思えないな。
「でも、ウィジャ盤系デッキでは最高の勝率を誇るとか……」
 邪道のぼくでも《ウィジャ盤》は使う気になれないからね。その最高勝率も、良くて二割くらいじゃないのかな。
「……あれ? せんせー、脱線してますよー?」
 不思議だね。これじゃあ、時間がいくらあっても説明できないな。
「そんなこと言わずに、さっさと説明しやがってくださいよー」
 分かったよ。でも、その言葉遣いはいただけないな。
「さっさと説明しやがれ、ですかー? さすがにそこまでは……」
 ぼくだって嫌だよ! ……いや、いいや。これ以上話を延ばしても仕方がないからね。それじゃあ、タッグデュエルの説明と行こう。
「らじゃー」
 タッグデュエルは四人でやるものだ。更に、タッグという名前通りに二対二でやる。
「例外とか、一対三とか無いのですかー?」
 二対一ならゲームであったなあ。なぜかプレイヤー側が二人がかりという。
「三対一も、アニメで一度ありましたよー。なぜか主人公側が三人がかりで……」
 ということで、一対一と二対二は実際にあるけど、それ以外のやり方は普通にはない。
「でも、タッグデュエルでパートナーが利敵行為に走ることとかありませんかー?」
 あるね。実質的な一対三。ゲームでは多発するよ。自分側の残りライフが少ないのに、パートナーは攻撃力の低いモンスターで攻撃するとかね。
「それは、相手ターンにそのモンスターを攻撃されて敗北するのが目に見えてますねー」
 まあ、それでも本当の三対一や一対三ではないから気にしないでおこう。
「では、タッグのやり方を教えてくださいー」
 うん。じゃあ、AさんとBさんとCさんとDさんがタッグデュエルを行うとしよう。
「はいー」
 そして、AとC、BとDがそれぞれ組んだとする。
「いきなり呼び捨てですかー」
 面倒なことは嫌いなんだ。ぼくが邪道デッキを組むのも、細かい駆け引きが面倒だからさ。
「……それで、ACとBDのタッグデュエルの解説をどうぞー」
 デュエルの中で、プレイヤー四人はそれぞれのデッキを用意して使う。そしてそれぞれ五枚ずつドロー。
「それは知ってますよー。実際の一対一と違う点を教えてくださいー」
 じゃあ、簡単に。仮に、Aをきみ、Cをぼくと置き換えてタッグを組んだとしよう。先攻はぼくらACチームだ。
「わたしのターンなのでドローして、適当にあれこれしてターンエンドですねー」
 次は相手のBのターンだ。
「普通ですねー」
 そして、Bも適当にあれこれして、攻撃とかしてターンを終えるわけだ。
「適当ですけど、そうでしょうねー」
 すると、次は再びぼくらACチームのターン。ここで、きみとぼくが入れ替わる。
「……選手交代ってやつですかー?」
 そうだね。きみがデュエルできるのは、きみのターンと、その直後の相手のターンだけだ。
「Bのターンが終わったら、わたしはデュエルに関与できないのですかー?」
 できないよ。ACチームの手札もデッキも、ぼくのものを使うことになるからね。ついでに、アドバイスも無理だ。
「それは分かりますよー。アドバイスできたら、実質一対一になりかねませんからねー」
 ブレイン一人が指示を出し、勝ったらブレインの手柄、負けたらブレインの責任。そんなのはタッグの意味がないからね。
「もっと簡単に説明してくださいよー」
 なら、そうだね。Aは自分とBのターンにしかデュエルできないんだ。Bは自分とCのターン、Cは自分とDのターン、Dは自分とAのターンにしか……。
「ややこしーですよー」
 つまり、自分のターンとその次の相手ターンにしかデュエルできない。あとは傍観者だよ。
「そー言えば、タッグでは手札が入れ替わるのですよねー? 具体的に、どーなるのでしょー?」
 入れ替わると言っても、何かを操作するわけじゃないさ。ただ、きみの手札に何があろうと、ぼくのターンには使えないというだけだ。
「わたしの手札は、わたしのターンと、その直後のBのターンにしか使えないのですねー?」
 そう。Bのターンが終われば次はCであるぼくのターンだから、今度はぼくの手札を使うことになる。
「自分のターンでミラーフォースなんかを伏せて、相手のターンで発動したりしましてー。そしてパートナーに繋げるというー」
 理想的な流れだね。ただ、タッグデュエル特有の問題もあるにはあるけど。
「聞きましょー」
 まず、タッグデュエルでは一対一を交代するだけに思えるけど、自分達も相手達もデッキは二つずつある。つまり、制限カードを二枚使われるかもしれない。
「デ、デッキに一枚しか入れてはいけないと規定されている制限カードを二枚使われるのですかーっ!?」
 ……なんだか、前にも見たけど。その説明的口調は何なんだい。
「いえ、読者に説明をですねー」
 この世界に読者はいないよ?
「……それはともかくとしましてー。知っていることで驚くのは意外と面倒ですねー」
 そうか。知っていたのか。これは済まないな。
「ええ。ミラーフォースに死者蘇生、ハリケーンやリビングデッドが二枚使われるかもしれないことは先刻承知ですよー。なにせデッキが二つですからねー」
 先刻承知なら先へ行こうか。そうそう。あと、タッグデュエルでは二人のフィールドは共有している。
「わたしとBさんのフィールドがーっ!?」
 きみとぼくのフィールドだよ。相手とフィールドを共有してどうするんだい。
「……それはもちろん、使えない罠を五枚伏せてあげるに決まってますよー」
 なんて強力な魔法・罠封じなんだ。通常のデッキで破れる気がしないよ。
「と言いますかー。フィールド共有なんてのも知ってるのですよー」
 そうだったのか。それは重ねて済まない。しかし、するときみはタッグデュエルの大体を把握しているんじゃないか。
「わたしが知りたいのは、テクニックのほうですよー。タッグデュエル特有のコツとか、あるのではないですかー?」
 ないよ。
「うそっ!?」
 あるよ。
「わーい!」
 どっちかな。
「どっちですかー」
 いや、あるにはあるよ。あると言えばだけど。
「ではぜひご教授くださいー」
 そうだなあ。どうしようかな。
「時間が無いのですよー。無駄に足踏みするのはやめてくださいよー」
 時間が無いなんて聞いてないよ。
「今読んだなら同じですよー。それより、どんなテクニックがあるのですかー」
 ……何か知らないけど、本当に焦っているみたいだから、柄にもなく前置きなしで箇条書きの説明をすると/「長いっ! 長すぎますよー! なに考えているのですか!」
 ……。
「さっさと簡潔に説明しやがってくだされー」
 ええと。タッグデュエルではパートナー間で手札を共有できないけど、魔法だけなら擬似的に共有することができるんだ。
「それはすごいですねー」
 と言うのは、魔法カードは一度魔法&罠ゾーンに置くことができるからね。
「当たり前ですよー。むしろ魔法&罠ゾーンを一度も経由せず使える魔法は希少ですよー」
 ぼくが言いたいのは、通常魔法でも一度は魔法&罠ゾーンに置かれるという基礎事実ではないんだけどな。
「では、勘違いしないように言い直してくださいよー」
 うん。例えば、きみがターンを終える前に、きみの手札にある魔法をパートナーにあげたくなったとする。
「手札を交換するのですねー」
 ルール違反だよ。できないよ。
「……あー、なるほど」
 何か閃いたかい?
「タッグデュエルでは、パートナーとフィールドを共有しているのですよねー。つまり、手札の魔法を場に伏せるのですねー?」
 そうだね。正解だよ。
「そして、パートナーであるせんせーのターン、せんせーはわたしの伏せた魔法を表にして発動するわけですよー」
 そういうことだね。
「『伏せていた魔法発動! ……《早すぎた埋葬》!? 馬鹿な、これは禁止されているはず……』、うろたえるせんせー」
 ルール違反だよ。できないよ。そしてなぜぼくはきみの手札を確認してなかったんだい。
「『パートナーを信頼している』……とかなんとか言いましてねー。漫画の読み過ぎですねー」
 漫画を読んだからって責任を丸投げするわけないよ。ぼくのイメージダウンを計ってどうするつもりなんだい。
「いーえ、理由はありませんよー。……ところで、あえて場に伏せてまで渡したい魔法なんて、あるのですかー?」
 あるよ。特に、先攻の一ターン目で《大嵐》のみを伏せるのは、そこそこ無難でいい戦術だ。その理由は……いや、急ぐのなら今回はいいか。
「次があるかは怪しーですけどねー。でも、《魔法除去》で破壊されると空しーですよねー」

 ……この時代に《魔法除去》だって? その数枚分以上の働きをする《大嵐》を破壊?
「空しーですよねー」
 確かに、これ以上とないくらい空しい破壊だ。
「……せんせー。なぜかまた脱線してますねー?」
 本当だ。気付かなかったな。質問には丁度答えたところだけど。
「一応訊きますと、魔法だけでなく罠も共有できるのですよねー?」
 もちろんだよ。共有しようがないのは、手札で処理できないモンスターとデッキくらいだね。
「では質問を変えましてー、タッグデュエル上で問題のある行動とは何でしょうかー?」
 自分のターンなら、パートナーのカードを犠牲にしようと無駄死にさせようと、責められる謂れはないね。
「せんせー……」
 というのは冗談。そうだね。パートナーのデッキを潰すカードを発動すると、さすがに睨まれるんじゃないかな。
「具体的には何でしょーかー?」
 パートナーが墓地蘇生デッキ使いなのに、《次元の裂け目》発動、とか。

「それって、なんでそんなデッキで組んだのでしょーね……」
 タッグ戦において最悪なのは《群雄割拠》かな。事前に打ち合わせしていれば逆に強力なんだけど。

「えげつないですねー」
 ……と、こんな感じでどうだろうか。
「時間もないですし、妥協してあげますよー」
 時間がなかったのは、かつての場所での話だよ。
「せんせー。守ってたキャラが窮地に陥ってますよー」
 はっ! しまった!
「次回はややこしー話なのですよー」
 ……きみは何も守らなくていいんだね。
「せんせーも、読者を意識するといーのですよー」
 さて、読者さんとはどちらの誰だい?
「強情ですねー」
 何のことかな。
JUGEMテーマ:遊戯王

スポンサーサイト

  • 2012.03.30 Friday
  • -
  • 09:23
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
PR
ピンポイントレッスン
遊戯王ZEXAL ピンポイントレッスン
遊戯王ARC-V ピンポイントレッスン
遊戯王OCG ピンポイントレッスン
リンク
遊戯王OCG公式
OCGカードデータベース
アクセスカウンタ
ブログパーツUL5
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM