<< せんせーとわたしのメタ☆ビート(その六) | main | せんせーとわたしの禁じられた話(その2) >>

スポンサーサイト

  • 2012.03.30 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


せんせーとわたしの禁じられた話(その1)

(意味のないただの妄想。今も昔もこれからも)『まきゅりん』
「せんせーっ。今回の話は何なのですかーっ?」
ふう、やれやれ。ようやくまともな状態に戻れたようだ。
「どーしたのでしょーかー?」
いや、さっきまでキャラぶれをしていたところだからね。立て直すのが大変だったのさ。
「ははー。そーですかー」
さて。色々な人に憎まれ恨まれ嫌われるデッキの話が終わったところで、今回の話はこれだよ。

「……せんせー? どーして《処刑人−マキュラ》を出すのでしょーかー?」
おや。その反応からすると、きみはこれがどういうカードか知っているようだね。
「このカード、たしか禁止カードだったと思うのですけどー」
そうだよ。そして、とある1ターンキルコンボの要にもなっているから、禁止を解かれる可能性も低いと見えるカードだ。
「すると、これは使えないカードなのではないですかー?」
と、多くの人が思っているだろうね。
「すると、実は使えるカードなのですかー?」
おっと。それはどうかな?
「ど、どーなのですかー?」
いや、使えるカードもなにもないよ。このカードは禁止カードなんだから、どんな理由があろうと使っていいはずがない。
「それはそーですけどー」
とはいえ、今回の話の中心にまきゅりんがあるのは事実だ。つまり、この禁止カードを『仮に使えるとしたらどう使うか』というのが、今回のテーマだよ。
「せんせー? まきゅりんとは一体何なのですかー?」
それは言う間でもないことだから答えないよ。さて、禁止カードには禁止されるだけの理由、簡単に言うと『理不尽な強さ』を発揮するという特性がある。しかしこのカードの特性はと言うと、他の禁止カードに比べればさして強力でもない。
「そーですかねー?」
他の禁止カードに比べればね。
「手札からトラップが使えるのは、とても強力だと思いますけどー」
まあ、それに加えて闇属性の戦士という謎の恵まれステータスもあるにはあるね。しかし、結局効果を活かすためにはデッキに大量の罠を組み込まないと機能しないモンスターだ。
「せんせー。それは違うのではないでしょーかー?」
《リビングデッドの呼び声》を使ったまきゅりん1ターンキルコンボのことは無視しよう。今回の話の趣旨は、1ターンキルコンボが存在しないと考えてまきゅりんを語ることだよ。さて、ここまでで疑問点はあるかな。
「せんせーっ。どーしてマキュラを『まきゅりん』と呼ぶのでしょーかー?」
どうやら質問はないようだね。さて。まきゅりんの強さは大抵の場合、二つの点で語られる。一つ目は前述のループコンボ。これはさっき存在しないと考えることにしたから無視しよう。今回話すのは二つ目、連続ドローギミックのほうだ。
「連続ドローと言いますと、トラップの《強欲な瓶》を手札から発動するのですかー?」
それもいいけど、今回語るべきは《無謀な欲張り》かな。
「《無謀な欲張り》ですかー」

カードを二枚ドローする代わりに、二回のドローフェイズを失う。つまり、普通に考えれば使う意義のないカードだ。
「ふつーにドローフェイズを二回行えば、ただで二枚のカードが引けますからねー」
だからこのカードを使う意義はないかと言えば、しかし完全にないわけでもない。
「それはわかるのですよー。せんせー。このカードを同じターンで何枚も発動するのでしょー?」
たしかに、《無謀な欲張り》はできるだけ一気に複数発動したいカードだね。
「そーしますとー、一気に四枚や六枚ドローできますからねー」
その上で、ドローフェイズを飛ばす回数は変わらず二回までだ。つまりデメリットを軽減できるわけだけど、しかし今回の話にそんな小細工は必要ないよ。
「そーなのですかー?」
《無謀な欲張り》を使うなら、その理由は二つしか考えられない。一つ目はとにかくドローしたい場合。二つ目はとにかくドローしたくない場合だ。
「せんせー。ドローしたくなければ、《無謀な欲張り》は使わないと思うのですけどー」
まあ、ドローしないために《無謀な欲張り》を使うということはほとんどないね。だから、このカードはとにかくドローしたい場合に使われるカードと言える。
「そーですねー」
《無謀な欲張り》のほかにも、ドロー効果を持つ罠はいくつかある。その一例が《強欲な瓶》や《八汰烏の骸》だね。《処刑人−マキュラ》によってこれらを連続で手札から発動すれば、手札枚数を減らさずにデッキのカードを大量にドローし続けることができる。

「つまり、ドローするトラップを、魔法のよーに使えるのですねー」
その通り。ドロー効果を持つ罠をとにかく詰め込んで、さらにドローする魔法も詰め込めば、1ターンでエクゾディアを揃えることすらできるまきゅりんデッキが完成するのさ。
「すると、それが今回話すデッキなのですかー?」
そういうことだよ。ちなみに、デッキの戦闘能力の低さとドロー用カード《成金ゴブリン》の相手を回復する特性から考えれば、このデッキ最大の切り札は《活路への希望》だ。
「《活路への希望》ですかー」

ライフポイント上で不利になっていればいるほど、逆転の引きをしやすくなる。ただし発動コストがあるから、追い詰められすぎると使うことはできないカードだ。
「難しーカードですねー」
しかし強力なカードでもあるよ。闇属性のまきゅりんは、うまくいけば1ターン目から墓地に落ちるから、このカードがあれば先攻1ターンキルすらできるかもしれないな。
「せんせー。そんなことができるとなりますとー、やはりマキュラは禁止カードのままなのではー?」
まあ、そもそも禁止カードが使えたらという話だから、考えたのが永遠に作れないデッキだったとしても仕方がないね。
「1ターンでデッキを引き切るとなりますとー、さすがに強すぎますねー」
とはいえ、それも《活路への希望》あってのことだけどね。このカードがなければデッキを引き切るのは困難だから、【マキュリン☆きらりーん♪】を作ったところで誰も困らなかったはずだよ。
「……せんせー?」
いや、これは実際にデッキ構築を考えた上での結論だけど、ドロー系の魔法や罠をありったけ組み込んだところで、《活路への希望》なしにエクゾディアを揃えるのは難しいんだ。
「せんせー。キャラぶれでしょーかー?」
おっと。そうは言っても実際に《活路への希望》は三枚積めるから、まきゅりんさえ禁止でなければ一気に【マキュリン☆きらりーん♪】はトップレベルのデッキになるんだけどね。
「……せんせー」
おや。どうしたのかな。
「【マキュリン☆きらりーん♪】とは、何なのですかー?」
それは訊く間でもないね。《処刑人−マキュラ》を中心とした【エクゾディア】デッキの通称だよ。
「通称なのですかー? しかし、初めて聞いたのですけどー」
どうやら、まだ知名度は低いようだね。
「すると、実は広まっている名前なのですかー?」
それはどうかな?
「ど、どーなのですかー?」
まあ、広まってはいないかな。それに《活路への希望》がある以上、まきゅりんの復活は難しいからね。【マキュリン☆きらりーん♪】の名前がそう簡単に広まるとも思えない。
「ははー……それはなによりですねー」
とはいえ、広まらないなら広めるだけだ。【境界線】というデッキの話をする頃には、色々ななにかを経て、すっかり【マキュリン☆きらりーん♪】の名前があちこちの巷に溢れかえっていることになるはずさ。
「それはとても嫌なのですよー」
そうかな? ……まあ、他者の趣味に口出しするべきではないね。それじゃあ、ぼくは口を慎むとして、今回の話はここまでだよ。
「せんせー? 今回はまだ(その1)なのですけどー」
まきゅりんの話は、今回のここまでで終わりだよ。
「すると、これは一話完結なのですかー?」
禁止カードについて長々語っても、時間を浪費するだけだからね。
「それもそーですねー」
さて。それじゃあ、次回はきみのデッキの完成形の話だよ。
「か、かんせーですかー!」
もっとも、ここで言う次回が、目に見える形での次回とは限らないけどね。
「それはどーいうことでしょーかー?」
今の時点では、特にどういうことでもないかな。
JUGEMテーマ:遊戯王

スポンサーサイト

  • 2012.03.30 Friday
  • -
  • 13:08
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
PR
ピンポイントレッスン
遊戯王ZEXAL ピンポイントレッスン
遊戯王ARC-V ピンポイントレッスン
遊戯王OCG ピンポイントレッスン
リンク
遊戯王OCG公式
OCGカードデータベース
アクセスカウンタ
ブログパーツUL5
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM