<< せんせーとわたしの三連コンボ(その1) | main | せんせーとわたしの投げ捨てる勝負(その1) >>

スポンサーサイト

  • 2012.03.30 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


せんせーとわたしと神の異形(その1)

(破壊と不死の階級制度。その陽は落ち込み、天空の竜は幻のまま)『神のカード』
「せんせーっ! 今回は三幻神の話なのですかー?」
そうだよ。《オシリスの天空竜》、《オベリスクの巨神兵》、《ラーの翼神竜》からなる三体のモンスター群、通称三幻神の話さ。
「しかし、せんせー。《オシリスの天空竜》はまだOCGカードになっていないはずなのですけどー」
そうだね。だから今回は三幻神についてと言いつつ、実際は《オベリスクの巨神兵》と《ラーの翼神竜》の話しかできないことになる。
「それは意味があるのでしょーかー?」
それはわからないけど、どうしてなのか三幻神の話をすることになったからね。最近のぼくには自由に話題を選ぶ権利がないようだ。
「《オベリスクの巨神兵》と《ラーの翼神竜》だけで話をしますとー、《ラーの翼神竜》が使いにくいというだけの話になるのですよー」
まあ、そうだね。《オベリスクの巨神兵》はカード化される際にできる限り効果を再現されたカードだけど、一方で最上位の神たる《ラーの翼神竜》は過剰なまでの弱体化を受けている。この両者を並べてみると、『神のカードを使いたければオベリスクだけを使うべき』という話にしかならないからね。
「そんな話題は不毛なのですよー」
もっともだ。だから、今回は《ラーの翼神竜》から話を進めてみようか。

「駄目なカードから始めるのですかー?」
最大の問題を解決しない限り、すべての行為はその場限りの姑息療法だ。それじゃあ、今からは少しだけ、意図的にキャラを変えて話すよ。
「ははー。では、どーぞー」
神のカードの中の神のカード、《ラーの翼神竜》の持つ効果はいくつかあるけど、今回はそれを一つずつ順番に取り上げて説明してみよう!
「ふむー。少し勢いがついただけですねー」
まず、『このカードは特殊召喚できない』! さて、次の効果だけど/
「せんせー! 特殊召喚できない効果は一番の問題なのですよー!」
それは原作効果をイメージして考えるからそう思えるだけだね。実際に特殊召喚できないと書いてあるんだから、そこについて取り沙汰する必要はない。できないことはできないんだから、素直に通常召喚してどう活用するかと考えるべきじゃないかな。
「……しかしですねー。このカードは通常召喚する場合、三体もリリースする必要があるのですよー」
その通り! さすがは神と言うべきだね。三体のモンスターを生け贄に出てくるこの要素がなければ、とても神とは言えないな! そして次の効果も重要だね。『このカードの召喚は無効化されない』。原作とは違って、OCGでは『神だから』という理由で魔法も罠もモンスター効果も受け付けないなんてわがままは認められない。だけど、だからといって神が普通の効果であっさり葬られると興醒めだ。そこで《ラーの翼神竜》は召喚を無効にされない効果と、召喚時に自分以外の効果を発動させない効果を持っているわけさ。つまり、自分の格好良い登場シーンは誰にも邪魔させないというわけだね!
「せんせー。《ラーの翼神竜》は、召喚時以外ではふつーの魔法や罠やモンスター効果で/
さて、《ラーの翼神竜》は召喚時に自分以外の効果が発動することを認めない。自分以外が発動しないということは、このカードには召喚時に発動できる効果があるということさ! 《ラーの翼神竜》の特徴的な効果は二つある。そのうちの一つは、自分のライフポイントが相手を上回っていた場合、それだけで勝ったも同然になるというものだ!
「…………」
正確には、この効果は自分のライフポイントを100まで減らすことで、減らした数値をラーの攻撃力に変換するというものだね! つまりライフポイントが無傷の8000状態なら、攻撃力は7900というわけさ! こんな大きな数値じゃあ、一撃で勝負が決まってしまうね!
「……せんせー。見て見ぬふりはずるいのですよー」
さて、こんな強力なラーにはもう一つの……もうやめよう。この流れは弱いモンスターを強そうに見せかける、以前にも一度やった悪趣味な紹介だね。結論を言おう。《ラーの翼神竜》は観賞用カードだよ。
「せんせー! それは最後に言うべきなのですよー!」
いや、いいよ。嘘をついた以上は最後までつき続けるべきなんて言葉は嘘だからね。嘘は適当に嫌になったところでやめるべきだ。ということで説明を続けるけど、ラーの持つもう一つの効果は、ライフポイントを1000払うことで相手モンスター一体を除去するという、使い勝手の悪いものだ。
「相手を一体倒すくらいは、ふつーの魔法1枚でできますからねー」
そして、ラーのパワーアップ効果は召喚時にしか発動できず、使えばライフが100になる。つまり、ラーがパワーアップした場合、1000ポイント払って発動する破壊効果は使えない。使えないと、せっかくの高攻撃力も壁モンスターに阻まれて通じないということになりかねない。《ラーの翼神竜》は高攻撃力のモンスターとして使うか破壊効果を持つモンスターとして使うか、どちらかしかできないわけさ。
「しかし、破壊効果のモンスターには、もっと使いやすいものがいるのですよー」
それこそ、いくらでもいるだろうね。破壊対象を限定しないことと1ターンに何度でも発動できることは多少優秀な部類だけど、《ラーの翼神竜》を出すまでに三体の生け贄を捧げていることを考えれば、あまりにも遠回りな除去だ。三体の生け贄が揃って残っている状況だったなら、除去すべき相手モンスターは驚異的とは呼べない力の持ち主のはずだからね。
「すると、ラーは高攻撃力のモンスターとしてだけ使うことになるのですねー」
まあ、こちらにしてもほかのモンスターで代用が利くと言ってしまえばそこまでだけど、しかしライフポイントのほぼすべてを攻撃力に変換するということは、前もってライフ回復カードを使っていれば勝利に近づけるということでもある。
「それは珍しーですねー」
とても珍しいね。ライフを回復する効果は、いくら回復しても勝利に近づけないゲームの仕様上、普通に考えればただの時間稼ぎにしかならない。1枚のカードで回復できるライフポイントはいいところで2000くらいだ。それは一体のモンスターに一度直接攻撃されれば消えてしまうような数値でもある。それなら、回復カードを使わずにモンスターを除去するカードを使ったほうが、よほど実益があるというわけさ。結局のところ、九割九分のデュエルで勝敗を決めるのはモンスターによる戦闘ダメージだからね。何度も攻撃してライフポイントを奪ってくるモンスターを無視しながら奪われた数値を回復し続けるなんて、殴られるために延命処置をしているようなものだ。つまり、ただ回復するだけでは何の解決にもなりはしない。
「せんせー。ライフを2000よりも多く回復できるカードは、色々とあるはずなのですけどー」
そうかな。ぼくもライフ回復には疎いからはっきりとは言えないけど、一番使いやすいライフ回復カードは《神の恵み》あたりじゃないかと思っているよ。
「わたしが言っているのも、そのカードのことなのですけどー」
何と、見解が一致したね。しかし、意見が食い違うのはなぜなのかな。

「《神の恵み》はドローするたびに500回復しますからねー。ノーリスクノーコストで、使いやすいのですよー」
たしかにこれは比較的優秀なカードだ。なにしろ、ライフ回復は勝敗に直結するとは言い難いんだからね。逆に言えば、このカードが相手に積極的な除去を受けることはない。序盤で発動しても終盤まで残って、5000ポイントくらい回復することが、なくはないかもしれないな。
「すると、このカードは、実は強いのではないでしょーかー?」
それはどうかな。ライフポイントが多いからといって、相手モンスターが攻撃をやめてくれるわけじゃないからね。もちろん、ライフを攻撃力に変換する《ラーの翼神竜》にしてみれば《神の恵み》は有用なカードだけど……これはどちらかと言うと、神への恵みになっていないかな。
「……………………」
面白くなかったようだね。
「せんせー。次回はオベリスクの話なのですねー?」
おっと、なにを言っているのかな。《ラーの翼神竜》の話に続いて、今回は次回に続かずこのまま《オベリスクの巨神兵》の話もするのさ。
「そーなのですかー? それは長すぎると思うのですけどー」
長いと言うよりは重くなるから、オベリスクについては簡単に済ませようか。
「ははー。どーぞー」

オベリスクは自由に特殊召喚できるから、墓地に送って蘇生カードで特殊召喚しつつ、適当に要らないモンスターを通常召喚してみよう。オベリスク自身と召喚したモンスターを生け贄に捧げることで、相手モンスターを全滅させるゴッド・ハンド・インパクトが発動するよ。
「せんせー! ラーの破壊効果の意味がなくなったのですよー!」
おっと……本当だね。まあ、《ラーの翼神竜》は《オベリスクの巨神兵》よりもランクが高いと言いつつも、実際にはこの通り、ほとんど使い物にならない神だ。攻撃力上昇効果にはまだ使える余地が残っているかもしれないけど、そのくらいで最強の神を名乗るわけにはいかないね。
「そーですねー。三幻神にランクはありませんからねー」
よくわからないところに反応するね。ランク設定を再現していたら、《ラーの翼神竜》は色々な除去を完全に無視する理不尽なカードになっていたかもしれないよ。
「それはそーですけどー、そーいうランクではないのですよー」
どうにも、きみは意味不明なことを言い出すようになっているね。……おや?
「せんせー。ところで、オベリスクはどーやって使えばいーのですかー?」
いや。この話はここで終わりだ。オベリスクについては、今回は深く話さない。
「そーなのですかー?」
どうしてなのか、ぼくには急に話を終わらせる力が戻ってきたようだ。一つだけ付け加えておくと、三幻神は召喚時に効果を発動させないから、本来生け贄に使うと嬉しい《クリッター》も生け贄要員としては相応しくない。『タイミングを逃す』ことがないはずの強制効果すらも、神から『発動するな』と言われてタイミングを逃してしまうからね。さて、それじゃあこの話は終わりだよ。オベリスクの話はまたいつかの機会に取っておこう。
「せんせー! いつかの機会はいつなのですかー?」
《オシリスの天空竜》がOCGカードになった時かな。
JUGEMテーマ:遊戯王

スポンサーサイト

  • 2012.03.30 Friday
  • -
  • 11:12
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
PR
ピンポイントレッスン
遊戯王ZEXAL ピンポイントレッスン
遊戯王ARC-V ピンポイントレッスン
遊戯王OCG ピンポイントレッスン
リンク
遊戯王OCG公式
OCGカードデータベース
アクセスカウンタ
ブログパーツUL5
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM