<< せんせーとわたしの吸収融合、そのに | main | せんせーとわたしのシステマチック(偽)、そのに >>

スポンサーサイト

  • 2012.03.30 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


せんせーとわたしのシステマチック(偽)、そのいち

(そこそこリスクにそこそこリターン。相手を無視した数値デュエル)【サイバー・ドラゴン】
「せんせーっ。デッキが完成しましたー」
 そうかい。ちょうど、ぼくもデッキが完成したよ。
「どんなデッキなのですかー?」
【デッキ破壊1キル】だよ。と言っても伝わらないかもしれないね。
「いーえ。外道なことは十分に伝わったのですよー」
 試しに動かしてみると、これがすごくてね。先攻1ターンキルが夢じゃないんだよ。
「せんせー……」
 何と言っても、《手札抹殺》の存在は大きいね。なにしろ……おっと、何の話だったかな。

「せんせーは、冷たくされると冷たく返す人だったのですねー」
 なるほど。【サイバー・ドラゴン】が完成したんだね。
「……そーなのですよー」
 なにも、そんなデッキを作らなくてもいいと思うけどね。
「せんせー。価値観は人それぞれなのですけどー、それは何を言ってもいいことにはならないのですよー」
 珍しく、持って回った言い方をするね。
「えいっ!」
 ぐわっ、何をするっ。
「せんせーへの不満を口にしたのですよー」
 ぼくはきみへの本音を口にしたんだよ。
「話が進みませんねー」
 それなら聞くけど、【サイバー・ドラゴン】の基本戦術は何なんだい?
「《サイバー・ツイン・ドラゴン》の融合召喚ですよー」
 普通だね。
「できるなら、《パワー・ボンド》で融合するのですよー」

 純粋な1ターンキルだね。
「攻撃力2800が二倍で5600になった程度の《サイバー・ツイン・ドラゴン》では、1ターンキルなんてできませんよー」
 二回の攻撃ができるんだから、合計攻撃力は11200だよ。
「せんせー。攻撃力を合計で考えるなんて、甘いですよー」
 そうかな。単純な計算は大事だよ。
「せんせーは、モンスターは並べればいいと考えているのですねー?」
 まさか、ついこの間まで何体も並べていたきみが、それを否定するのかな?
「過去を盾に取るのは卑怯ですよー」
 過去を忘れ去るのも卑怯じゃないかな。
「それはともかくですねー。単純に5600の二回攻撃と言うだけで、強いではないですかー」
 ……それはぼくの意見だよ。きみは今さっきまで懐疑派だったはずだ。
「ということでしてー。これがこのデッキのすべてですよー」
 ちょっと待った。嘘はいけないよ。
「何がですかー?」
 きみのデッキ、まさかモンスターが《サイバー・ドラゴン》系だけじゃあないはずだ。デッキのモンスターは、普通二十体前後必要だからね。
「単純に、機械族をいくつか入れているだけですよー」
 そのいくつかはいくつなんだろうか。
「十体と少しですねー。《サイバー・ドラゴン》系より少し多いですねー」
 ……デッキ名を変えたほうがいいと思うよ。
「名は体を表さないのですよー」
 ぼくのデッキを名前だけで判断したばかりの口で、一体何を言うのかな。
「ですから、過去を盾に取るのはですねー」
 だから、過去を忘れ去るのはだね……。
「……分かりましたー。そこまで言うのでしたらー、このデッキが【サイバー・ドラゴン】の名にふさわしいことをお教えいたしましょー」
 聞いてみようか。
「何とですねー、このデッキには《エヴォリューション・バースト》が三枚入っているのですよー」
 へえ。
「《青眼の白龍》と言えば《滅びの爆裂疾風弾》、《サイバー・ドラゴン》と言えば《エヴォリューション・バースト》ですよー」


 そうだね。
「必殺技カードを三枚も入れているのですから、これは間違いなく【サイバー・ドラゴン】に違いないのですよー」
 分かったよ。ところで、一ついいかな。
「どーぞー」
 このカードって、そもそも三枚入れる価値があるのかな。
「せんせー。相手のカードを一枚破壊するのですよー。強いではないですかー」
 ……融合主体の戦術なのに、このカードには素材の《サイバー・ドラゴン》が必要だね。
「このカードで相手の罠を破って、それから《サイバー・ドラゴン》を融合すればいいのですよー」
 きみは、試しにデッキを使ってから作るべきだと思うよ。
「せんせー。作る前にはデッキが無いのですからー、使ったりはできないのですよー」
 ……。他に、もう一つ疑問があるんだけど、それもいいかな。
「なんでしょーかー?」
《サイバー・ドラゴン》の融合形態と言えば、真っ先に出るはずのあれが、デッキに入っていないみたいだけど。
「1ターンキルはせんせーの敷地になりますからねー。不可侵条約は破れませんよー」
 あのカード無しに【サイバー・ドラゴン】は完成しないと思うけどなあ。
「そー言うのでしたら、せんせーの暗黒歴史を紐解いてもいいのですけどー」
 暗黒?
「差し当たっては、わたしの友達のお話からですねー」
 ちょっと待とう。
「まだ、わたしが【ドラゴン族】使いだった頃のお話ですねー」
 分かった。きみのデッキは完成しているよ。だからやめよう。そうしよう。
「それでは、続くのですよー」
 いや、この話はここで終わりさ!
「『そいつはどうかな?』」
JUGEMテーマ:遊戯王

スポンサーサイト

  • 2012.03.30 Friday
  • -
  • 12:33
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
PR
ピンポイントレッスン
遊戯王ZEXAL ピンポイントレッスン
遊戯王ARC-V ピンポイントレッスン
遊戯王OCG ピンポイントレッスン
リンク
遊戯王OCG公式
OCGカードデータベース
アクセスカウンタ
ブログパーツUL5
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM