<< せんせーとわたしの自場地縛神(そのウル) | main | せんせーとわたしの自場地縛神(そのラスカ) >>

スポンサーサイト

  • 2012.03.30 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


せんせーとわたしの自場地縛神(そのクシル)

(『精霊の魂を生贄に! 降臨せよ!』)《地縛神 Cusillu》
「せんせーっ! 今回はどーいう話をするのですかー?」
今回の話は、前回に引き続いて地縛神の話だよ。
「しかし、今回はクシルの話なのでしょー? クシルはとても使いにくい地縛神なのですけどー」
その通り。地縛神にはそれぞれ、共通の効果と固有の効果が備わっているけど、《地縛神 Cusillu》の固有効果は全地縛神中もっとも使い道のないものだ。
「固有効果自体が、ないも同然なのですよねー?」
たしかに、使う機会はまずないと言えるかな。《地縛神 Cusillu》の固有効果は、自分が戦闘で負けた際に味方モンスターを犠牲にすることで、その負けをノーカウントにしつつ、相手のライフポイントを半分にできる。これだけを見てみるなら、とても強い効果なんだけどね。

「たしかに、戦闘で負けませんしー、ライフポイントを削りますからー、相手にとっては脅威ですねー」
だけど、残念なことに、そもそも地縛神には戦闘での勝ち負けを考える必要がない。相手の場に自分より強いモンスターがいても無視して直接攻撃できる上に、相手から殴られることがないからね。つまり、相手に殴られても大丈夫というこの効果は、普通に考えれば発動しようがないわけだ。
「相手モンスターは、クシルを殴りたくても殴れませんからねー」
どれほど戦闘向きの効果を持っていようと、戦う相手がいなければその活用方法もない。つまり、《地縛神 Cusillu》のこの効果は事実上の飾りということになるね。
「つまり、クシルはただの地縛神なのですねー」
一応、ここにフォローを入れることも可能だけど、しかしそれはやめておこう。その通り、《地縛神 Cusillu》はただの攻撃力2800の地縛神。攻撃力3000の《地縛神 Uru》が存在している以上、このモンスターを使う意義はないよ。
「ははー。完全に存在意義を否定しましたねー」
本当は、このモンスターが獣族である点に着目して、無理に活用しようとすることはできるけどね。しかし、活用しようとしても活用できないなら、それは話すだけ無駄な話だ。
「そーなりますとー、今回の話はこれで終わりなのですかー?」
いや。今回の話は、ただの地縛神にも十分に存在意義があるという話だよ。攻撃力2800という数値はたしかに3000には及ばないけど、それでも三回の直接攻撃でデュエルを終わらせられることに変わりはない。すべては使いかた次第だよ。
「せんせー? しかし、クシルよりもウルを使うほーがいーのですよねー?」
それは一概には決められないかな。たとえば、相手に奪われた場合を考えると、《地縛神 Cusillu》以上に被害の出ない地縛神はそういない。相手に使われると厄介かもしれない効果を持つ《地縛神 Uru》よりも、完全に使い道のない効果を持つ《地縛神 Cusillu》のほうが上回る時だってあるわけさ。
「それは完全に下回っているだけなのですよー」
簡単にまとめると、そういうことだね。さて。それじゃあ、今回の前置きはこのあたりで終わらせて、本題に入るとしようか。
「ここまでが前置きだったのですかー?」
使えない効果が使えないことを確認しただけだからね。ここからは地縛神とフィールド魔法の話だよ。
「新たなフィールド魔法の話なのですねー」
その前に、とりあえずは地縛神専用カードの《地縛神の復活》を挙げておこうか。これは地縛神とフィールド魔法を墓地から手元に戻すカードだよ。
「ほほー。それは便利ですねー」

地縛神は墓地にいたほうが出しやすいこともあるから、一概に便利とは言えないけどね。しかし、ここで注目すべきはフィールド魔法を回収できる点かな。
「そーなのですかー? フィールド魔法が墓地にあるとは限りませんけどー」
墓地にフィールド魔法がないと、このカードは発動できないよ。地縛神とフィールド魔法がセットで墓地に存在することが発動条件だからね。
「そー考えますとー、使いづらいカードですねー」
たしかに、【地縛神】デッキを組むに当たって、壊れにくいフィールド魔法や墓地からの特殊召喚を重視している場合、このカードを使う必要はないね。墓地の地縛神を回収することは避けたいし、フィールド魔法は滅多に墓地送りにならないからだ。
「すると、このカードは使えないカードなのですかねー?」
いや、デッキによっては使えるカードだよ。たとえば、地縛神主体のデッキではほぼ確実に二種類のフィールド魔法を使うデッキ構築になる。そうしないと枚数が足りないからね。そして、二種類のうちの一種類が《歯車街》だった場合には、この《地縛神の復活》は必須カードとなりうるわけさ。

「せんせー? 《歯車街》を【地縛神】デッキで使うことは、ないと思うのですけどー」
それはどうかな。《歯車街》は破壊されるために使われるフィールド魔法だよ。そして破壊されたフィールド魔法は墓地へ行く。それを《地縛神の復活》で再び手元に戻せば、また破壊して効果を使うことができるわけさ。
「しかし、せんせー。それは【地縛神】デッキではないのですよー」
たしかに、《歯車街》ありきのデッキみたいになってしまうけど……元々、とりたてて個性のない《地縛神 Cusillu》を使う場合は、これくらいのデッキ構築にしないと残念なことになるんだよ。
「しかしですねー。《地縛神の復活》は墓地のクシルも手札に戻してしまうのですよー」
それは問題ないよ。地縛神を出す方法は墓地からの特殊召喚に限らない。せっかくフィールド魔法とセットで手札に回収したなら、普通に生け贄召喚すればいいんだよ。
「せんせーはそー言いますけどー、アドバンス召喚はリリースなしにはできないのですよー」
それも問題ないね。闇属性にはそこそこ戦える上に二体分の生け贄要員になれる《ダブルコストン》がいる。彼女を頼る手があるよ。

「……攻撃力1700なんて、当てにならないのですよー」
大丈夫さ。たしかに最序盤を過ぎれば生きるのが難しいステータスではあるけど、生け贄召喚が難しい状況なら《地縛神 Cusillu》を繰り返し《地縛神の復活》の手札コストに使って、ひたすら《歯車街》を使い回す戦術もあるよ。
「……せんせー。それはただの【歯車街】デッキなのですよー」
だけど、強くて戦えるなら立派な戦術だね。
「しかしですねー。クシルの話ではなくなっているのですよー」
《地縛神 Cusillu》のことをまともに話すと、それは『使えない』と言うだけになるから、どこかで論点と焦点をずらすしかないんだ。本当のところを言うと、数ある地縛神の中であえて《地縛神 Cusillu》を採用する意義は、とてもとてもとてもとても、見当がつかないほど薄い。
「ははー……ただの地縛神の話にもなっていませんねー」
使う意義のないカードを切り札に据えるのは難しいからね。それじゃあ、次回は最弱の地縛神《地縛神 Wiraqocha Rasca》の話だよ。
JUGEMテーマ:遊戯王

スポンサーサイト

  • 2012.03.30 Friday
  • -
  • 08:39
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
「ははー…ダブルコストン…彼女…」
  • tnmtkop
  • 2011/04/21 11:19 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
PR
ピンポイントレッスン
遊戯王ZEXAL ピンポイントレッスン
遊戯王ARC-V ピンポイントレッスン
遊戯王OCG ピンポイントレッスン
リンク
遊戯王OCG公式
OCGカードデータベース
アクセスカウンタ
ブログパーツUL5
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM