<< せんせーとわたしの禁じられた話(その2) | main | せんせーとわたしのシステマチック(Sin)、そのに >>

スポンサーサイト

  • 2012.03.30 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


せんせーとわたしのシステマチック(Sin)、そのいち

(最序盤から3000展開。最も攻撃的な切り札)【古代の機械巨竜】
「せんせーっ! 今回は、何とわたしのデッキの話ですよー!」
おや。そろそろそんな時期になっていたのか。
「そしてですねー。今回のデッキは、今までのデッキとは一味違うのですよー!」
今までのデッキも、毎度毎度それまでのデッキとは一味違っていたからね。
「いーえ。そーいう違いではないのですよー!」
すると、今回はまったく攻撃しないデッキだとか、そのあたりの話なのかな。
「そんなことはありませんよー。攻撃あってのわたしですからねー」
なるほど。じゃあ、さては1ターンに二回バトルフェイズを行うデッキだね。
「そんなデッキが作れるのですかー?」
相手に二回バトルフェイズをさせるだけなら、十分に可能だよ。
「まるで意味がありませんねー」
たしかに、ほとんど意味はないかな。
「それよりもですねー。実は、今回のデッキはわたしのデッキの完成形なのですよー!」
なるほど。そういえば、そんな話もあったね。
「ということでですねー。今までに使ったどのデッキよりも、これは攻撃的なのですよー!」
道理で、今回のきみにはエクスクラメーションマークが多いわけだね。
「それは関係ないのですけどー」
そうかな。そうかもしれないね。
「では、せんせー。今回は一番わかりやすいカードから紹介していきましょー」
それじゃあ、ぼくは一歩下がってきみの紹介についていくとしよう。
「まずはですねー。《歯車街》なのですよー」
……。いきなり、微妙に難しいカードを出してきたね。

「そーですかー? 簡単なカードだと思いますけどー」
しかし、これまでフィールド魔法については一切触れていないからね。その説明をするとなると少し面倒じゃないかな。
「ははー。たしかに、地縛神のことも話していませんからねー」
それなのに《歯車街》を出すとなれば、説明には相応の気を配る必要があるだろうね。
「せんせー。わかったのですよー」
なにがわかったのかな。
「わたしの説明力を少しだけ上げるのですよー」
またチューニングをするつもりかい?
「……オーバーレイ!」
それは?
「ではですねー。フィールド魔法には専用のフィールド魔法ゾーンというものがあるのですよー」
おや。いきなり解説し始めたね。
「フィールド魔法ゾーンは一人に一箇所ずつしかないのですけどー、自分のフィールド魔法ゾーンが使用中でも、自分の新たなフィールド魔法は使えるのですよー」
その場合、すでに自分の場に存在するフィールド魔法――長いからフィールと略そう――を破壊して、新たなフィールを空いたフィールゾーンに置くことになるね。
「自分のフィールがある状態で別のフィールを置くために、今あるフィールを破壊できるのですねー」
この『破壊できる』という点が、今回の《歯車街》の効果を活かす上で重要なわけだ。
「そーですねー。《歯車街》にはリリース軽減の効果と特殊召喚の効果がありますけどー。ほとんどの場合、使うのは特殊召喚の効果ですからねー」
《歯車街》が破壊され墓地に送られた時、手札からでもデッキからでも墓地からでも、アンティーク・ギア一体を特殊召喚できる効果だね。
「この効果は、新しいフィールを置くために古いフィール《歯車街》が破壊された時でも使えるのですよー」
……しかし、この話をすると、今度は『タイミングを逃す』の関係でややこしくならないかな。
「《歯車街》の効果を使うには、自分が次のフィールをセットするか、普通に効果で破壊するか、相手がフィールを発動する必要があるのですよー」
つまり、自分が《歯車街》を押し退けて次のフィールを『発動』した場合には、この効果は使えなくなるわけだね。
「そーいうことですねー」
だから、《歯車街》を使う場合には基本的に『発動』とは無縁な、セット中心のプレイングをしたいところだけど……ここで一つ、疑問があるな。
「何でしょーかー?」
きみの説明力は、言うほどに上がってはいないんじゃないかな。むしろ、どちらかと言えば/
「せんせー。そしてですねー。《歯車街》で呼び出すべきモンスターは《古代の機械巨竜》ですねー」
おっと。完全に無視されてしまったようだ。

「特殊召喚できるアンティーク・ギアは何種類もいますけどー、最強は《古代の機械巨竜》ですからねー。このカードは3枚積みしているのですよー」
おや? たしかにこのカードは強いけど、《歯車街》は除外以外の全領域からモンスターを特殊召喚できるから、巨竜を何枚も用意する必要はないよ。
「いーえ、せんせー。実はですねー。このデッキは、巨竜を含めた全モンスターが3枚積みなのですよー」
何と、それはびっくりだな。安易な3枚積みは戦術の柔軟性を失うだけだよ。
「それは大丈夫なのですよー」
どうやら、次回以降の話になにかがあるようだね。
「そしてですねー、せんせー。これはただの補足なのですけどー」
聞こうか。補足とはなにかな。
「《古代の機械巨竜》はレベル8で、墓地に行っても問題ありませんからねー。《トレード・イン》とのコンボができるのですよー」
それはいいね、と言いたいけど、たとえ3枚入っているとしても、巨竜だけを当てにして《トレード・イン》を使うのはやめたほうがいいよ。

「それも大丈夫なのですよー。レベル8モンスターは、ほかにもデッキにいますからねー」
へえ……それじゃあ、やはり次回以降の話に期待しておこうか。
「それでは、次に行くのですよー」
行くとしようか。

〜【古代の機械巨竜】〜
「手札から《古代の機械巨竜》を捨てて《トレード・イン》発動! 2枚ドローするのですよー」
構わないよ。
「フィールド魔法をセットするのですよー」
どうぞお構いなく。
「そのフィールド魔法をどけて、新たなフィールド魔法をセットするのですよー」
しまった! ルールによるフィールド魔法破壊か!
「破壊された《歯車街》の効果で、先ほど捨てた《古代の機械巨竜》を墓地から特殊召喚ですよー」
そんな! まだデッキにあるならデッキから出したほうがいいはずなのに!
「攻撃力3000のダイレクトアタックーッ!」
ぐわあー! これは強すぎるぞー!
〜【古代の機械巨竜】(終)〜
JUGEMテーマ:遊戯王

スポンサーサイト

  • 2012.03.30 Friday
  • -
  • 10:26
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
PR
ピンポイントレッスン
遊戯王ZEXAL ピンポイントレッスン
遊戯王ARC-V ピンポイントレッスン
遊戯王OCG ピンポイントレッスン
リンク
遊戯王OCG公式
OCGカードデータベース
アクセスカウンタ
ブログパーツUL5
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM