<< せんせーとわたしの友達(/) | main | せんせーとわたしのこれまでの話 >>

スポンサーサイト

  • 2012.03.30 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


せんせーとわたしの友達(・)

(集いし夢の決闘が新たな進化の扉を開く。エクシーズ召喚! 希望の力!)『現代編』

[『せんせー』! それではー、マッチ戦を続ける前に、エクシーズ召喚について教えてあげるのですよー!]
どうやら、きみは『わたし』のキャラクターを奪ったままのようだね。
[それではですねー、エクシーズ召喚のやりかたなのですけどー]
大体のところは、実際に見てわかったよ。知りたいのは前回で意見の食い違った処理だ。
[ははー。『せんせー』。遊戯王世界での『大体わかった』は、『まるでわからない』と同じなのですよー]
それは……そうかもしれないけどね。
[ではですねー、エクシーズ召喚はシンクロ召喚と似た準備をするのですよー]
だけど、どうやらエクシーズ素材はチューナー非チューナーを選ばないようだね。
[そーなのですよー。エクシーズ召喚に使うモンスターは、レベルが同じカードであれば、どんなモンスター同士でもいーのですよー]
それは、よくよく考えると恐ろしいことだね。シンクロ召喚の登場時には『《死者蘇生》でチューナーを奪えばどんなデッキでもシンクロできる』からエクストラデッキを15枚用意することが常識になったけど、エクシーズ召喚は《死者蘇生》の入っていないデッキですらその要素を使えるわけか。
[狙って出すのは難しーのですけどー、狙わず出すのはシンクロ召喚よりも簡単なのですよー]
だけど、そのステータスはシンクロモンスターよりは劣っているようだね。……もっとも、ぼくはまだ二種類のエクシーズモンスターしか見ていないから、それは早とちりの可能性もあるのかな。
[『せんせー』。それよりもですねー、《ボルト・ヘッジホッグ》のことなのですよー]
おっと、そうだった。場にチューナーがいることで自己再生効果を使った《ボルト・ヘッジホッグ》は、いかなる方法で場を離れようと除外される。《王宮の鉄壁》で除外自体を封じられている場合はさすがに墓地に送られるけど、しかし、前回ではそんなこともないのに《ボルト・ヘッジホッグ》が除外されず墓地に送られていたね。

[それはですねー、《ボルト・ヘッジホッグ》がエクシーズ素材になっていたからなのですよー]
それはどういうことかな?
[『せんせー』。ただ質問を繰り返すだけなら、素直にルールを確認すればどうでしょうか。この世界のルールはすでにエクシーズ召喚に対応した『マスタールール2』へ進化しています。その気になれば、一応は識者設定の『せんせー』は一行で事情を理解できるでしょう]
しかし、手近にルールブックやWikiへの入り口が見当たらないようだからね。きみに訊くしかないんだよ。
[では仕方ありませんね。エクシーズ召喚にはシンクロ召喚と違う部分がいくつかありますが、その最たるものは素材を墓地に送らずエクシーズモンスターの下に重ねて置くことです]
たしかにそれは奇妙だね。墓地へモンスターを送らせないための措置なんだろうけど、その『下』というのは、新たなカード領域なのかな。
[新たな領域かどうかは難しいところですね。俗にオーバーレイ・ユニットとも呼ばれるエクシーズ素材ですが、このカードは場のカードとして扱われません。また、エクシーズ召喚の際にモンスターがエクシーズ素材となった場合、それは場から離れたものとして扱いません]
……よくわからないな。
[つまり、《ボルト・ヘッジホッグ》は蘇生効果を使えば『場から離れる場合、代わりに除外される』ことになりますが、エクシーズ素材となることは場から離れる行為ではないため、除外されないということです]
なるほど。たしかに、場から離れないなら除外はされないね。
[そして、エクシーズ素材は場のカードとして扱いませんから、その《ボルト・ヘッジホッグ》がエクシーズ素材として取り除かれる場合も、また除外されることはありません]
……ええと、どういうことかな。
[有り体に言うと、《ボルト・ヘッジホッグ》は『場から離れることなく場のカードでなくなったため、除外される機会がなくなった』ということですね]
そんなことがありえるのかな。
[エクシーズ召喚にならありえます。従って、墓地に《ボルト・ヘッジホッグ》が二体以上いる場合、チューナーを場に用意するだけでノーコストの《ガチガチガンテツ》が誕生するということにもなります]
そう考えると、攻撃性のない《ガチガチガンテツ》も、何だか強いカードに見えてくるね。
[《ガチガチガンテツ》の性能など関係なく、ここに《キャノン・ソルジャー》でも並べてしまえばランク2エクシーズモンスターの連続射出コンボでデュエルが決着するのですが、つまりはそういう理屈です。これで前回の件に納得が行ったでしょうか]
とりあえずは納得できたかな。それじゃあ、また次の機会に。
[いえ。前回のデュエルはあくまで通常のデュエルですから、当然ながらマッチ戦です。わたしはすでにサイドチェンジを済ませているので、先攻後攻は『せんせー』の好きなようにどうぞ]
……仕方ないな。それじゃあ、ぼくは先攻を貰うとしよう。
〜【テックジーナス】VS【神炎皇ウリア】〜
ぼくのターン。ドロー。
/友:手札5 LP8000
/せ:手札6 LP8000
カードを5枚伏せてターンエンドだよ。
[わたしのターン。ドロー]
/友:手札6 LP8000
/せ:手札1 LP8000 伏せ×5
[モンスターを守備表示。カードを3枚伏せてターンエンドです]
そのエンドフェイズ、ぼくは《神の恵み》を発動するよ。そしてぼくのターン! ドロー!

/友:手札2 LP8000 裏守備×1 伏せ×3
/せ:手札2 LP8500 神の恵み 伏せ×4
メインフェイズ、伏せていた《メタル・リフレクト・スライム》を発動。さらに《死霊ゾーマ》を発動。

[どうぞ。《神炎皇ウリア》でしょうか]
その通り! 《神の恵み》・《メタル・リフレクト・スライム》・《死霊ゾーマ》の3枚を墓地に送り、《神炎皇ウリア》を特殊召喚! そして特殊召喚時、セットされた魔法・罠破壊効果を発動! 中央のカードを破壊させてもらおう!

[では中央のカードこと《激流葬》を発動するとしましょう]
おっと、それはどうかな?
[《神炎皇ウリア》には破壊耐性もありませんし、わたしの場の《ガンバラナイト》共々墓地送りになりますね]

……悪かったね。その守備モンスターが死ぬのはまだだよ。《神炎皇ウリア》の効果にきみが魔法・罠をチェーンすることはできないから、《激流葬》はおとなしく破壊されるしかないんだ。
[……『せんせー』。《神炎皇ウリア》の破壊効果の分類は何でしょうか]
どう見ても起動効果だよ。それがどうかしたのかな。
[では、しっかりとルールを見直すことをお勧めします。『マスタールール』が『マスタールール2』になった際の大きな違いはその一点にあるのですよ。項目は『マスタールール2』の『起動効果発動』です]
『マスタールール2』……それもどこかで聞いた響きだね。ぼくが知らない間に、ルールが新しくなっていたのか。
[ええ。そして『マスタールール2』の世界では、モンスターの召喚・反転召喚・特殊召喚時の優先権では起動効果が使えなくなっています]
へえ……なぜかな。ぼくの《神炎皇ウリア》は死にたがっているみたいだ。
[それは当然ですね。かつては《激流葬》に耐性を持っていたも同然の《神炎皇ウリア》は、残念ながら現在ではその性能を著しく落としています。特殊召喚後に一休みしなければ効果の使えない大型効果モンスターなど、ただ除去を待つかませ役でしかないでしょう。わたしの宣言した通り、《激流葬》で《ガンバラナイト》共々墓地に沈んでもらいますよ]
……仕方がないな。それじゃあ、カードを一気に4枚も消費してしまったけど、さらに1枚伏せてターンエンドだよ。
[わたしのターン。ドロー]
/友:手札3 LP8000 伏せ×2
/せ:手札0 LP8500 伏せ×3
[メインフェイズ、手札から《デブリ・ドラゴン》を通常召喚します]
……それはいいけど、墓地にはレベル4モンスターしかいないはずだよ。
[『せんせー』には聞いたことをすべて忘れる機能でも備わっているのでしょうか。わたしは墓地からレベル4《ガンバラナイト》を特殊召喚!]

しかし《デブリ・ドラゴン》は特殊召喚したモンスターの効果を無効化し、レベル4モンスターとはシンクロ召喚できない。弱小モンスターを攻撃表示で並べて……ああ! エクシーズ召喚!
[ようやく気付いたようですね。止める手立てがないのなら展開させてもらいましょう。レベル4の《ガンバラナイト》と《デブリ・ドラゴン》をオーバーレイ!]
レベル4同士のエクシーズ召喚……ということは、前の時に出たモンスターじゃない!
[《No.39 希望皇ホープ》!]

……あれ? 何だか、どこかで見たような、変な名前のモンスターが出たね。
[そうでしょうか。これは平仮名に開いても『なんばーず・さんじゅうきゅう・きぼうおう・ほーぷ』という、至って普通の名前のカードですよ]
突っ込みどころだらけで突っ込めないな……しかし攻撃力が2500となると、エクシーズ召喚は思ったほど弱小でもなさそうだね。
[バトル! 《No.39 希望皇ホープ》で『せんせー』にダイレクトアタックするのですよー!]
トラップ発動! 《グラヴィティ・バインド−超重力の網−》! レベル4以上のモンスターの攻撃をすべてシャットアウトする!

[『せんせー』! そんなカードは効かないのですよー!]
まさか! ……そうか! そのダークシンクロめいたデザイン! まさか本当に、エクシーズモンスターはレベルマイナスのモンスター!
[いいえ。たしかにエクシーズモンスターは通常のレベルと異なる概念を持ちますが、その異なりかたはダークシンクロモンスターとは違います]
……それは、たしかに実際にレベルマイナスなんて概念を持ち出すと、この手のレベル系処理が難しくなるからね。すると、どういった概念を持っているのかな。
[エクシーズモンスターにはレベルの概念が一切ありません。レベル0ですらなく、魔法や罠のように、そもそもレベルというステータスが一切備わっていないのですよ]
そんな馬鹿な! その左から並んでいる星は、まさか飾りと言うつもりか!
[いいえ。これはエクシーズモンスターのみが持つ『ランク』というステータスです。エクシーズモンスターの『ランク』は、エクシーズ召喚に使うモンスターのレベルと同一の数値になります。《ガンバラナイト》と《デブリ・ドラゴン》のレベルは4。よって呼び出した《No.39 希望皇ホープ》のランクも4なのです]
レベルを持たないモンスター? ……ということは、つまり。
[いえ。つまりもなにもなく、単に『せんせー』の発動した《グラヴィティ・バインド−超重力の網−》こそが飾りとなり、ダイレクトアタックが成立するというだけなのですが]
うわああー!
[カードを1枚伏せてターンエンドです]
ぼくのターン! ドロー!
/友:手札1 LP8000 No.39(2)伏せ×3
/せ:手札1 LP6000 超重力の網 伏せ×2
メインフェイズに《スピリットバリア》発動! ぼくの場にモンスターがいる限り、ぼくへのダメージは0になる!

[そのカードを今発動するということは、二体目の《神炎皇ウリア》が手元にあるということでしょうか]
そうとも! さらに最後の伏せカード《アストラルバリア》も発動!
[……そのカードは!]

そして《グラヴィティ・バインド−超重力の網−》と《スピリットバリア》と《アストラルバリア》を墓地に送り《神炎皇ウリア》を特殊召喚! 攻撃力は6000だ!
[召喚を無効にしません]
特殊召喚時の優先権を放棄!
[どうぞ好きなように]
《神炎皇ウリア》の効果発動! きみの……さっき伏せたカードを破壊!
[なるほど。しかしハズレと言わざるを得ません。破壊されたのは《魔法の筒》です]

なんて危ないカードを伏せるんだ! バトル! 《神炎皇ウリア》で《No.39 希望皇ホープ》を攻撃!
[《No.39 希望皇ホープ》の効果発動! オーバーレイ・ユニットことエクシーズ素材こと《ガンバラナイト》を墓地に送り、モンスターの攻撃を無効にします]
ターンエンド!
[わたしのターン。ドロー]
/友:手札2 LP8000 No.39(1)伏せ×2
/せ:手札0 LP6000 ウリア
[伏せていた《リミット・リバース》を発動。《ガンバラナイト》を特殊召喚します]
どうぞ。ぼくには伏せカードがないから、好きに展開していいよ。
[それでは、手札から《地獄の暴走召喚》を発動]
…………。

[デッキより二体の《ガンバラナイト》を特殊召喚!]
どんなにがんばったところで、それは攻撃力0のモンスターだよ!
[『せんせー』。わたしの前で《ガンバラナイト》を貶めることは許しませんよ。このモンスターは攻撃されても守備表示となり、守備力1800で守りを固めることができます]
それは、たしかに《地獄の暴走召喚》と相性がいいことになるんだろうけど……でも、《リミット・リバース》で出たモンスターは守備表示になると死んでしまうから、その一体だけは無防備なままだね。
[まさか。《ガンバラナイト》に仲間はずれはありませんよ。わたしはレベル4の《ガンバラナイト》と《ガンバラナイト》と《ガンバラナイト》をオーバーレイ!]
……三体でエクシーズ召喚!? だけど、シンクロ召喚と違って、エクシーズ召喚には使用モンスターの数が定められているはずだ!
[その通りですよ。よって『レベル4モンスター×3』と書かれたモンスターをエクシーズ召喚!]
なにがくる……?
[《ヴァイロン・ディシグマ》! このモンスターは攻撃力2500ですが、その効果はナンバーズの希望皇ホープをすら上回ります。『せんせー』はエクシーズモンスターを知らなかったようですから、ここで効果確認をさせてあげましょう]
どれどれ……なるほど。

[この効果により、『せんせー』の場に表側攻撃表示で存在する《神炎皇ウリア》を《ヴァイロン・ディシグマ》に装備させてもらいましょう]
ちょっと待った! その効果を発動するためにはエクシーズ素材を墓地に送る必要がある! 仲良く三体連なっている《ガンバラナイト》のうち一体は仲間はずれになるはずだ!
[そう言われてしまうと、たしかにそれはその通りですね。しかし、デュエルはすぐに終わるのでそれほど寂しくもないでしょう。エクシーズ素材の《ガンバラナイト》1枚を墓地に送り、《神炎皇ウリア》を装備!]
……どうぞ。
[バトル! 《No.39 希望皇ホープ》で『せんせー』を攻撃!]
ぐわあー!
[さらに《ヴァイロン・ディシグマ》で攻撃。これで『せんせー』のライフポイントは残り1000、すなわち風前の灯ですよ]
くそう! ぼくはてっきり、このデュエルが神炎皇VS希望皇の図になるのかと思っていたよ!
[なにを言っているのでしょうか。ナンバーズでもないウリア程度はどんな方法で除去しても問題ないのですよ。それよりも、手札0の【神炎皇ウリア】に勝ちパターンはないはずです。サレンダーしますか?]
ううん……たしかに絶望的だけど、ここは最後まで諦めずに戦うよ。
[その言葉には少し不愉快なものがありますね。なぜでしょうか]
それはキャラぶれだよ。ぼくのターン。ドロー。サレンダー。メインフェイズ。
/友:手札1 LP8000 No.39(1)ディシグマ(2)(装備)ウリア リミット 伏せ×1
/せ:手札1 LP1000
[『せんせー』。正気を取り戻すことをお勧めします。サレンダーが成立すればメインフェイズは訪れませんよ]
それもそうだね。じゃあ、ドロー。サレンダー。また次の機会に。これでいいかな。
[一応、可能であればデュエルを続行すべきだと思いますが]
可能ではあるけど……マナー違反を承知でドローカードを明かさせてもらうよ。《スキルドレイン》だ。ライフポイント1000でこのカードを引いても、さすがにどうしようもないからね。

[なるほど。そのカードを入れていたのですか。それでは引き続いてデュエルしましょう]
……あれ?
[その《スキルドレイン》を伏せるのも手札に抱えるのも自由ですが、ターンを渡してもらわなければデュエルの決着がつきません。どうぞお好きなほうを]
……ええと、それじゃあ、場に伏せて、ターンエンド。
[わたしのターン。ドロー。《No.39 希望皇ホープ》で攻撃します]
……ぐあー。
/友:手札2 LP8000 No.39(1)ディシグマ(2)(装備)ウリア リミット 伏せ×1
/せ:手札0 LP0000 伏せカード(スキルドレイン)
[それでは、これでようやく未来編こと新たな現代編の開幕ですね。これ以降は『マスタールール2』の世界に対応したピンポイントレッスンが始まります。次回からは場を移して、『5D’s』の看板を捨てたピンポイントレッスンを始めるとしましょう]
ちょっと待った。5D’sの看板を外しても、代わりに入れるものがないよ。
[ありますよ。この時代の遊戯王OCGは5D’sではなく『ZEXAL』なのです。よって、次回からは生まれ変わった『遊戯王ZEXAL ピンポイントレッスン』が始まり、『5D’s』時代は今回で終わってしまうというわけですよ]
へええ……ぼくがちょっと目を離している隙に、色々と変わっていたんだね。
[目を離していることに気付きながら、その間に変わったルールに異を唱えていたのですか。とても『せんせー』らしからぬ『せんせー』ですね。それでは、ここでその偽りに満ちた立場はわたしが代わりに貰っておくとしましょうか]
それは何の話かな。
[ナンバーズ同士の戦いでは敗者が吸収されるのが『ZEXAL』の世界ですからね。過去編でのやり取りを見たところでは『せんせー』はオーバーレイ・ユニットを着脱できるようですし、十分にエクシーズモンスターの資格はあるでしょう。隠し番号のNo.151あたりとして吸収させてもらいますよ]
なにを言っているのか……わあああ!
[ごちそうさまでした。これにて『おともだちせんせー』の完成です。わたしの【同調同超越】デッキを【テックジーナス】デッキと勘違いする『せんせー』程度は、いなくなっても問題ないでしょう]

[じゃあ、また次の機会に]
JUGEMテーマ:遊戯王

スポンサーサイト

  • 2012.03.30 Friday
  • -
  • 14:42
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
PR
ピンポイントレッスン
遊戯王ZEXAL ピンポイントレッスン
遊戯王ARC-V ピンポイントレッスン
遊戯王OCG ピンポイントレッスン
リンク
遊戯王OCG公式
OCGカードデータベース
アクセスカウンタ
ブログパーツUL5
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM