<< せんせーとわたしのリバーストラップ | main | せんせーとわたしの友情パワー(その二) >>

スポンサーサイト

  • 2012.03.30 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


せんせーとわたしの友情パワー(その一)

(犠牲以上の戦果を挙げる。正真正銘超強力)《レインボー・ネオス》
「せんせー! 今回は何の話なのでしょーかー?」
今回は《レインボー・ネオス》の話だけど……ここのところ、少し妙じゃないかな。
「どーしたのですかー?」
いや。この話はきみやぼくやきみの友達のデッキの話じゃないからね。これはこれでピンポイントレッスンらしいと言えばそうだけど、しかし最近の傾向とは離れてないかと思ってね。
「そーですかねー? わたしのデッキは完成してしまいましたからー、誰かのデッキの話になるのは難しーのですよー」
そう言えばそうなのかな? この《レインボー・ネオス》の性質から言うと、今回はぼくの新デッキの話でもおかしくないんだけどね。
「そーなのですかー?」
このカードは、効果の強力さだけで言えば最強のモンスターと形容されてもおかしくないほどだからね。
「ははー。しかし、せんせーにはモンスターに頼らない設定がありますからねー」
その設定は、さすがにもうないと言ってもいいはずだ。なくなったと言うよりは変わったということになるけど……それはとりあえずいいかな。おとなしく《レインボー・ネオス》の話をしようか。
「そーですねー」

このモンスターは、三種類の凶悪な効果を持つ。三つの効果はどれも理不尽極まりなく、1ターンにそれらの一つを一度だけ発動することができる。
「つまり、凶悪な効果を全部使おーとしますとー、3ターンかかるのですねー?」
それは、あくまで《レインボー・ネオス》が一体しか出なかった場合の話だね。このカードが二体三体と並んでしまえば、三つの効果を1ターンに全部網羅することもあるかもしれないよ。
「ははー。それは大変そーですねー」
実感がこもっていないのは、効果の説明がまだだからかな。それじゃあ、三つの効果を一つ一つ説明していこう。
「どーぞー」
一つ目の効果は、自分フィールド上のモンスター一体を墓地に送ることで発動する。
「凶悪な効果ですねー」
発動コストは効果じゃないよ。それに、コストが無茶苦茶というわけでもない。自分のモンスター一体を墓地に送ることで、《レインボー・ネオス》は相手のモンスターすべてをデッキに戻してしまう。
「……デッキに、なのですかー?」
そう。『デッキに戻す』。この除去方法は、遊戯王のあらゆる除去の中でも『手札を交換する』という例外さえ除けば間違いなく最強最悪の除去方法だよ。
「どれほど最悪なのですかー?」
たとえるなら、長編小説の夢落ちみたいなものかな。理不尽極まりなく、抵抗のしようがなく、そして一矢報いる隙もない。
「わかりにくい譬えですねー」
それは文字がわかりにくいね。それじゃあ、比較を使ってみようか。あらゆる除去の中で『デッキに戻す』が最上位と考えるには、それ以外の除去を考える必要があるね。
「そーですねー。まずは『破壊』や『除外』が除去の中心ですねー」
そうだね。もっとも基本的な『破壊』。この除去を受けたカードは通常、墓地に送られる。しかし遊戯王の墓地は第二の手札と称されることもあるほどに手をつけやすい場所だ。

「墓地のモンスターは《死者蘇生》で復活させられますしー、墓地で発動する効果もありますからねー」
そして墓地のカードが多いというだけで強力なカードの使用条件が満たされることもある。『破壊』されるということは、次の手への布石になるということだよ。
「つまり、破壊されてもされなくても、どちらでもいーことが多いのですよねー」
ということで、『破壊』には決定的なほどの影響力はない。一方の『除外』はと見てみると、除外されたカードを再利用する手段はほとんどない。除外領域が第三の手札のように機能するわけでもなく、事前に『除外』を利用しようとデッキ構築を風変りにしない限りは、『除外』されたカードは再利用不可能だ。

「そーですねー。デッキのキーカードが『除外』されると、それだけで負けるかもしれないのですよー」
『破壊』よりも『除外』のほうが、相手のカードを潰すという面では除去らしい除去だろうね。だけど、それでも『デッキに戻す』よりは凶悪性が薄いわけだ。その理由を言う前に、ここで別の除去方法のことも話しておこう。
「別の除去と言いますとー、『手札に戻す』あたりなのですかー?」
そのあたりだね。『手札に戻す』除去は、手札やメインデッキに所属しない融合モンスターとシンクロモンスターに対しては『デッキに戻す』と同じ処理を行なう。つまり、エクストラデッキにそれらを戻すことになる。こういうところを見ると、『手札に戻す』は場合によっては凶悪になる可能性を秘めていると言える。
「しかし、ふつーのモンスターには、ふつーに手札に戻すだけですからねー」

手札に戻るとなると、場で装備していた装備魔法とは縁が切れて、それ以外の場のカードとも繋がりを断ち切られることになる。だけど、ただ手札に戻ったなら、それは再び召喚すれば基本的には元通りだね。
「そーですかねー? 断ち切られた繋がりは戻らないのですよー?」
そうは言っても、戻されたモンスター自身は無事だから、基本的には何も失わない。『手札に戻す』除去は、こういう風に、場合によっては除去ではなく一時しのぎにしかならないことがある。特に、召喚時にのみ発動する効果モンスターあたりは、むしろ一旦戻されたほうが嬉しいくらいだからね。
「『破壊』や『除外』と違って、確実にすぐ使えますからねー」
だから『手札に戻す』ことの凶悪性は、どうしても相手に依存してしまう。相手が融合やシンクロばかりを使うなら『デッキに戻す』と似た性質にもなるけど、ただの通常召喚で攻めてこられた場合は攻め手を遅らせるだけだからね。それが『デッキに戻す』との最たる違いだ。
「ふむー。すると、『デッキに戻す』は、どー凶悪なのですかー?」
まず、一つ。デッキに戻されたカードは、再び引くまで使えない。つまり、『破壊』されたカードのように布石になるということが、まずないと言える。
「デッキのカードに影響するカードは、そんなに多くありませんからねー」
さすがに、墓地や除外領域を第二第三の手札として使えるくらいならともかく、デッキそのものを手札のように使えてしまうと、ゲームバランスが崩壊するからね。
「ドローのランダム性に意味がなくなりますからねー」
よって、デッキに戻ったカードを、戻ったことを逆手にして活かすというプレイングは難しい。『デッキに戻す』を受けた場合、それは『破壊』のような布石にはならず、『除外』のように再利用が困難なんだ。
「しかしですねー、せんせー。『デッキに戻す』ということは、除去されたカードはまた使えますからー、『除外』ほどに再利用が難しくはないのですよー」
いや、デッキに戻ったそのカードを即座に手元に呼び寄せられない限り、再利用は難しいよ。たとえば《死者蘇生》を引きたいと思っても、デッキから狙って引くことは、普通は無理だからね。
「……ふむー。つまり、デッキに戻ったからと言って、使えることにはならないのですかー?」
それに、場合によっては再利用できないほうがいいかもしれないな。デッキに戻ったカードを引き当てた場合、それはどういうことになるかわかるかな?
「運が良かったのですねー」
違うよ。運はいいかもしれないけど、『破壊』や『除外』ならまず引き当てられなかったカードをドローしたということは、本来のドロー機会が潰されたということさ。
「……どーいうことなのですかー?」
さて。このあたりで、今回の『デッキに戻す』話は切り上げるとしよう。
「せんせー? 話の途中ではないですかー!」
それを言うなら、《レインボー・ネオス》の効果説明がまだ途中だったね。こちらが先だよ。
「ははー。それはそーですけどー」

つまり、『デッキに戻す』は一つの除去方法である。これを踏まえてくれれば効果説明には十分かな。
「そーなのですかー?」
そうなんだよ。《レインボー・ネオス》のモンスター効果は、三つが三つとも最悪の除去である『デッキに戻す』だ。
「そー聞きますとー、とてもすごいモンスターなのですねー」
とても恐ろしいモンスターだよ。第一の効果は、先に言った通り自分モンスターを墓地に送ることで発動し、相手モンスターすべてを『デッキに戻す』。
「なるほどー。『除外』や『手札に戻す』よりも凶悪と考えますとー、とても滅茶苦茶な効果ですねー」
その通り。遊戯王では1枚のカードで複数枚のカードを除去するということが、あまりない。このモンスターは特別なエピソードがあったからか、そういった除去に関する制約を一切免除されている節がある。
「エピソードですかー?」
アニメの話だけどね。さて。そんなこのカードの効果は、あと二つも残っている。二つ目の効果は一つ目の効果に似ていて、墓地送りにするカードと『デッキに戻す』カードを魔法・罠に置き換えただけだと考えてくれていい。
「自分の魔法と罠を墓地に送って、相手の魔法と罠を『デッキに戻す』のですかー」
いや。この効果が一つ目の効果と大きく違うのは、自分は魔法か罠のどちらでもコストにできることだ。だけど、どちらをコストにしても、相手は魔法も罠もデッキに戻さないといけない。
「ふむー。しかし、魔法や罠はそれぞれを合わせて、モンスターと同格ですからねー」
それはデッキ構築の話かな。基本的にデッキの半分はモンスターだと考えれば、たしかに魔法と罠は一緒くたにしてもいいかもしれないね。
「凶悪と言えば、凶悪かもしれない効果ですねー」
しかし、この二つ目の効果には一つ目の効果に劣っているところもある。一つ目の効果はモンスターを墓地に送ることで発動するから、状況によっては《レインボー・ネオス》自身をコストにしても発動できる。しかし二つ目の効果は確実に魔法や罠を用意する必要があるから、余裕のない状況ではこの効果は使えないかな。
「なるほどー。使えない効果なのですねー」
一部だけを切り取って読み取るのは、卑怯だよ。
「そーですかー?」
……と、それはいいか。最後の、三つ目の効果。おそらく、この効果を受けても無事なのは『除外』をデッキコンセプトに据えているデッキだけだろうね。三つ目の効果は、相手の墓地のカードをすべて『デッキに戻す』。
「そんな馬鹿なー!」
おっと。さすがに反応も大きいね。
「『デッキに戻す』? デッキに戻すのですかー? ただごとではないのですよ! 危機的ですよ! 壊滅的ですよ! あんまりなのですよー!」
落ち着いて。語尾を伸ばし忘れているよ。
「むきー!」
大変だ。今さらになってキャラが壊れてくるとは。
「むきー!」
それじゃあ……ええと。そうだ。《レインボー・ネオス》はこれだけ強力な効果の上に攻撃力4500だから/
「むきー!」
話を聞いてくれないかな。
「むきー!」
《レインボー・ネオス》を実際に出すことは、とてもとてもとても難しいよ。
「……そーなのですかー?」
よし。落ち着いたね。
「嘘だったのですかー!」
わかった。理由を言うよ。《レインボー・ネオス》の融合素材は/
「それくらいは知っているのですよー! 《E・HERO ネオス》と《究極宝玉神 レインボー・ドラゴン》を融合するのでしょー? しかしですねー、融合素材が二体だけで効果が強力なら、いくらでも出しかたはあるのですよー!」
《レインボー・ネオス》の融合召喚に、《沼地の魔神王》は使えないよ。
「……そーなのですかー?」
《レインボー・ネオス》の融合召喚は、《E・HERO ネオス》と『究極宝玉神』でしか行えない。そしてこのモンスターは融合召喚でしか特殊召喚できないから、墓地に行けば《死者蘇生》することもできず、ただ沈黙するしかない。
「なるほどー。ほんとーにふつーに融合するしかないのですねー」

そして、指定している融合素材モンスターのレベルが7と10だから、レベル8専用の《トレード・イン》あたりで手札事故を防ぐこともできない。どうかな。こうして見てみると、威力が絶大なだけに出しにくいモンスターだということがわかったはずだよ。
「たしかに、そーですねー。思ったほどでもなかったのですよー」
それじゃあ、今回の話は二本立てだから、次回では『デッキに戻す』の性質の続きと、【レインボー・ネオス】の話をするよ。
「《レインボー・ネオス》の話ではないのですかー?」
デッキとしての【レインボー・ネオス】の話だよ。
「……せんせー? 《レインボー・ネオス》だけでデッキが作れるのですかー?」
……。
「せんせー?」
それは、どうかな?
「どーなのですかー?」
教えられないよ。
「せんせー?」
JUGEMテーマ:遊戯王

スポンサーサイト

  • 2012.03.30 Friday
  • -
  • 09:03
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
PR
ピンポイントレッスン
遊戯王ZEXAL ピンポイントレッスン
遊戯王ARC-V ピンポイントレッスン
遊戯王OCG ピンポイントレッスン
リンク
遊戯王OCG公式
OCGカードデータベース
アクセスカウンタ
ブログパーツUL5
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM