<< せんせーとわたしの投げ捨てる勝負(その1) | main | せんせーとわたしの術計変遷(その1) >>

スポンサーサイト

  • 2012.03.30 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


せんせーとわたしの感染掌握(その1)

(デッキに触れないデッキ破壊。無縁な場と手札は荒れ気味)『ウイルスカード』
「せんせー! 今回も一話限りの話なのですねー?」
そうだね。今回話すのは、かの社長が使ったとされる《死のデッキ破壊ウイルス》だよ。

「せんせー! これは禁止カードなのですよー!」
その通り。《死のデッキ破壊ウイルス》は、自分の弱小闇属性を生け贄にして相手の強力モンスターを全滅させるという、冷静に考えればありえない理不尽さを持ったカードだ。よって禁止指定を受けているね。
「場と手札を破壊した上に、相手のドローカードも潰しますからねー」
このカードを発動するタイミングは、基本的には相手ターンになるだろうね。そして《死のデッキ破壊ウイルス》は相手のエンドフェイズを三回迎えるまで、相手が引いたカードをすべてじろじろと見た上で攻撃力1500以上のモンスターは粉砕してしまうという、やはり理不尽な追加効果を持っている。
「高攻撃力モンスターが全滅すると、とても戦えないのですよー」
しかし高攻撃力モンスターしか狙えないから、相手の場に弱小モンスターしかいないうちは《死のデッキ破壊ウイルス》を使うべきじゃないかな。ただとりあえずで使ってしまうと、破壊されなかった弱小モンスター同士が結託してシンクロしてくる可能性があるからね。
「新しく場に出たカードには、ウイルスが効きませんからねー」
ということで、《死のデッキ破壊ウイルス》は相手の出方を窺って使うべきだ。しかし、実際には出方を窺って強力モンスターを狙い撃ちにしたところで、決していい結果には繋がらないけどね。
「そーなのですかー? 相手が強力モンスターを出したところで《死のデッキ破壊ウイルス》を使うのは、いー戦術だと思うのですけどー」
しかし、本当の実際で考えた場合、《死のデッキ破壊ウイルス》は禁止カードなんだから、使ったところで待っているのは相手のにこやかな糾弾だよ。禁止だと知らなかったのならそのデュエルやマッチ戦に負ける程度で許してもらえるだろうけど、知っていた場合はそのデュエルやマッチ戦に負けた上で許してもらえないだろうからね。
「それは大して変わりませんねー」
自覚があろうとなかろうと、大した違いはないからね。とにかく《死のデッキ破壊ウイルス》は使えない。使えないけど、それでもどうしてもデッキ破壊ウイルスを使いたいという場合は、別のカードを使うとしよう。
「すると、《魔のデッキ破壊ウイルス》あたりなのですかー?」
そのあたりだね。《魔のデッキ破壊ウイルス》は《死のデッキ破壊ウイルス》と違って攻撃力2000以上の闇属性モンスター、つまり十分に戦力として使える味方を犠牲にしないと使えない。だけど、その効果は絶大だ。
「こちらは攻撃力1500以下を破壊するのですねー」

《魔のデッキ破壊ウイルス》は、この特性上相手のドローフェイズあたりに発動してもいいかな。相手がスタンバイフェイズに自己再生するモンスターを使っている場合や、召喚権を無駄に使わせたい場合ならメインフェイズに使うのもありだけどね。攻撃力の高いモンスターがあとから攻撃力の低い厄介なモンスターに化けることはまずないから、《死のデッキ破壊ウイルス》ほどに発動タイミングを考える必要はない。とりあえず、相手がシンクロ召喚でもしそうな時に発動すれば、いい結果が得られるよ。
「しかし、相手の場の裏守備モンスターが怖い場合は、メインフェイズ前に使いたいですねー」
前回の話を引きずっているのかな。たしかに、スタンバイフェイズまでに発動しておくか、メインフェイズ以降に発動するかは考え物だけど、それ以上に考えるべきこともあるよ。
「攻撃力2000以上のモンスターをリリースすることですかー?」
その通り。《魔のデッキ破壊ウイルス》は高攻撃力モンスターを犠牲に発動して、低攻撃力モンスターを潰すカードだ。つまり、搦め手を絡め取るためだけの存在だね。だから押し負けている状況では使えず、ある程度優勢な状況で使うとしても、攻め手を失うから抵抗感を伴う。
「すると、どーいう状況で使うのですかー?」
まずは、自分が複数体の高攻撃力モンスターを出している時の駄目押しかな。これはわかりやすいね。次に考えられるのは、劣勢の場をより悪化させてでも、相手の加勢を潰しておきたい時かな。そのどちらでもなく、攻撃力2000以上の闇属性を何度でも自己再生できるデッキに組み込むという手もあるけどね。この場合、実質的にはコストを払わず発動できるから強力だ。
「せんせー。そんなデッキはどこにもないのですよー」
すでに話した【不死武士】デッキがあるよ。
「ふむー? そんなカードがありましたかねー?」
まさか、覚えていないと言うつもりかな。
「そーですねー。まったく知りませんねー」
…………。何だか、急に調子が下がったようだね。とりあえず話を勧めると、デッキ破壊ウイルスにはもう一種、モンスターではなく魔法か罠を破壊する《闇のデッキ破壊ウイルス》がある。

「せんせー! デッキ破壊ウイルスとは何なのですかー?」
その質問が本気だとしたら、とてもピンポイントレッスンは成り立たないね。
「ピンポイントレッスンなのですかー。なるほどー」
…………。新手のキャラぶれかな?
「キャラぶれですかー? せんせーなのですねー?」
ちょっと待った。きみはさっきからなにを話しているのかな。
「せんせー! せんせーがせんせーなのですよー!」
うわ。壊れた。
「オーバーレイ・ユニットはどこなのですかー?」
頭をぶつけたか、偽物のクリアマインドにでもなったようだね。構わずに話を勧めよう。
「レベル2の《ボルト・ヘッジホッグ》二体をオーバーレイ!」
《闇のデッキ破壊ウイルス》は、《死のデッキ破壊ウイルス》や《魔のデッキ破壊ウイルス》と違って魔法か罠のどちらかを選んで狙って破壊する。安全に攻め込みたい場合は罠を、相手の力を削ぎ落としたい場合は魔法を選ぶことになるかな。
「せんせー! せんせーを削ぎ落としてあげるのですよー!」
…………。ただし、これは魔法か罠かその場で好きじゃないほうを選べる代わりに、モンスターは倒せないというウイルスらしからぬ欠点もある。そしてもう一つ、生け贄は攻撃力2500の闇属性という、犠牲にしたくないステータスのものに限られてしまう。
「《G・コザッキー》を使えばいーのですよー!」
おっと。狂っているかと思えば、突如正解を言ってくれたね。その通り。もしもデッキ破壊ウイルスばかりを使おうと思えば、そのパートナーにいいのは攻撃力2500の下級モンスター《G・コザッキー》だ。もっとも/
「このカードを攻撃表示で出して、ダイレクトアタックなのですよー!」
待った。その場合はこのカードが自殺して自分にダイレクトダメージだよ。出す時は裏側で出して、できるだけ迅速にウイルスの媒体にしてしまおう。

「ははー。しかし攻撃力2500では、《死のデッキ破壊ウイルス》の生け贄には使えませんねー」
大丈夫かな……きみは生け贄をリリースと呼んでいたはずだよ。そして《死のデッキ破壊ウイルス》は禁止カードだ。
「破ってこそのルールなのですよー!」
頼むから、ルールとマナーだけは守ってくれないかな。でないと楽しいデュエルは訪れないよ。
「レベル4の《G・コザッキー》にレベル4の《G・コザッキー》をチューニング!」
おそろしいまでの壊れぶりだね。これは、ウイルスカードの話だからなのかな……?
「《G・コザッキー》を《魔のデッキ破壊ウイルス》の生け贄に使いつつ、《闇のデッキ破壊ウイルス》のリリースにも使うのですよー!」
待った。基本中の基本として、一つのカードを同時に複数のコストに使うことはできないよ。
「いーえ、できるのですよー!」
できると主張しても、できないことはできないよ。
「わたしのメインフェイズー! 優先権を放棄してシンクロ召喚するのですよー!」
メインフェイズにいきなり優先権を放棄すると、バトルフェイズかエンドフェイズに移るだけだよ。
「いーえ、シンクロ召喚するには必ず優先権を放棄しなければならないのですよー!」
それは勘違いだよ!
「チューニング! オーバーレイ! リリース! 生け贄! かっとビングなのですよー!」
誰か助けてくれ! ……そうだ! 『また次の機会に』!
「せんせー! 次の機会はないのですよー!」
どうして出てこないんだ! ええい、こうなれば……。
「レベル8の《スターダスト・ドラゴン》と《レッド・デーモンズ・ドラゴン》をオーバー/
この話はここで終わりだよ! また次の機会にね!
「せん/
終われ!
「せ/
終われ!
「/
終われ!
「 」
……よし。何とかなったか。
「 」
できれば、次の機会までには持ち直していてほしいね。
JUGEMテーマ:遊戯王

スポンサーサイト

  • 2012.03.30 Friday
  • -
  • 09:35
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2014/12/21 1:23 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
PR
ピンポイントレッスン
遊戯王ZEXAL ピンポイントレッスン
遊戯王ARC-V ピンポイントレッスン
遊戯王OCG ピンポイントレッスン
リンク
遊戯王OCG公式
OCGカードデータベース
アクセスカウンタ
ブログパーツUL5
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM