<< せんせーとわたしの自場地縛神(そのアプ) | main | せんせーとわたしのリバーストラップ >>

スポンサーサイト

  • 2012.03.30 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


せんせーとわたしの自場地縛神(そのコカライア)

(『さあ、この魂を捧げる! 永き呪縛から解き放たれよ!』)《地縛神 Ccarayhua》
「せんせー」
おっと、短いよ。もう少しなにか話してくれないと、ぼくには返事のしようがないな。
「せんせー。前回で、もっとも愛らしい地縛神という表現があったのですけどー」
ああ、そうだったね。なるほど。よく考えてみれば、この表現は不適切だったね。
「そーなのですよー」
それじゃあ言い直そう。今回の話は、ぼくの個人的な見方の上ではもっとも愛らしい地縛神、《地縛神 Ccarayhua》の話だよ。

「……せんせー。このモンスターは、どー見ても愛らしくはないのですけどー」
おっと……いや、そうだね。ものの捉えかたは個人の自由だ。きみがそう思ったとしても、それはきみの感性の問題だから、ぼくにはなにも言えないな。
「ふむー。なぜか言いかたが上からですねー」
さて。それじゃあ、今回の話をするにあたって、大事なことを一つ言っておこうか。
「何なのですかー?」
地縛神はフィールド魔法が存在しなければそれだけで死んでしまう。加えて最上級モンスターだ。その種類によっては、直接攻撃できるメリットがろくに意味を持たない場合すらある。つまり、デッキ構築時に少しでも夢を見ると、それだけで戦うことができなくなるかもしれないモンスターたちだ。
「つまり、とても使いにくいのですねー」
それだけじゃないよ。デッキ構築をとても緻密にしたところで、【地縛神】デッキが狙い通り成果を挙げてくれるとは限らない。フィールド魔法要素、地縛神要素、闇属性要素。あるいは種族要素。色々な要素をデッキに組み込む都合上、手札事故の可能性は避けられないからね。
「せんせー。少し話が回りくどいのですよー」
それじゃあ、ずばり言おう。地縛神を使ってデッキを組むと、最善の構築をしても最善の結果は得られない、場合がとても多い。
「ずばりと言えていませんねー」
闇属性モンスターである点を活かす方法。フィールド魔法に重点を置く方法。地縛神であること自体をメリットにする方法。効果を使って無難に戦う方法。二重の戦術を備える方法。人々の魂を生け贄に捧げる方法。どの方法を取っても、勝てない時には絶対に勝てない。なぜなら地縛神はフィールド魔法なしに存在できないからだ。
「なるほどー。今回の話は、地縛神の自壊を逆手に取る話なのですねー?」
いや、そういう話をしてもよかったけど、一層手札事故を増やしても仕方がないからね。地縛神はフィールド魔法がないと出られない。しかし、フィールド魔法があってもなくても、元から出しにくい最上級モンスターであることに変わりはない。だけど、よくよく考えると、これは非常におかしくないかな。
「なにがおかしーのでしょーかー?」
地縛神はただでさえレベル10の使いにくいモンスターで、その上にフィールド魔法を要求する。それなのに、いざ場に出て維持しやすいかと言うと、『攻撃対象にならない』以外には一切の耐性を持たない。
「せんせー。やはり、話が回りくどいのですよー」
そうだね。たしかにこの調子だと話にならないな。少し手っ取り早く言おうか。
「そーしましょーかー」
それじゃあ、きみの友達あたりを参考にして……と。よし、チューニング。
「ふむー。せんせーはまだチューニングなのですねー」
……よし。同調完了だ。じゃあ、改めて《地縛神 Ccarayhua》の話を再開するよ。
「どーぞー」
攻撃対象にならなくて自分は直接攻撃できる最上級モンスター? 言っている意味がわからないな。直接攻撃した時に相手の罠は発動しないのかな。相手ターンで魔法を使われて除去されることは? そして攻撃対象にできずともモンスターを直接破壊するモンスターはいくらでもいるわけだけど、その手のカードたちに、果たして地縛神はどういった対処ができるのかな。
「せんせー。地縛神は、アニメではそれらに対応できたのですよー」
アニメの設定はアニメの設定だね。実際のカードで対応できない以上、地縛神は単にダメージを与えやすいだけの上級モンスター……いや、それよりもひどいかな。
「ははー。貶める作戦ですねー」
フィールド魔法がなければ存在できないということは、魔法を破壊するだけのカードでも地縛神を破壊できるというわけだね。地縛神自身かフィールド魔法かどちらかでも破壊されれば、また最初から出し直さないといけない。……そんなモンスター、そもそも出す意義があるのかな。何度もアドバンス召喚をして、何度も墓地から蘇生して、そのたびに効果でやられるわけか。なら、普通にただのモンスターで数攻めするほうがいくらかまともな結果が得られるんじゃないかな。そうに違いない。地縛神なんて使う意味はまるでないね。
「せんせー! うっかりアドバンス召喚と言っているのですよー!」
おっと。性格の悪さに気を取られていたけど……しかし、このくらいの性格の悪さはちょうどいいね。きみは最近毒舌属性を忘れているようだから、これからはぼくがそれを使うとしようかな。
「せんせー。地縛神の話の途中だったのですよー」
そうだったね。しかし、まあ、そういうことだよ。つまり【地縛神】デッキでは、相手の持つモンスター破壊カードは当然として、魔法・罠破壊カードも地縛神を破壊するカードになりかねない。フィールド上のカードを破壊できるカードはすべて地縛神を狙っているものと考えれば、これはとても戦えたものじゃないね。
「たしかに、それでは出しても出しても除去されますねー」
ということで、それでも地縛神を使う場合、戦いかたはおよそ三つに分けられる。
「三つですかー」
一つ目は、相手に除去されても除去されてもそのたびに召喚するというやりかた。しかし地縛神を出すにはある程度の手間がかかるわけだから、これはとても現実的ではないね。
「《サイクロン》1枚でも倒れると考えますとー、蘇生しても蘇生しても倒されるだけですねー」
二つ目は、相手の除去を受ける前に、出した地縛神で一気に勝負を決めるというやりかた。しかし地縛神には相手のライフポイントを三分の一ほど削る性能はあっても、それを超える力はない。
「その攻撃力は、装備魔法で補えるのですよー」
そんなことをしてしまうと、より手札事故が起きやすくなるよ。ご都合主義を前提にしてデッキを組めば、主人公以外は悲惨な目に遭うだけだ。だから地縛神を劇的に強化することはできないし、それゆえに一気に勝負を決めることもできない。
「すると、三つ目の戦いかたが正解なのですかー?」
三つ目は、相手の除去を受けないように工夫するというやりかた。正確には、除去を受けてもそれを無効化するということになるかな。
「なるほどー。フィールド魔法や地縛神の破壊も、それを防ぐカードがあれば……せんせー?」
どうしたのかな。
「いーえ。破壊を防ぐカードは、たしかにいくつかありますけどー。それらをデッキに入れると、やはり手札事故が起きるのではー?」
その通りだよ。地縛神を出すだけでも四苦八苦するところに、出したあとのフォローまでも入れると、手札は紙の束に変身してしまう。つまり、除去を無効化するということもできない。
「しかし、そーなりますと、地縛神では戦えないということになるのではー?」
いや。またも回りくどくなってしまったけど、この三つを検討する場合、もっとも現実的なのは一つ目のやりかただよ。
「せんせー! 一つ目のやりかたは、せんせーが自分で現実的でないと言っているのですよー!」
そのやりかたが、しかしもっとも現実的なんだ。一つ目のやりかたは『除去されるたびに展開し直す』。この方法は最上級モンスターたる地縛神には難しいけど、例外的に、今回の《地縛神 Ccarayhua》にだけは適用でき、実際に何度でも展開することができる。
「そーなのですかー? コカライアは、特に使える効果を持っていないはずですけどー」
効果なんてなくてもいいんだよ。《地縛神 Ccarayhua》のもっとも優れたステータスは地縛神であること。そして次が爬虫類族であることだ。
「それは、マイナー種族というだけなのですよー」
マイナーだからこそ強化されている面もあるんだよ。そろそろ勿体ぶりすぎだから言おう。爬虫類族には専用サポートカードの《スネーク・レイン》がある。
「ふむー。このカードですかー」

そして、次に装備魔法を出すとしようか。
「せんせー? 装備魔法をデッキに入れると、手札事故が起きるのではー?」
それは問題ないよ。モンスターを強化する装備魔法は場にモンスターがいなければ使えない。だからこそ使いどころを選ぶわけだけど、この《継承の印》は強化するカードではなく蘇生するカードだ。自分の墓地に同名モンスターが3枚いる場合、そのうち一体をコストもなくこれ1枚で蘇生する。このカードと《スネーク・レイン》を合わせてみれば、やるべきことが見えるね。

「……ふむー。つまり、《スネーク・レイン》でコカライアを3体墓地に送って、《継承の印》で蘇生するのですかー?」
そういうことさ。専用の罠も蘇生するためのモンスターも生け贄要員も必要ない。自分のターンでフィールド魔法を張って、すぐに《スネーク・レイン》を使って、すぐに《継承の印》を発動する。するとすぐに《地縛神 Ccarayhua》が登場するわけさ。
「しかし、せんせー。《スネーク・レイン》は爬虫類を必ず四体墓地に送りますからー、コカライアだけでは足りないのですよー」
そんなことは問題ないよ。《地縛神 Ccarayhua》を使う場合、デッキに入れるモンスターは爬虫類族ばかりでいい。大事なのは一つ。素早く《地縛神 Ccarayhua》を出す。それだけだよ。
「すると、それは【地縛神】デッキよりも【爬虫類族】デッキになるのでしょーかー」
それはどちらでもなく、【地縛神 Ccarayhua】デッキと表現するのが一番的確かな。《継承の印》は装備魔法サーチ効果を持つ《アームズ・ホール》と合わせてフル投入しよう。そして、これが大事なことだけど、フィールド魔法は最初に示した《魔法都市エンディミオン》のような、壊れにくいものを選ぼう。
「そーですねー。コカライアには、場のカードを全部破壊する効果がありますからねー」
どんな対抗意識があったのか、このカードは効果で破壊された時に場のすべてを洗い流してしまう。この効果は場合によっては相手に仕返しをする効果とも取れるけど、状況次第では自分のフィールドを吹っ飛ばすだけの八つ当たり効果とも言える。だから、前もってフィールド魔法の選択基準は『壊れにくいもの』か『壊れてもいいもの』のどちらかにしておこう。
「壊れてもいいものとなりますとー、やはり《歯車街》あたりですかねー」
それが代表格だね。そしてそれが一番だ。しかし、ここまで長々話をしておいてなんだけど、こうして《地縛神 Ccarayhua》と《スネーク・レイン》と《継承の印》と《アームズ・ホール》をすべてフル投入して、あとはフィールド魔法と爬虫類族の枚数に気を配りさえすれば、あっという間に何度も何度も地縛神が出てくるデッキの完成だ。《スネーク・レイン》には手札コストが必要だから、逆に言えば手札にきた《地縛神 Ccarayhua》も素早く墓地に送ることができる。闇属性だとか生け贄要員だとかサポートカードだとかいう要素を考えなくても、単純に強力なデッキは作れてしまうというわけさ。
「……せんせー。そーしますとー、今回の話は何だったのですかー?」
なにと言うと、コカライアが愛らしく可愛らしいという話じゃなかったかな。
「それが冗談だということは、さすがにわかるのですよー」
それが冗談だということは、さすがにわかるよ。
「……ふむー?」
詳しく言うなら、コカライアはゲテモノでキワモノだからこそ可愛らしいという話になるけど……しかし、この自由奔放さはどうやら受け手を選んでしまうようだね。見た目も効果も自由なところは素晴らしいけど、ただ素晴らしいだけでは素晴らしい理由にならないから、それじゃあ、今回の話はこれで締めるとしようかな。
「唐突ですねー」
…………。
「また次の機会にー」
うん。
JUGEMテーマ:遊戯王

スポンサーサイト

  • 2012.03.30 Friday
  • -
  • 08:20
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
PR
ピンポイントレッスン
遊戯王ZEXAL ピンポイントレッスン
遊戯王ARC-V ピンポイントレッスン
遊戯王OCG ピンポイントレッスン
リンク
遊戯王OCG公式
OCGカードデータベース
アクセスカウンタ
ブログパーツUL5
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM