<< せんせーとわたしの自場地縛神(そのコカライア) | main | せんせーとわたしの友情パワー(その一) >>

スポンサーサイト

  • 2012.03.30 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


せんせーとわたしのリバーストラップ

(擦り切れるまで使えるトラップ。奇襲性よりも利便性)『そしてセットする』
「せんせー! 今回は何の話なのでしょーかー?」
今回の話は、何と一本立ての話だよ。
「それはいーのですけどー、何の話なのですかー?」
そうだね。今回の話は、何とあのトラップカードの話だよ。
「何の話なのですかー?」
よし。これくらいが限界みたいだね。それじゃあ名前を明かそう。今回は《くず鉄のかかし》の話だ。
「なるほどー」
なるほど? どうしていきなり納得しているのかな。
「いーえ。一本立ての話となりますと、びみょーな罠の話だと思いましてー」
そんな予想が立てられていたのか。なるほどということは、きみは《くず鉄のかかし》が微妙だと思ったのかな。
「そーですねー。びみょーかどーかが、びみょーですねー」
とてもあやふやだね。
「使えないカードではないのですけどー、使いたいカードでもないのですよー」
そういうことか。たしかに、デッキを作る時に『ここは《くず鉄のかかし》を入れるべき』と思うことは少ないかもしれないね。
「入れたとしても、特に活躍しませんからねー」
かといって役に立たないかと言えば、そんなに弱いカードでもないけどね。
「強いか弱いかが、そもそもびみょーなのですよー」

《くず鉄のかかし》は相手モンスターの攻撃を一度止める通常トラップだ。その最大の特色は、攻撃を止めたあとで墓地に送られず、再び場に伏せるところにある。これは分類上は通常罠だけど、性質は永続罠に近いよ。
「除去されない限り、場に残り続けますからねー」
トラップカードや速攻魔法カードは伏せたターンには発動できない。この原則がある以上、場に再びセットされた《くず鉄のかかし》はそのターン中に使えない。だから、《くず鉄のかかし》は1ターンに一度相手の攻撃を止めるカードということになる。
「攻撃を止める効果はいーのですけどー、止める以外にはなにもしませんからねー」
専守防衛のカードだから、攻撃モンスターを破壊したり除外する性能を持つカードよりは見劣りしてしまうわけだね。しかし、このカードにはこのカードにしかできない、有効な使いかたがある。
「ははー。禁止カードの話なのですかー?」
それはやめておこう。《くず鉄のかかし》の特徴は、1ターンに一度攻撃を防げる点。この効果を活かすには《カイザーコロシアム》がちょうどいい。

「変わったカードが出てきましたねー」
《カイザーコロシアム》は、相手の場のモンスターの数を自分の場のモンスターの数までに抑える効果がある。つまり、自分のモンスターが一体の場合、相手は一体しかモンスターを出せないわけだ。
「しかし、このカードの発動前に存在するモンスターには、お構いなしのよーですけどー」
それはそうだね。でないと、相手がモンスターを大量に出しているところに《カイザーコロシアム》を発動するだけでそれらを除去できることになってしまう。そんな攻撃的な性質は《カイザーコロシアム》には備わっていない。これは、あくまで相手を縛るだけのカードだよ。
「ふむー。《くず鉄のかかし》も相手の攻撃を防ぐだけですけどー、そこに《カイザーコロシアム》で守りを固めても、まるで勝ちに繋がらないのですよー」
たしかに勝ちには繋がらないね。だけど、守っているだけでも勝ちに繋がるような特殊勝利の方法が、遊戯王にはいくつかあったはずだよ。
「すると、これは《終焉のカウントダウン》の話なのですかー?」
あるいは【エクゾディア】の話かもしれないな。とにかく、ものによっては時間を稼ぐだけで、時間を潰すだけで勝利を得ることができる。自分の場にモンスターを一体だけ出して《くず鉄のかかし》と《カイザーコロシアム》を準備すれば、それが何度でも相手の攻撃を防いで勝利に近付く布陣になるわけさ。
「……せんせー。時間を潰すカードには、もっと色々あるのですけどー」
たしかに色々あるね。だけど、《カイザーコロシアム》にはモンスターの展開を防ぐことでシンクロ召喚の機会を潰すという性能もある。だからシンクロモンスターに怯える必要はなくなる。融合召喚は状況次第かな。儀式召喚は……いや、儀式はそもそも使われるのかな。
「せんせー。シンクロも融合も儀式もできないとしてもですねー、アドバンス召喚なら《カイザーコロシアム》の中でもモンスターを出せるのですよー」
なるほど。だけど、生け贄召喚で《カイザーコロシアム》を破られる可能性が実際にあるかは、とても怪しいね。
「そーですかねー。アドバンス召喚できるモンスターには《氷帝メビウス》がいますからー、《くず鉄のかかし》と《カイザーコロシアム》を並べたところで、確実に勝てるとは限らないのですけどー」

……。
「せんせー?」
ちなみに、《カイザーコロシアム》の効果は自分の場にモンスターがいないと発揮されないから、できれば《マシュマロン》を一体だけ出しておくのがいいかな。

「せんせー。どーして《マシュマロン》なのですかー?」
これは戦闘では破壊されない優秀なカードだからね。このカードと《カイザーコロシアム》だけでも場は持つ。場が持てば、きっと特殊勝利の条件が揃ってやがてはデュエルに勝てるだろうね。
「せんせー。《くず鉄のかかし》はどーしたのですかー?」
《くず鉄のかかし》も《マシュマロン》との相性はいいよ。守備表示モンスターとの戦闘でも超過ダメージを与える、いわゆる『貫通』持ちモンスターが《マシュマロン》を襲ってきても、一体だけなら毎ターン防げるからね。
「ふむー。しかし、《マシュマロン》は制限カードなのではー?」
大丈夫だよ。《マシュマロン》には亜種がいくつかいるから、似たようなことは簡単にできるよ。うん。おそらくはね。
「せんせー。《終焉のカウントダウン》や【エクゾディア】で勝つ方法は、もっと単純なものがあったはずですけどー」
よしてくれないかな。そんなことを言ってしまうと、《くず鉄のかかし》が強いという話が成り立たないじゃないか。
「そ、そーなのですかー?」
攻撃をしのぐだけのこのカードがいかに強いか、ということをいかに主張するか。それが今回の命題だったんだけど……どうにも、ぼくは失敗してしまったみたいだね。
「毎ターン攻撃を防ぐのですからー、相手ターンに無防備な《混沌幻魔アーミタイル》と組み合わせる手がありますねー」
それだ!
「……せんせー?」
それだ! よし! なるほど! それだよ! その通り。《くず鉄のかかし》は《混沌幻魔アーミタイル》との相性がいいから、是非組み合わせて使ってみよう。

「せんせー。アーミタイルはとても出しづらいモンスターなのですけどー」
それは……絆の力で何とかできないかな。
「友情の力でも、きっと出せないのですよー」
それはどうかな?
「いーえ、さすがに無理なのですよー」
まさか、断言されてしまうとは。
「やはり、《くず鉄のかかし》は攻撃を防ぐだけのカードでしたねー」
それは最初からわかっていたことだけどね。
「それでは、また次の機会にー」
次回は、友情の融合モンスターの話だよ。
JUGEMテーマ:遊戯王

スポンサーサイト

  • 2012.03.30 Friday
  • -
  • 08:26
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
PR
ピンポイントレッスン
遊戯王ZEXAL ピンポイントレッスン
遊戯王ARC-V ピンポイントレッスン
遊戯王OCG ピンポイントレッスン
リンク
遊戯王OCG公式
OCGカードデータベース
アクセスカウンタ
ブログパーツUL5
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM