<< せんせーとわたしの友情パワー(その二) | main | せんせーとわたしの英雄親和(その2) >>

スポンサーサイト

  • 2012.03.30 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


せんせーとわたしの英雄親和(その1)

(融合! 融合! 超、融合! 強敵に打ち勝つだけの純粋な格好良さ)『融合召喚』
「せんせー! 清々しい融合召喚とは何なのですかー?」
今回の話は、融合E・HEROの話だよ。
「……せんせー。ついにネタ切れなのですかー」
おっと、それは誤解だよ。以前の超融合シリーズと今回の話は別物だ。
「ははー。そーなのですかー。なるほどー」
まるで聞いてくれていないね。
「たしかに、そろそろネタ切れが近いとは思っていたのですよー」
わかった。それじゃあ、このカードを見せれば勘違いに気付いてくれるかな。
「ふむー?」
《E・HERO フォレストマン》。スタンバイフェイズに墓地の《融合》を回収できる、融合召喚をサポートするモンスターだよ。

「……なるほどー。このカードで《超融合》は回収できませんからー、たしかに別の話ですねー」
そう。今回はE・HEROを正規融合する、とてもまともな融合E・HEROの話だ。
「正規融合の話はいーのですけどー、ほかの融合方法は使わないのですかー?」
……まあ、E・HEROは色々な融合方法に対応しているから、普通の《融合》しか使わないのはもったいないね。しかし守備力の高い《E・HERO フォレストマン》を横にしておけば、毎ターン《融合》を回収できるから、ここは正規の融合で押していく戦術を主体に考えてみようか。
「そーですねー。ふつーの《融合》で出すとなりますとー、《E・HERO アブソルート/
そう。普通の《融合》で出すとなると、ここは《E・HERO フレイム・ウィングマン》を選ぶべきだね。

「……せんせー? そのモンスターは弱小カードなのですよー」
それはどうかな?
「攻撃力2100なのですよー」
それはどうかな?
「違うのですかー?」
いや、違わないね。その通り、これは攻撃力2100のモンスターだ。《融合》カードは《E・HERO フォレストマン》で回収できると考えても、融合素材二体を犠牲にして出てくるのが攻撃力2100となると、どうにも頼りないね。
「ふつーの上級モンスターに倒される攻撃力ですからねー」
ということで、《E・HERO フレイム・ウィングマン》には得意なフィールドに上がってもらおう。フィールド魔法《摩天楼 −スカイスクレイパー−》。このカードを使えば《E・HERO フレイム・ウィングマン》はとても強力だ。
「そーですかねー?」

この摩天楼は、E・HEROが攻撃力の高い相手に挑む時、攻撃力を1000ポイント上昇させてくれる。つまり、攻撃力2100の《E・HERO フレイム・ウィングマン》でも攻撃力3000ほどのモンスターを一方的に葬ることができるわけだ。
「たしかに、攻撃力3000まで対応しますとー、そこそこ使えますねー」
そして《E・HERO フレイム・ウィングマン》の効果は、戦闘で破壊したモンスターの攻撃力分だけ相手に戦闘ダメージを与える。有り体に言えば、《地縛神 Ccapac Apu》と大体同じ効果だね。
「それは違うのですよー。アプが《E・HERO フレイム・ウィングマン》と似た効果なのですよー」
どちらが先かということに意味はないよ。この場合はただの似たモンスターというだけだから、罪も問わない。
「しかし、《E・HERO フレイム・ウィングマン》が先なのですよー」
それはたしかにそうだけどね。……さて、どうだろう。こうして専用フィールドがあることを考えると、E・HEROは戦闘面で強いということがわかるんじゃないかな。
「せんせー。しかし、《摩天楼 −スカイスクレイパー−》の効果は自分が攻撃する時だけなのでしょー?」
最近のきみは、察しが良すぎるよ。
「つまり、相手の強力モンスターを倒したとしてもですねー、相手のターンには《E・HERO フレイム・ウィングマン》は攻撃力2100ですから、すぐにやられるのですよー」
そう言われると、どうしようもないな。
「やはり《E・HERO フレイム・ウィングマン》は弱いのですねー」
それは言ってはいけない言葉だと思うけどね。
「いーえ、こんなカードは、きっと【E・HERO】でも1枚しか使えないのですよー」
……1枚も使えない、とは言わないのかな。
「それはどーですかねー」
それはツンデレかな?
「いーえ、それは違うのですよー」
それはツンデレだね?
「……違うのですよー」
そうか。残念だけど、それじゃあ仕方ないな。次に行くとしよう。
「さっそく次回に続くのですかー?」
E・HEROの種類の多さはとても異常だからね。いくらでも続いて話すことができるんだ。
JUGEMテーマ:遊戯王

スポンサーサイト

  • 2012.03.30 Friday
  • -
  • 09:33
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
PR
ピンポイントレッスン
遊戯王ZEXAL ピンポイントレッスン
遊戯王ARC-V ピンポイントレッスン
遊戯王OCG ピンポイントレッスン
リンク
遊戯王OCG公式
OCGカードデータベース
アクセスカウンタ
ブログパーツUL5
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM