<< せんせーとわたしのお友達大戦(三度目) | main | せんせーとわたしのカウンター・カウンター「そのに」 >>

スポンサーサイト

  • 2012.03.30 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


せんせーとわたしのカウンター・カウンター「そのいち」

(最高速度の速攻防御、遊戯王の妨害講座)「カウンタートラップ」
「せんせーっ」
 ……うん?
「カウンタートラップへの対処法を教えてくださいよー」
 いきなりだね。
「あれを破らないことには、わたしは一生友達に勝てないのですよー」
 とりあえず、何に対処したいんだい?
「カウンタートラップですよー」
 具体的に、どんなカウンタートラップなんだい?
「カウンタートラップ全部に対処したいのですよー」
 それは無理だよ。
「なぜなのですかー!」
 なぜって、全部に対処できるなら、そもそも対処する間でもないからね。
「ではー、《神の宣告》だけでいーですよー」
 よりにもよって、それを持ってくるかい。

「さー、相手に《神の宣告》を伏せられていたら、どー対処すればいーのですかー?」
 ……《撲滅の使徒》でも使えばいいじゃないか。その《神の宣告》に。
「せんせー! 相手が伏せカードを五枚出したとしても、《撲滅の使徒》が使えますかー?」
 そんな無茶な。
「五枚の伏せカードから、《神の宣告》ただ一枚をぶち抜くことができるのですかー?」
 だから、無理だよ。
「わたしはそーいう話をしているのですよー」
 じゃあ、《大嵐》を使うかな。

「五枚全破壊を狙うのですねー? けれどー、それでは《神の宣告》を使われるだけではないですかー」
 使わせたらいいじゃないか。
「せんせー! わたしは《大嵐》を止められないように、前もってカウンタートラップを封じたいのですよー」
 そうだったのか。初耳だよ。
「《大嵐》を決めたいのですよー。そのためにはカウンタートラップが邪魔なのですよー」
 なら、やっぱり《撲滅の使徒》で《神の宣告》を破壊して……。
「ですからー! 五枚も伏せられていたら、どれがどれだか察知なんてできませんよー」
 五枚も伏せるなんて、そんな状況は滅多にないと思うけど。
「常識なんて要らないのですよー」
 ううん、難しいな。そもそも、《神の宣告》自体が最強のカウンタートラップだからね。
「いきなり最強を出すのは駄目ですかー?」
 いや、むしろそれでいいんだけどね。しかし、一番まともな策は、こちらもカウンタートラップを使うことになるかな。
「目には目を、ですかー」
 そういうことだね。
「しかし、そーいう話はさておいてですねー」
 いきなり隅に置かれるとは。
「そもそも、カウンタートラップって変ですよねー」
 そうかな。
「カウンタートラップを使われると、カウンタートラップでしか対抗できない、というのはなぜなのですかー?」
 ……今になってそんな質問をされるとは思わなかったよ。
「いーえ。ふと気になったのですよー」
 スペルスピードって知ってるかな?
「せんせー。造語や用語で言われても、分かりませんよー」
 それならいいや。平たく言うと、カウンタートラップは、他のどの種類のカードよりも速い。
「そーですかー」
 あまりに速いので、他のカードではカウンタートラップに対応することができない。
「そーですかー」
 以上、説明終わり。
「つまり、カウンタートラップが発動すれば、カウンター以外のカードは発動できなくなるのですねー」
 そういうことだね。
「そんなカウンタートラップにも弱点があるのですがー」
 うん? 何だろうか。
「どんなカウンタートラップにも弱点があるのですかー?」
 知らないんだね。
「説明役はせんせーに譲りますよー」
 譲られたいとも思わないけどなあ。
「ささ、弱点があるのでしょー? カウンタートラップの弱点とは何なのですかー?」
 正直言って、あまりないんだけどなあ。
「何なのですかー?」
 強いて挙げれば、カウンタートラップは、直前に発動されたカードしか無効にできないんだ。
「どーいうことですかー?」
 たとえば、ぼくが《大嵐》を発動したとしよう。
「そーですねー」
 すると、対戦相手のきみは、《神の宣告》を発動してきた。
「そーですかー?」
 このままでは《大嵐》が無効にされるから、ぼくも伏せていた《神の宣告》を発動する。
「嫌な合戦ですねー」
 この、ぼくが使った《神の宣告》は、直前に発動されたきみの《神の宣告》しか無効にできない。
「つまり、せんせーが最初に使った《大嵐》は、せんせーの《神の宣告》で無効にできないのですねー」
 そういうことだね。
「したいとも思いませんけどねー」
 ごもっともだよ。
「しかし、せんせー。おかげで対処法が分かりましたー」
 そうかい? ぼくには分からなかったけど。
「つまりですねー。相手がたくさん伏せてきたら、こちらも同じくらい伏せてカウンター合戦をすればいーのですよー」
 ……ああ。言い忘れていた。カウンタートラップのもう一つの弱点。
「何ですかー?」
 発動する際に、効果が強ければ強いほど、大きなコストを払うことになるんだ。
「そーですねー。《神の宣告》は、その筆頭で最強ですからー、ライフポイントの半分を捨てる必要がありますねー」
 そうだね。他にも、無視できないほどのコストを要求されることがある。
「何を言いたいのですかー?」
 安易にカウンタートラップばかり使ってしまうと、後悔するってことだよ。
「せんせー。わたしは安易には使いませんよー」
 ……本当かなあ?
「『2』へ続きますよー」
 そういうことは、言葉にするものじゃないよ。
JUGEMテーマ:遊戯王

スポンサーサイト

  • 2012.03.30 Friday
  • -
  • 09:15
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
PR
ピンポイントレッスン
遊戯王ZEXAL ピンポイントレッスン
遊戯王ARC-V ピンポイントレッスン
遊戯王OCG ピンポイントレッスン
リンク
遊戯王OCG公式
OCGカードデータベース
アクセスカウンタ
ブログパーツUL5
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM