<< せんせーとわたしの遺屍回生(その1) | main | せんせーとわたしの自死回生(その3) >>

スポンサーサイト

  • 2012.03.30 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


せんせーとわたしの彼此回生(その2)

(まずは力で切り開く。敵わなければ除外する。戦えないなら破壊する)『単体除去』
「せんせーっ。それでは、今回は戦士族モンスターの話ですねー!」
おや。なぜか楽しそうだね。
「楽しくはありませんけどー、楽しそーに振る舞っているのですよー!」
それは聞きたくなかったな。
「それでは、話に移りましょー」
そうしようか。まずは、《コアキメイル・ベルグザーク》だよ。
「何と、このカードはー!」

見ての通り、超強力な下級戦士族モンスターだよ。
「攻撃して勝った場合、次の相手を探して戦うのですねー!」
その次の相手は、相手プレイヤー本体でもいいんだよ。
「すると、相手の壁モンスターを、いないも同然に扱えるのですねー!」
その通り。このモンスターの前に一時凌ぎのモンスターを出す意味はない。
「一時も凌げませんからねー」
とはいえ、この強力なモンスターには当然デメリットもある。
「自分のエンドフェイズに、手札の戦士族を見せる効果ですかー」
いや、それは少し違うかな。
「たしかに、正確には《コアキメイルの鋼核》を捨てることもできますけどー」
いや、それは戦士族を見せるものだと考えていいよ。
「すると、なにが違うのですかー?」
この『手札の戦士族を見せる』ことは、効果ではなくこのモンスターの維持コストなのさ。
「コストですかー?」
コストだよ。だから、このモンスターの効果が無効化されたとしても、この手札を見せる処理は必要になる。
「しかし、ただ一枚を見せるだけでいーのですねー」
たしかに、超強力なステータスに見合わない軽い条件だね。
「戦士族を見せろと言われましてもー、元から戦士族だけのデッキの話ですからねー」
手札のモンスターはすべて戦士族なんだから、これは相手に次の戦術が少しだけ予測される程度のリスクでしかないかな。
「そー言われますと、少しはリスクのよーですねー」
もっとも、手札にある戦士のうち任意の一枚を見せられるわけだから、場合によっては逆に心理戦を仕掛けることもできる。
「どーいうことでしょーかー?」
手札のチューナーモンスターを見せれば、相手はきっとシンクロ召喚を警戒する。そこに、二体目のベルグザークを出して普通に押し潰す手があるかな。
「なるほどー」
逆に、他の雑魚モンスターを見せてもいいのにあえて強力なモンスターを見せることで、より強力な奥の手があるように見せ掛ける手もあるね。
「それは危ない手段ですねー」
まあ、揺さぶりが有効に働くと確信していなければ、打ちづらい手だね。
「しかし、そんなことをしなくても、ふつーに強いモンスターですけどー」
もっともだ。でも、だからこそ心理戦の行い甲斐があるとも言えるかな。
「では、次のモンスターの話を聞きましょー」
二体目は《異次元の女戦士》だ。《コアキメイル・ベルグザーク》が戦闘能力を突出させたモンスターなら、これは戦闘とそれ以外の要素を兼ね備えたモンスターだ。

「そこそこの攻撃力と、相手に負けても道連れにする効果があるのですねー」
この道連れ効果は、『破壊』より遥かに対処の難しい『除外』する効果だ。相手の場がベルグザークでも敵わない状況なら、このモンスターを裏側守備で出して誘いをかける手がある。
「相手が誘いに乗るでしょーかねー」
乗る乗らないではなく、遊戯王の世界では殴れる時は殴るのがセオリーだよ。じっくり待ったところで、相手が除去カードを引きやすくなるだけだからね。
「そーですねー。警戒するうちに逆転されては仕方ありませんからねー」
押している時は攻めないと、いいように状況を変えられるだけだ。だから、相手はどう回り道をしても、結局は攻撃せざるを得ない。
「そこに《異次元の女戦士》が待ち構えているというわけですかー」
もっとも、『あの裏守備は怪しい』とでも思われたら、先に雑魚モンスターから仕掛けられて、成功前に作戦がばれる可能性もあるけどね。
「その場合は、どーするのですかー?」
どうにもならないかな。どうしても仕留めたい相手がいるなら、《異次元の女戦士》は攻撃表示で出して、自分から殴りかかるべきだ。
「その場合、戦闘ダメージは受けますけどー」
除外したい相手を除外できないよりはましかな。もっとも、自分から戦闘を挑むと、こちらが逆に罠に引っ掛かり易くなるけどね。
「それでも攻撃するのですかー?」
成功率がより高いと思うほうを選ぶべきだね。そもそも《異次元の女戦士》では駄目だと思うのなら、《ならず者傭兵部隊》を使う手もある。

「これは、効果に重点を置いたモンスターですねー」
戦闘を介する必要もなく、召喚したターンで素早く生け贄に捧げることで、相手モンスターをピンポイントに倒せるカードだ。シンプルイズベストの体現者だね。
「非の打ちどころのない効果ですねー」
たしかに、これは完全だ。ただし、いくつかの死角はあるけどね。
「完全なのに、ですかー?」
完璧ではないからね。まず、『破壊』という除去方法は比較的対策されていることが多い。これが一点目かな。
「ではー、何人もいるのに一人扱いなのが二点目ですねー」
それはイラストを見なければいいことだから、無視しよう。
「しかし、ほかに死角がありますかねー? シンプルな効果ですよー?」
シンプルな効果は弱点もシンプルなものさ。このモンスターは簡単に相討ちを取れる効果を持っているけど、それはつまり、召喚した次の相手ターンに自分が無防備になりやすいということだ。
「モンスターを倒したのですから、それくらいは仕方ありませんねー」
戦闘能力を持つ《コアキメイル・ベルグザーク》や《異次元の女戦士》と違って、これはほとんど戦闘に期待できないモンスターだからね。
「その分効果は強いのですから、そこは死角とは言いづらいのですよー」
いや、ぼくも《ならず者傭兵部隊》が強いことは知っているよ。だから貶めるつもりは少しもないんだ。
「すると、どーいうつもりなのですかー?」
簡単さ。《ならず者傭兵部隊》は召喚権を消費しつつ消えるから、壁にならない。なら、別に壁として機能するモンスターがいればいいね。
「ははー。しかし、今回は三体分のモンスターが出ましたけどー。ここで壁モンスターの話もするのですかー?」
いや、ただ前回の話を続けるだけだよ。つまり、相手の除去は《ならず者傭兵部隊》が、そして壁役は《不死武士》が担当すればいいということさ。

「なるほどー。たしかに、《不死武士》がいれば相手のターンにがら空きにはなりませんねー」
とはいえ、《不死武士》以外の戦士族の話に《不死武士》を絡めるのは、少し反則気味でもあるけどね。
「そー言う割に、平然とやっていますけどー」
自分のルール以上に柔軟なルールなんて、どこにも存在しないからね。
「ところで、次の話は何なのでしょーかー?」
次は、きみ好みのオーバーパワーな戦術の話さ。
「攻撃力4000ですかー」
その程度で終われば、とても良心的な話だね。
JUGEMテーマ:遊戯王

スポンサーサイト

  • 2012.03.30 Friday
  • -
  • 09:36
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
このサイトの更新を楽しみに見させてもらっている一般市民なのですが、ならず者の下りで気になった事があったのでコメントさせていただきました。

不死武士は自分のターンのスタンバイフェイズにしか蘇生できないので無理ではないかと思っていたのですが、よくよく考えたら召喚する前のスタンバイフェイズに蘇生すればいいんですよね。

という結局意味も内容も無いコメントでした。
  • 通りすがりのおせっかい
  • 2011/03/18 9:16 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
PR
ピンポイントレッスン
遊戯王ZEXAL ピンポイントレッスン
遊戯王ARC-V ピンポイントレッスン
遊戯王OCG ピンポイントレッスン
リンク
遊戯王OCG公式
OCGカードデータベース
アクセスカウンタ
ブログパーツUL5
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM