<< わたしのドラゴンデッキ1(withせんせー) | main | わたしのドラゴンデッキ2(withせんせー) >>

スポンサーサイト

  • 2012.03.30 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


わたしのドラゴンデッキ/1(withせんせー)

(王道中の王道、シンプル真っ当実現困難な遊戯王攻撃講座)【ドラゴン族】
「せんせー。それで、《F・G・D》の弱点とは何なのですかー?」
 ああっ。さっそくカード名枠を一つ使われた。これは予定外だよ。
「せんせー、さっき出したものですから、これはノーカウントですよー」
 そうか。ならいいや。さて、《F・G・D》の弱点だったね。
「……実は、一つは覚えがあるのですけどねー」
 おそらくアレだろうとは思うけど、まずは順当に一つ目からだ。
「どうぞー」
 まず、《F・G・D》初登場時点で既に存在していた、古くからの天敵だ。
「えーとー。そんなのありましたっけー?」
 あったよ。《ものマネ幻想師》だ。

「……あー」
 ご存知の通り、《F・G・D》は光属性との戦闘では破壊される。そして、《ものマネ幻想師》は光属性だね。
「あーあー」
 さらに《ものマネ幻想師》は自身の効果で相手モンスターの攻守をそっくり真似してしまう。
「聞こえませんよー、知りませんよー」

 つまり、攻撃力5000対攻撃力5000。《F・G・D》対光属性。結果は相打ちになるわけだ
「知りませんよー」
 出すのに手間取る融合モンスターが、出し易いレベル1モンスターに相打ちされるわけだ。
「せんせー、鬼ですかー。なぜ何度も繰り返しますかー」
 聞こえないし、知らないようだったからね。
「むー。《ものマネ幻想師》は出された試しがないので気付きませんでしたよー」
 二つ目の天敵。さて、これは何だろうね?
「……《オネスト》ですよねー。これは分かりますよー」

 まあ、このカードは《F・G・D》に強いというか、単体で十分強いからね。
「相手の攻撃力分、自分の攻撃力を上げるなんて、馬鹿げてますよー」
 絶対に戦闘では負けないというわけだ。強化できるのは光属性に限られているから、攻撃された《F・G・D》は戦闘で負けるんだけどね。
「攻撃された《F・G・D》、ですかー?」
 ……ああ。そうか。さては、《F・G・D》で攻撃して返り討ちにあったことがあるね?
「ありますよー!」
 それはつらいなあ。
「何が《オネスト》ですかー! そんなもので生きていけるほど甘くない世の中なのですよー」
 いや、ぼくはいいと思うよ、《オネスト》。世の中なんて、あってないようなものだよ。
「せんせー。他人に解釈を任せる言い方をされましてもー」
 というか、ぼくらは世の中に生きていないからね。
「ですねー」
 ちなみに、前述の《ものマネ幻想師》が《F・G・D》に攻撃し、《オネスト》でパワーアップした場合は……。
「あわわわー」
 もちろん、《F・G・D》のみが戦闘破壊され、更に《F・G・D》側のプレイヤーは5000ダメージを受けることになるね。
「ひどいですよー」
 ついでに、《オネスト》が二連発だった場合は……。
「あわーっ!」
 攻撃力5000の《F・G・D》対攻撃力15000の《ものマネ幻想師》。いい戦いだね。
「勝負になってませんよー!」
 まあ、超過ダメージ10000だからね。
「そんな都合のいい手札、あってたまるものですかー!」
 とは言え、《F・G・D》を破壊するだけならどれか一枚でもほとんど足りるんだよね。
「《オネスト》一枚だけでは勝てませんよー。強化するモンスターがいなければですねー」
 いや、《オネスト》を採用していながら光属性の少ないデッキは滅多にないと思うよ。
「……いーですよー。つまり、光属性に対策すればいーのですねー?」
 いやいや。それじゃあ、単に《F・G・D》が戦闘で破壊されない程度の結果しか得られないよ。
「それで十分ですよー」
 光属性で戦闘するより、普通は効果で《F・G・D》を破壊してくると思うけど。
「むー。どーして戦闘で勝負しないのでしょーねー」
 勝てないからだよ。5000だもの。
「しかし、効果による破壊には、対策があるのですけどねー」
 その辺りは『2』で披露してもらおうかな。
「具体的に、何の破壊効果に気をつければいーのでしょーか?」
 そうだね。《F・G・D》を二体並べることがあるなら、一番まずいのは《ライトニング・ボルテックス》かな。
「あー。友達がよくやってきますよー」

 勝率が五割に達しないのは、そこに問題があるんじゃないかな。
「かもですねー。やはり、対策はあるのですけどー」
 じゃあ、とりあえず《F・G・D》に関する弱点はそんなものかな。挙げればキリがないだけなんだけどね。
「効果破壊を対策するなんて、簡単なのだと教えてあげましょー!」
 それは、やはり『2』でお願いするよ。
「もちろんですよー!」
 ……『2』でも、突っ込み甲斐がありそうなんだけどなあ。
JUGEMテーマ:遊戯王

スポンサーサイト

  • 2012.03.30 Friday
  • -
  • 09:06
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
PR
ピンポイントレッスン
遊戯王ZEXAL ピンポイントレッスン
遊戯王ARC-V ピンポイントレッスン
遊戯王OCG ピンポイントレッスン
リンク
遊戯王OCG公式
OCGカードデータベース
アクセスカウンタ
ブログパーツUL5
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM