<< せんせーとわたしのシステマチック(Sin)、大結戦! | main | せんせーとわたしのGOGOGO’s(その2) >>

スポンサーサイト

  • 2012.03.30 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


せんせーとわたしのGOGOGO’s(その1)

(『レギュレーターオープン! ナビゲーション、オールクリアー!』)『テックジーナス』
「せんせーっ! 今回は何の話なのですかー?」
おや? 前回のことを考えると、きみは今回の話の内容を知っているはずだよ。
「ははー。しかしですねー、今回はわたしのデッキの話ではありませんからねー」
自分から話を進めるつもりはないということかな。
「そーいうことなのですよー」
それじゃあ、今回の話はここまでで終わらせてみようか。
「せんせー! 今回はテックジーナスの話なのですよー!」
おっと、どうやら話したいことがあるようだね。
「せんせーは、テックジーナスの話をしないつもりなのですかー?」
いや、ぼくには戦闘系デッキを敬遠する設定があったからね。
「そんな設定は、前回で完全に吹き飛んでいるのですよー」
そう言えばそうかな。それじゃあ、少しだけやる気を出してみるよ。
「お願いするのですよー」
テックジーナスモンスターは、すべて名前の頭に『TG』とついている。これはとても珍しいことだよ。
「せんせー? それはよくあるパターンなのですけどー」
そして、テックジーナスにはシンクロモンスターが六体もいる。これは比較的多い部類だね。
「たしかに、六体は珍しーですねー」
しかし、それに比べてシンクロでないテックジーナスの数は極端に少ない。これも珍しい点かな。デッキ構築時には大きく影響することだよ。
「つまり、テックジーナスデッキを作る場合は、同じモンスターを何枚も入れることになるのですねー?」
もっとも、次回以降に話す下級モンスターの性質から言えば、種類が少ない点はまったく問題にならないけどね。
「……次の話をするつもりなのですかー?」
一応はね。さて。ここまで中身のない話をしたところで、そろそろやる気を出してみようか。
「そーですねー。文字だけでは、まるで意味がわかりませんからねー」
きみがそれを言うのかな。それじゃあ、まずはテックジーナスを象徴するシンクロモンスターを出してみようか。
「ははー。《TG ワンダー・マジシャン》ですねー」
いや。それはあとだよ。
「そ、そーなのですかー?」
ここで紹介するのは、アクセルシンクロモンスターこと《TG ブレード・ガンナー》だ。
「アクセルシンクロモンスター!?」
《TG ブレード・ガンナー》。このモンスターはレベル10。そしてシンクロモンスターとシンクロチューナーモンスターによりシンクロ召喚される。

「せんせー! それはテックジーナスの切り札なのですよー!」
おっと。それがどうかしたのかな?
「切り札は最後に見せるものなのですよー!」
これは変なことを言うね。最初に最強を見せておかないと、最強の最強性はまるで伝わらないよ。
「ははー……そーいうものですかねー?」
そういうものだよ。さて、《TG ブレード・ガンナー》は二つの効果を持っている。一つ目は自分を対象とする魔法・罠を無効化する効果。二つ目は相手のターンに逃げる効果だ。
「しかし、せんせー。いきなりこのカードを出されましても、色々とわからないのですけどー」
《TG ブレード・ガンナー》の一つ目の効果は、手札がある限り何度でも使える効果だ。この効果がある以上、相手が魔法や罠でこのモンスターを対象に取ってくることはないと考えられる。だから、この効果はいっそ無視してもいい。
「そーですかねー? 無視していては、対象に取られた時に無効化できないのですよー」
記憶から消し去る必要はないよ。これは対象に取られた時だけ思い出して使えばいいんだ。もっとも、使う機会があるかは怪しいけどね。
「ははー。すると、この効果は使えないのですねー?」
そんなことはないよ。これは牽制する効果だから強さを実感しづらいだけで、相手にとっては嫌な効果だ。
「せんせー。二つ目の効果は何なのですかー?」
牽制に興味はなさそうだね。なら次へ行こう。二つ目の効果は、相手ターンに墓地のテックジーナスを犠牲にして除外領域へ逃げ込む効果だ。これは強いよ。
「除外領域は、とても安全な場所ですからねー」
除外されているカードをほかの場所に移動させるカードは、ほとんど存在しないからね。だから、除外中の《TG ブレード・ガンナー》が危害を加えられる事態はまずないと見ていい。
「すると、戻ってきた時に狙われるのですかー?」
それはよくあるかな。この効果は自分ターンでは発動できない上に、エンドフェイズではなく自分のスタンバイフェイズに戻るものだからね。
「せんせー。戻ってくるのは次のスタンバイフェイズなのですけどー」
自分のターンを飛ばされた場合は考えないよ。素直に、相手ターンに逃げて自分ターンに戻ると考えておこう。
「しかし、《ギャンブル》に失敗するかもしれませんよー?」

言ってはならないことを言わせてもらうと、《ギャンブル》をデッキに入れている時点でデッキ構築に失敗していないかな。
「そーですかねー? ありえない話ではないのですよー」
……わかった。逃げたブレード・ガンナーは『次の』スタンバイフェイズに戻ってくる。これでいいね?
「いーのですよー」
やれやれ。……じゃあ、簡単にまとめるけど、このカードを使う場合、基本的に相手のターンには除去されない。そして自分のターンには攻撃力3300で殴れるわけだ。
「なるほどー。それは強いですねー」
もっとも、自分のターンに聖なるバリアでも受けてしまうと、対象を取られないから第一の効果を使えず、自分のターンだから第二の効果も発動できずに死んでしまうけどね。
「……それは、ふつーですねー」
普通だよ。しかし、ミラーフォースはデッキに1枚しか入らないけど、ブレード・ガンナーは二体目を出すことも簡単だ。そうなれば、もう恐れるものはなにもないね。
「せんせー。対象を取らない罠には《奈落の落とし穴》や《激流葬》もありますけどー」
……そうなんだよ。それが難点なんだ。
「どーしたのですかー?」
ブレード・ガンナーの逃げる効果は相手ターンと自分ターンの時を越える。つまり、逃げたブレード・ガンナーを追って《奈落の落とし穴》や《激流葬》を伏せられると、すぐに死んでしまうんだ。
「相手が伏せたばかりのカードが、自分ターンになれば使えますからねー」
ということで、この切り札は罠に対しては比較的弱い。だけど、相手がそういった罠ばかり使うようなら、そもそもアクセルシンクロする必要はないね。シンクロ素材となるモンスターもある程度の戦力になるから、そちらでちくちくと戦っていけばいい。
「臨機応変ですねー」
この【テックジーナス】デッキは、シンクロ召喚に関してのみ言えば、現存するあらゆるデッキを差し置いてトップと言っても過言かもしれないけど過言じゃないかもしれないからね。
「せんせー? なぜ弱気になったのですかー?」
いや、ぼくは現存するデッキをすべて知っているわけじゃないからね。特に【闇遊戯】デッキだとか【ゲテモノ】デッキだとかいうマイナー系までは知りようがない。
「【ゲテモノ】とは何なのですかー?」
さてね。一応、そこに入る資格を持っているだろうモンスターの一体は後々のシリーズで出ることが決まっているけど、本当にそんなデッキが存在するかは怪しいな。
「きっと存在しませんねー」
以前話した【マキュリン☆きらりーん♪】のようなもので、デッキ名なんていくらでも好きに付けられるからね。【テックジーナス】デッキだって、内容をそっくりそのままに【デルタアクセルシンクロ】デッキと言うことも可能だ。呼びかたは人それぞれだよ。
「せんせー? 話が逸れていますけどー」
おっと、本当だ。それじゃあ、ブレード・ガンナーに続いて二体目のシンクロモンスターを出してみようか。
「またシンクロモンスターですかー?」
そう。ここで紹介するのはこれだ。《TG レシプロ・ドラゴン・フライ》。

「…………ははー」
おっと。リアクションが薄いね。
「せんせー。このモンスターはとても弱いですねー」
きみは理解していないようだから言うと、攻撃力300かつ守備力300というのはとても素晴らしいことなんだよ。
「そーなのですかー?」
なにしろ、それは《ロードランナー》と同じステータスということだからね。

「……せんせー。それが3枚目のカードなのですかー?」
いや、《ロードランナー》はこの話にまったく関与しないけど、《TG レシプロ・ドラゴン・フライ》の存在感を上げるために登場いただいた次第だよ。
「たしかに、少しは印象が変わりましたけどー」
それは錯覚だけどね。
「そーいうことを言われたくはないのですよー」
とても素晴らしい《ロードランナー》と《TG レシプロ・ドラゴン・フライ》の一部が似通っていたところで、それらはあくまで別物だ。一部が同じと言うことは、全部が違うと主張するようなものだよ。
「そー言いますと、まったく関係ありませんねー」
ということで、こうして価値を上に下に揺るがされたことで、より《TG レシプロ・ドラゴン・フライ》の存在感は増したね。
「しかし、せんせー。《TG レシプロ・ドラゴン・フライ》はどーやって使うのでしょーかー?」
それは書いてあることそのままだよ。まず、テックジーナスシンクロモンスターを墓地へ送る。次に、墓地へ送ったモンスターのシンクロ素材を特殊召喚する。これだけさ。
「せんせー! 特殊召喚するシンクロ素材はシンクロモンスターに限定されているのですけどー!」
そうだね。だから、このカードはアクセルシンクロモンスターを分解するためだけの存在だよ。加えて言うと、このモンスターは《ロードランナー》と違ってレベル2のモンスターだ。
「つまり、どーいうことなのですかー?」
レベル10《TG ブレード・ガンナー》を《TG レシプロ・ドラゴン・フライ》の効果でシンクロ素材モンスターに戻す。この戻されたモンスターのレベル合計は単純に考えれば10だね。さらに一体はシンクロチューナーでもあるわけだ。
「ブレード・ガンナーのシンクロ素材ですから、そーでしょーねー」
そして場には《TG レシプロ・ドラゴン・フライ》――そろそろ長いから『レ』と略そう――もいる。よって、場の合計レベルは12となる。
「すると、《TG ハルバード・キャノン》を出すのですかー?」

おっと。紹介される前にそのモンスターを知っているとは意外だな。
「わたしはアニメを観ていますからねー」
そうか……すると、この【テックジーナス】の話は、実は要らないんじゃないかな。
「いーえ、好きなデッキの話ですから、問題はないのですよー」
へえ……たしかに、シンクロ召喚を何度もするのは格好良いかもしれないけどね。
「そーですねー。ほかにも色々ありますけどー、そーいうことなのですよー」
その気持ちはわからないでもないかな。【テックジーナス】デッキはシンクロ召喚のしすぎでエクストラデッキが15枚では足りないと言えるほどシンクロに特化したデッキだからね。
「15体もシンクロモンスターを出すのですかー?」
いや、さすがにそんなことはないだろうけど、シンクロ召喚はレベルを合わせる必要があるからね。エクストラデッキの残りが5枚くらいになれば、出したいモンスターを出せない状況にもなるんじゃないかな。
「なるほどー。その残り5枚のうちの1枚は、きっと《TG レシプロ・ドラゴン・フライ》ですねー」
おっと。どうやら略称は認められなかったようだね。
「ところで、せんせー。今回の3枚目はハルバード・キャノンなのですねー?」
そういうことだね。余分に出た《ギャンブル》や《ロードランナー》を考えると5枚目だけど、ともかく今回最後のカードは《TG ハルバード・キャノン》だ。このモンスターの召喚条件は……知っているようだから、きみに任せよう。
「シンクロモンスター二体とシンクロチューナーモンスター一体の合計レベルを12にして、デルタアクセルシンクロ召喚するのですよー!」
まるで説明になっていないよ。
「そーですかー? 間違ってはいませんけどー」
いや。残念だけど、間違っているね。
「そんなことはありませんよー! デルタアクセルシンクロ召喚は、公式用語も同然ですよー!」
その解釈も間違ってはいるけど……そんなことより、ハルバード・キャノンのシンクロ素材が三体とは限らないよ。非チューナーモンスターは二体以上なら何体使ってもいいからね。

「……たしかに、そのよーですねー」
もっとも、シンクロモンスターを三体用意するだけでも大変だから、四体目以降を用意する必要はないけどね。
「シンクロモンスターのレベルは、5から7が出しやすいですからねー」
ハルバード・キャノンを出す場合は、レベル5と5と2の組み合わせで12にするのが一番簡単かな。と言うより、ほかにやりようがないとも言える。
「せんせー。レベル2には《TG レシプロ・ドラゴン・フライ》より使いやすいシンクロモンスターがいますけどー」
だけど、あのモンスターはシンクロチューナーだ。そのモンスターを使ったデルタアクセルシンクロも十分可能ではあるけど、まずはテックジーナスを主体に考えてみよう。
「つまり、《TG レシプロ・ドラゴン・フライ》は、あとの話になれば消えるのですねー?」
下手をすれば、今後二度と出てこないかもしれないな。
「それは嫌ですねー」
ともあれ、《TG レシプロ・ドラゴン・フライ》は単体では使えないカードだけど、レベル10のブレード・ガンナーを分解する場合においてのみ活躍することができる。
「相手の脅威から逃げたブレード・ガンナーを、より強いモンスターにするのですねー?」
よりレベルの高いモンスターにするわけだ。ブレード・ガンナーのシンクロ素材と分解者たるレシプロ・ドラゴン・フライが並ぶことで、ハルバード・キャノンのシンクロ召喚が可能になる。
「ははー。カードの設計そのままの説明ですねー」
それは仕方がないかな。テックジーナスのカードは、シンクロモンスターにせよそうでないにせよ、とにかくテックジーナス同士での結びつきが強いからね。とはいえ、実際にデッキを組む場合はテックジーナス以外のカードを取り入れて戦ったほうが強くなる。
「すると、今回の話は踏み台のよーなものなのですかー?」
さて、それはどうかな?
「どーなのですかー?」
踏み台にせよ前置きにせよ、それなりの価値はあるはずだよ。
「つまり、《TG レシプロ・ドラゴン・フライ》には次の出番がないのですねー?」
それはどうかな?
「どーなのですかー?」
おっと時間だ。
JUGEMテーマ:遊戯王

スポンサーサイト

  • 2012.03.30 Friday
  • -
  • 08:54
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
PR
ピンポイントレッスン
遊戯王ZEXAL ピンポイントレッスン
遊戯王ARC-V ピンポイントレッスン
遊戯王OCG ピンポイントレッスン
リンク
遊戯王OCG公式
OCGカードデータベース
アクセスカウンタ
ブログパーツUL5
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM