<< せんせーとわたしの英雄親和(その6) | main | せんせーとわたしのトラップイーター(その二) >>

スポンサーサイト

  • 2012.03.30 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


せんせーとわたしのトラップイーター(その一)

(罠食らいの大食らい。自分の攻撃のみを考える、文字通りのモンスター)《神炎皇ウリア》
「せんせー! 今回の話は三幻魔の話なのですねー?」
その通り。しかし、だからと言ってその三体すべてを話すというわけじゃないよ。
「ははー。すると、悪魔族か永続魔法か永続トラップの話になるのですかー」
どれになるか、予想できるかな?
「そーですねー。一行目から考えますとー、きっと《神炎皇ウリア》の話なのですねー?」
その通り。今回の話の中心に立つのは、《オシリスの天空竜》にとても見た目を持つ《神炎皇ウリア》だ。
「三幻魔は、三幻神に似せたカードたちですからねー」
そうだね。しかしその元ネタの《オシリスの天空竜》はいまだOCGのカードとして登場していない。つまり、三幻神をすべて入れたデッキは作れないということだけど、そういう場合は代わりにこの《神炎皇ウリア》を投入するのも手だね。
「そーですかねー? 《神炎皇ウリア》を使うには、色々問題があったはずなのですけどー」
しかし、《オシリスの天空竜》の画像を見てごらん。これだけ酷似しているなら問題はないと思うよ。

「ふむー? どこかで聞いたよーな台詞ですねー」
そうかな? ぼくにはまったく覚えがないよ。さて、それじゃあ話の本題に入ろうか。
「どこで聞いた台詞でしたかねー……」
《神炎皇ウリア》を場に出すには、自分の場に表側表示で存在するトラップカードを3枚墓地に送る必要がある。
「つまり、永続トラップ三つを発動済みでなければ、出せないのですねー」
この場合は『表側表示で存在』していれば永続でなくとも墓地に送れるから、単にトラップカードとしか表現できないな。
「せんせー。魔法にはフィールドや装備もありますけどー、場に留まるトラップは永続だけなのですよー」
それはどうかな?
「ど、どーなのですかー?」
通常のトラップカードの中にも、場に留まるカードがあるんだよ。
「そーなのですかー?」
たとえば、その中でも優秀なものを挙げると《鎖付き爆弾》がある。これはモンスターに装備することができる、珍しいタイプのトラップカードだ。

「このカードも《神炎皇ウリア》で墓地に送れるのですかー……」
送れるね。送れるけど、でも実際に《鎖付き爆弾》をあえて使う必要はないから、これはあくまで一例だ。そもそも《神炎皇ウリア》の性質から考えると、できれば通常トラップよりも永続トラップを使っておきたいところかな。
「そーですねー。永続トラップを使っただけ、ウリアはパワーアップしますからねー」
正しくは『使っただけ』じゃなくて『墓地にあるだけ』だけどね。永続トラップはその名の通り、基本的に発動すると場に留まり続ける。それらを墓地に送るのが《神炎皇ウリア》を特殊召喚する条件だけど、しかし《神炎皇ウリア》の攻撃力は初期値が0で、墓地の永続トラップ1枚につき1000ポイント上昇するから、永続トラップが永続の名の通りにすべて場に留まり続けると、ウリアの攻撃力は微妙なラインで止まってしまう。
「微妙ですかねー?」
ウリアの特殊召喚時に永続トラップのみを3枚墓地に送ったとすると、その初期攻撃力は3000。これはもちろん高い数値だけど、しかしこれだけでは安心できないな。
「せんせー? 攻撃力3000がいきなり登場すれば、とても強いはずなのですよー」
それはそうだけどね。しかし、そこには二つの問題がある。まず一つ目は、ウリアを場に出すためには必ず3枚のトラップカードを犠牲にしなければならないことだ。ルール上の処理は別物だけど、これは実質的には三体の生け贄を捧げるのと同じようなものだ。
「三幻魔ですからねー」
三幻神に匹敵すると言われる設定の三幻魔なら、たしかにこのカード消費は当然だ。だけど、当然だからと言ってその消費の結果が攻撃力3000では、どうにも出した甲斐がない。ちょっとした高攻撃力モンスターを出すのなら、もっと手軽な方法はいくらでもあるからね。
「たしかに、《青眼の白龍》なら、もっと簡単に出せますねー」
必ず永続トラップ3枚と自分自身の計4枚が場や手札に揃わないと出せない点。これが《神炎皇ウリア》第一の問題だ。
「その問題の解決法はあるのですかー?」
その前に、もう一つの問題だよ。永続トラップカードは、普通なら何枚も使うようなものじゃない。なにしろ、あらゆるフィールド上トラップを無力化する《王宮のお触れ》というカードがあるからね。

「これも永続トラップですねー」
永続トラップにして永続トラップへのキラーカードだ。このカードを使われた場合、永続トラップ主体のデッキは壊滅的な被害を受ける。どうにか《王宮のお触れ》を破壊しない限り、そのデュエルでは逆境に立たされ続けることになるだろうね。
「しかしですねー。《王宮のお触れ》が怖いのなら、そもそも永続トラップを多用しなければいーのですよー」
そう。それが一番の解決法だ。しかし《神炎皇ウリア》を使う場合には、デッキの中を永続トラップだらけにしておく必要があるんだ。
「どーしてなのですかー?」
簡単な理屈だよ。三体のモンスターを生け贄にするかのように3枚のトラップを犠牲にして出す《神炎皇ウリア》。このカードを使う場合、その犠牲役たる永続トラップの枚数は普通のデッキの下級モンスター並みに用意しておかないといけない。せっかくの強力なモンスターを手札に持っていても、場に永続トラップが並ばないと力は発揮できないからね。
「つまり、永続トラップばかりをデッキに入れて、ウリアを引いたターンですぐに出すということなのですかー?」
そういうことだよ。より端的に言うと、ウリア用に特化したデッキを組もうということになる。
「たしかに、《神炎皇ウリア》はふつーのデッキで出せるカードではなさそーですねー」
つまり、一つ目の問題『永続トラップが場になければ出せない』点と、二つ目の問題『デッキの中に永続トラップばかりを入れないといけない』点。この二つは、一つ目が本当の問題で、二つ目がその回答というところかな。
「永続トラップが多くなければいけませんからー、ふつーに永続トラップ枚数を多くするのですかー」
単純すぎる解決法だね。その裏には『墓地の永続トラップを増やせないと意味がない』という攻撃力の問題と『《王宮のお触れ》を使われるとデッキパワーが削がれる』というトラップ戦術の問題もあるけど、とりあえず今回はそれらを無視して、採用する永続トラップの強さを見ることにしようか。
「無視していーのですかー?」
よくはないけど、その問題はあとで解決するから大丈夫さ。それじゃあ、まずはこの《グラヴィティ・バインド−超重力の網−》から見てみようか。

「このカードは、せんせーが少し前に使っていましたねー」
使っていたというほどじゃなく、デュエル中にたまたま見せることになっただけだけどね。《グラヴィティ・バインド−超重力の網−》はレベル4以上のモンスターの攻撃を封じる。単純な効果だけど、単純ゆえにとても強い。このカードを突破しない限り、攻撃のみを考える上級モンスターたちは棒立ちするしかないからね。
「しかし、このカードは制限カードですからねー。一度破壊してしまえば、二度と同じことはできないのですよー」
たしかに、このカードは制限カード指定を受けているね。つまり、こなみんが直々に『複数枚使ったりしないように』と言ったわけだ。だから1枚目が突破されればそこまでだけど、しかし、果たして簡単に突破できるかな?
「ふつーに《サイクロン》あたりを使えば、ふつーに破壊できるのですよー」
と思うだろうね。しかし、ただの《サイクロン》で破壊できるとは限らないよ。
「ははー。別の永続トラップを引き合いに出すのですねー?」
その通り。永続トラップカードの効果は、場を離れた瞬間に効力を失う。つまりただ永続トラップを『破壊する』だけの《サイクロン》でも、誇張すれば『効果を無効にする』ことすら可能になるわけだけど、しかし永続トラップには強力なサポート永続トラップがある。それが《宮廷のしきたり》だよ。
「このカードは、破壊を防ぐカードですねー」

自分自身以外の永続トラップは破壊できなくなるという効果を持つカードだ。永続トラップに対して放たれた《サイクロン》にチェーンしてこれを発動すれば、それはさながら『破壊する効果を無効にする』効果でも持っているかのような立ち回りを演じてくれるわけさ。
「せんせー。《宮廷のしきたり》は、元々そーいう風に使うためのカードなのですけどー」
まあ、たしかに大体はそんな役割のカードだね。さて、どうかな。《王宮のお触れ》がある一方で、永続トラップばかりのデッキを支持してくれるかのような《宮廷のしきたり》も、こうしてある。このカードを使えば、相手の行動を永続トラップで妨害しつつ、《神炎皇ウリア》を手に入れればその超攻撃力で攻撃、という戦術が可能になる。
「ははー。まるで《オシリスの天空竜》のよーな使いかたですねー」
準備に時間がかかるという点では似通っているのかな。ちなみに、《宮廷のしきたり》の『永続トラップを破壊することはできない』というテキストに関しては少し注意点があるけど、それはこのシリーズの最後に回すとしようか。
「そーなのですかー? シリーズの最後はデュエルなのではー?」
今回はそのパターンにはならないよ。
「ははー。それはどーですかねー?」
ならないと言ったら、ならないよ。
JUGEMテーマ:遊戯王

スポンサーサイト

  • 2012.03.30 Friday
  • -
  • 08:49
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
PR
ピンポイントレッスン
遊戯王ZEXAL ピンポイントレッスン
遊戯王ARC-V ピンポイントレッスン
遊戯王OCG ピンポイントレッスン
リンク
遊戯王OCG公式
OCGカードデータベース
アクセスカウンタ
ブログパーツUL5
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM